記事作成日:

機械式時計の魅力とは?初めての1本におすすめの人気ブランドをご紹介!

精妙な機械の働きを動力源にする機械式時計は、現在幅広く使用されているクオーツ式とは違った魅力があります。そこで今回は機械式時計に注目しながら、その長所や短所、おすすめのブランドについても詳しくご紹介していきます。

機械式時計とは?

機械式時計は「メカニカルウォッチ」とも呼ばれ、巻き上げたぜんまいが戻る力を動力にして稼働する時計の種類を指しており、手巻きタイプと自動巻きタイプの2パターンに分けることができます。

手巻きタイプは、手動でリューズと呼ばれるネジを回して巻き上げることで、稼働します。対して自動巻きタイプは、腕に装着した際にその動きや振動によって、ローターが自動で巻かれることで稼働するため、実用性の面では自動巻きタイプの方が高いと言えます。

現在ではソーラーや電波時計が増えつつも、電池で動くクオーツ式時計が主流となっていますが、このクオーツが誕生したのも1970年代とそこまで昔のことではありません。そのため、歴史の深い老舗ブランドのいわゆる高級時計の数々は、機械式のモデルが多いという特徴があります。

機械式時計の魅力とは?

クオーツに比べて定期的に面倒を見る必要があると言われている機械式時計ですが、それでもやはり愛用者は非常に多く、特に30代以降の男性に広く愛されています。そんな機械式時計の魅力について、詳しくお伝えしましょう。

魅力①精巧なムーブメント

機械式時計と言えば、それぞれのブランドで紡いできた歴史ある技術の高さと、いくつもの歯車や部品たちからなる精巧なムーブメントが醍醐味だとも言えるでしょう。開発に長い年月をかけてきた製品たちは、資産価値も高く、ステータスとして高級な腕時計を身に付けたいという場合も最適です。

魅力②長く使い続けられる

機械式は電池の消耗などがないため、ある意味半永久的に使用できるという魅力があります。もちろん複雑機構でデリケートではあるため、定期的なメンテナンスは必要ですが、それさえ怠らなければ末永く相棒として活躍してくれます。

ゼンマイを巻きあげて動くため、頻繁に触れることで愛着が湧き、一度機械式を持つとクオーツには戻れなくなってしまうという方も少なくないのです。

魅力③デザイン性

電池1つで動くことのできるクオーツ式と比較すると、数多くの部品が組み合わさって稼働する機械式は、パワーが強いという特徴があります。そのため、太い針や長さのある秒針などをセットすることができ、デザインの幅も広がるのです。

また、ムーブメントは芸術とも言えるほど外見の美しさも兼ね備えているため、スケルトンのカバーなどを使用し、そのまま時計のデザインとして反映することもできます。こういった機械式ならではの高いデザイン性を楽しめるというのも、魅力の一つでしょう。

機械式時計のデメリットは?

使い勝手だけで考えれば、正直に言ってしまうとクオーツ式より劣ります。まず機械式時計は、時間の正確さが低いというデメリットがあります。というのも、クオーツ式時計は1ヶ月に約20秒程度のずれが発生するのに対して、機械式時計の場合は、1日に10~20秒程度のずれが平均的に生じると言われています。

つまり、1ヶ月間時刻の修正を行わなければ、5~20分も遅れてしまうということになります。そのため、1日の終わりにはできるだけ正しい時間に戻すという手間があります。

また、衝撃に弱くデリケートであるため落としたり勢いよくぶつけてしまったりすると、外部だけでなく内側の部品が破損してしまう恐れがあります。電化製品の隣に置くことも、磁気の影響で壊れることがあるため要注意です。

万が一壊れてしまった場合の修理費や、数年に一度のメンテナンス代も高額になるケースが多いため、コスト面でもある程度覚悟しておいたほうが良いでしょう。

機械式時計のおすすめ人気ブランド10選

ここからは、機械式時計を展開している人気ブランドと、おすすめのアイテムについてもご紹介していきます。歴史あるブランドストーリーと、趣向を凝らした製品の数々に注目しながらお気に入りのアイテムを見つけてみてください。

機械式時計の人気ブランド①セイコー

1881年に誕生した、日本を代表する老舗時計ブランドです。世界で初めてクオーツウォッチを製品化したことでも有名であり、オリンピックなどの世界的なイベントでオフィシャルタイマーとして何度も採用されています。

日本の巧みな技術が活かされたセイコーウォッチは、ムーブメントの信頼性やデザイン性も高く、日本のみならず世界中から愛される時計となったのです。

おすすめの時計

ホワイトベースの文字盤にダークブルーの針が特徴的なモデルです。中央部分は凹凸のある立体的な加工が施されています。9時位置にはテンプの動きを眺めることのできるオープンハートと24時間計を搭載しています。

ケース裏はスケルトンになっているため、機械式特有の動きを楽しむことができます。また、ケース素材には耐水性に優れたステンレスを、ベルトには天然カーフレザーをそれぞれ使用しています。ベーシックなデザインながらも高品質な素材で作られた、セイコーらしい一本です。

