2019/03/14

アメリカ製ウォッチの雄「フォッシル」の腕時計が演出する世界観

https://www.pinterest.jp/pin/614319205395934005/

日本でも高い人気を誇る腕時計ブランド、フォッシル。”実用性”だけでなく”ファッション性”も重要であることを世に広めた、パイオニア的存在とも言えるメーカーです。

デザインの美しさはもちろん、ディーゼルやエンポリオ・アルマーニなどのOEM生産を担っていることから製造技術の高さも折り紙つき。近年ではスマートウォッチの分野でも注目を集めています。

ここでは、そんな「フォッシル」の腕時計について紹介します。

フォッシルの腕時計の解説

アメリカが誇る腕時計メーカー、フォッシルとは?

https://www.pinterest.jp/pin/862157922385814479/

フォッシル(FOSSIL)は、1984年にアメリカで誕生した時計ブランド。クォーツ時計と機械式時計の両方の存在価値が認められはじめたこの時代、腕時計は実用性だけでなくファッション性が重視されつつありました。

そんな時代において、フォッシルは手頃な価格でスタイリッシュな腕時計を展開し、注目を浴びるブランドとなりました。

1989年には、古き良き50年代のアメリカのグラフィックからインスピレーションを受けてデザインした「Tin Can」が登場しました。ペンシルケースのようなその缶は世界中で話題を呼び、以後フォッシルの腕時計のパッケージとして定着。現在でも世界各地にTin Canを集める熱狂的なコレクターが多く存在しています。

■フォッシルのTin Can

https://www.pinterest.jp/pin/265008759308027793/

1990年には時計業界が1年で最も注目を集めるウォッチ&ジュエリーの展示会、バーゼルワールドに初参加。一流時計ブランドの仲間入りを果たします。次第に時計作りのレベルの高さが認められ、多くのファッションブランドのOEM生産も手がけるようになりました。

現在では世界90カ国、390店舗以上にまで事業を拡大。日本でも絶大な人気を獲得しています。

デザイン、ムーブメントともに高水準なフォッシルの腕時計

https://www.pinterest.jp/pin/549157748305133504/

フォッシルの時計の特徴は、クラシックながらも流行を抑えたデザインです。ローマインデックスを採用した上品なモデルや、スケルトン仕様のモデルなど幅広く展開しています。

全てのモデルに共通してラグジュアリーな雰囲気を醸し出していますが、価格は1万円前後〜4万円前後と非常にリーズナブル。気軽にファッションに取り入れられるコストパフォーマンスの良さは、創業以来貫かれているこだわりの一つです。

さらに、外見だけでなく機構にもこだわっているのがフォッシルの素晴らしい点。クォーツムーブメントはもちろん、機械式ムーブメントも精巧なものを搭載しています。中にはクォーツと機械式のムーブメントを組み合わせたハイブリッドモデルも展開。それでいて優れたコスパは維持されています。