 

機械式時計の人気ブランド②フォッシル

フォッシルは1984年にアメリカで生まれ、機能性重視だった腕時計をスタイリッシュなデザイン性の高いアイテムへと変化させた、アメリカ国内初のブランドだと言われています。

オーセンティックヴィンテージとクラシックデザインをルーツにしているため、様々なカラー展開や素材を組み合わせながらもタイムレスな外見が特徴です。アクセサリー感覚で身に着けても非常におしゃれなラインナップが非常に魅力的であり、世界中にファンを持ちます。

おすすめの時計

ヴィンテージ感のあるデザインと、表からも裏からも機械式時計ならではの動きを覗くことのできる、斬新なシルエットが特徴的です。ムーブメントは日本製であり、40時間のパワーリザーブも備えた機能性の高さが魅力となっています。

 

機械式時計の人気ブランド③ノモス

1906年にドイツで創立された名門時計ブランドです。ノモスというブランド名は、ギリシャ語で「秩序と法」という意味であり、ドイツのワイマールに設立された美術や建築を学ぶ芸術学校「バウハウス」のデザインをモデルにしています。

ドイツならではの機能性の高さと、シンプルながらも美しさのあるデザインは世界各国から注目されており、ムーブメントの信頼性も非常に高いものとなっています。

おすすめの時計

シンプルなホワイトベースの文字盤、ローマインデックス、ブルーの針が特徴となったノモスの人気モデル「ラドウィッグ」の手巻きモデルです。ケース径は35㎜と比較的小さめなので、シェアウォッチとして使用することもできるでしょう。

頑丈で正確なインハウスムーブメントを搭載し、ケース裏からは歯車の動きを楽しむこともできる上品な外見が非常に魅力的な一本です。

 

機械式時計の人気ブランド④オリエント

1950年に日本で誕生した時計メーカーです。前身となったのは、1901年創業の吉田時計店であり、その後は東洋時計製作所という名前でしばらく時計の製造を行っていました。そして1950年にオリエント時計株式会社に社名を変更し、まもなくして「オリエントスター」を発表したことで一躍有名となったのです。

自社製の高精度なムーブメントを国産にこだわって製造し続けている機能性の高さと、他にはないユニークかつ大胆なデザインが魅力であり、価格も手が届きやすいため非常に高い人気を誇ります。

おすすめの時計

ブラックの文字盤が特徴的な、シンプルかつシックな印象の人気モデルです。基本は自動巻きですが、手巻き機能と秒針停止機能も搭載した機能性の高さがあります。3時位置にはデイ表示もあり、実用的でビジネスシーンにも活躍するでしょう。

 

機械式時計の人気ブランド⑤ボールウォッチ

1891年にアメリカで誕生した老舗の時計ブランドです。創業者であるウェブスター・Cボールは時計が遅れていたことで起きた鉄道事故をきっかけに、安全な運行を促すための高精度な鉄道時計の検査システムを構築した人物として広く知られています。

創業当初から機能性、実用性の高さにとにかくこだわっており、現在では時計の最新技術が集まるスイスに拠点を移している程です。デザイン性にこだわりつつも、堅牢で革新的な技術を駆使した高性能さは、驚きを隠せないほどの衝撃だと言われています。

おすすめの時計

19世紀の鉄道時計を彷彿とさせるエナメル文字盤とアラビアインデックスが特徴となった、自動巻きモデル「キャノンボール」です。世界初の特許を取得した耐震システム「スプリングロック耐震システム」を搭載しています。

ケース裏側は高性能ムーブメントの動きを存分に楽しむことのできるスケルトンタイプになっており、5気圧までの防水も備えた実用性の高いモデルです。

 

機械式時計の人気ブランド⑥オロビアンコ

1996年に創業されたイタリアのファッションブランドです。オロビアンコというと、スタイリッシュでおしゃれなバッグや財布などが有名ですが、時計のラインナップも高いセンスと一般的なリーズナブル価格を実現しているため、男性を中心に人気があります。

ムーブメントにも信頼のおける日本製品を使用するなど、機能面に関しても申し分なく、イタリアらしい高貴でモダンなデザインがとても魅力となっています。

おすすめの時計

ブラックを基調に仕上げられたラグジュアリーなモデルです。全体はモノトーンにまとめられていますが、秒針にはゴールドを使い、良いアクセントとなっています。ローマインデックスとオープンハートがより高級感を醸し出しており、精密なムーブメントを堪能することができます。

裏蓋は気密性や防水性も高いため、多少の雨ならば問題なく使用できるでしょう。文字盤とケースサイドにはブランドロゴも施されており、ディティールにもこだわった一本となっています。比較的手ごろな価格で、プレゼントにも最適でしょう。

 

機械式時計の人気ブランド⑦ユンハンス

1861年にドイツで誕生した時計ブランドです。創業当初は壁掛け時計をメインに取り扱う、時計部品メーカーにすぎませんでした。しかし、1866年に初の自社製時計を発表してからは、個性的なデザインや優れたマーケティングによって、ドイツでトップと言われる時計ブランドにまで飛躍しました。

ユンハンスは前述したノモスと同様に、バウハウスからデザインのインスピレーションを得ています。そのため、シンプルかつ美しさのあるシャープなデザインが特徴的です。独自のムーブメントやクロノメーターも製造しており、機能面でも高い信頼を置く世界的なブランドだと言えます。

おすすめの時計

1962年に「バウハウスの巨匠」とも言われたマックス・ビルが、ユンハンスのためにデザインした時計を再現したモデルです。暖かみのあるドーム型のプレキシガラスを使用した、シンプルなデザインが特徴となっており、無駄のないベーシックな文字盤がバウハウスを彷彿とさせます。

 

機械式時計の人気ブランド⑧ハンティングワールド

1965年にアメリカで生まれた、アウトドアブランドです。アウトドアシーンに特化したバッグなどの製造がメインでしたが、創業から40年経った2006年に時計の展開もスタートさせました。

創業者であるボブ・リーがアフリカの大自然を旅したことをきっかけに始まったブランドであるため、アイコニックなエレファントがシンボルとしてブランドロゴに起用されています。

「BEYOND THE ORIGIN(起源を超えて)」というコンセプトを掲げており、デザインや素材において常に時を超えた、斬新なものを作り出しています。

おすすめの時計

ブラックとグレーを基調としたシックなモデルで、男らしい印象を与えてくれます。右下にあしらわれたエレファントロゴがアクセントとなっており、それに向かい合って配されたオープンハートがより高級感を漂わせます。

普段のカジュアルシーンでももちろんのこと、ビジネスシーンでもぴったりなデザインのため、あらゆる場面で活躍してくれるでしょう。

 

機械式時計の人気ブランド⑨フルボデザイン

1974年に創設された株式会社ドウシシャが展開する、日本のファッションブランドです。時計のほかにも、バッグや財布、アクセサリー類などを扱っていますが、腕時計としての歴史はまだ浅いと言えるでしょう。

しかし、イタリアンテイストのモダンなデザインが多く、高性能な日本製のムーブメントを採用しているため、最近非常に人気となっています。また、信頼のおける品質でありながら、手の届きやすいリーズナブルな価格設定なので、気軽に購入することができるというのも嬉しいポイントです。

おすすめの時計

表裏全面がスケルトンになっている、大胆なデザインが特徴的な自動巻きモデルです。常にムーブメントの歯車が眺められるのは、マニアにとってたまらないポイントです。トノー型のケースが腕元を上品に飾ってくれ、ビジネスシーンにも最適な一本となるでしょう。

 

機械式時計の人気ブランド⑩ハミルトン

1892年にアメリカで誕生し、現在ではスイスのスウォッチグループの傘下でもある、腕時計ブランドです。創業当初は懐中時計を製造しており、精密な技術で正確な時刻を示すことから鉄道用時計のメーカーとして一躍注目を集めました。

1957年には時計史上初の電池式時計「ベンチュラ」を発表し、その独特で斬新な三角形のケースデザインが人気となりました。その後、1974年にスイス・スウォッチグループに加わり、2003年にはスイスへ製造拠点を移しました。これにより、ハミルトンはアメリカ発スイスメイドの時計となったのです。

常に革新的とも言える斬新なデザインを生み出しながらも、スイスの高技術を融合させた高性能なラインナップは、外見と内面を両立させており、世界各国から高い人気を誇っています。

おすすめの時計

アメリカ・ニューオリンズが発祥であるジャズ(音楽)の、型にはまらない自由なスタイルや様々なジャンルをミックスしたクリエイティブな音楽の形からオマージュを受けて誕生した「ジャズマスター」コレクションのモデルです。

ジャズの演奏スタイルのように、原型にとらわれず自由な発想で生み出されたこのシリーズのバリエーションは、世界中から愛されています。中でも非常にクラシカルなシルエットが特徴のこのモデルは、4種類のダイヤルと3色展開のストラップから好きな組み合わせを選ぶことができます。

文字盤は至ってシンプルであり、バーインデックスとブランドロゴ、6時位置のデイ表示のみを配したデザインで、ビジネスにもカジュアルにも幅広くマッチするでしょう。

自分だけの機械式時計を見つけてみよう

実用性の面ではクオーツ式のほうが高い部分もありますが、機械式ならではの価値や魅力的なデザイン、そして深い歴史が刻まれた美しいムーブメントは、一度愛用すると離れられなくなってしまう魅力があります。

そのため、ビジネスシーンでは正確性の高いクオーツ式を使用し、その他の場面では機械式を使用するという方も多いでしょう。精妙な仕組みや深い味わいを存分に楽しむことのできる、とっておきの機械式時計をぜひ見つけてみてください。

その他の関連記事はこちらから