2018/07/24

「ブレゲ」の時計は雲上の存在。大人の手首に高級感を身に着けよう

長い歴史に裏付けされた時計界でのポジション、威厳、そして自らのプライドをかけて維持し続ける細部までこだわり抜いた品質。

プレゲは「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」「時計の進化を2世紀はやめた男」と称される天才時計師です。時計師としての高度な技術はもちろん、最新の科学にも精通していたプレゲは、最高の時計職人の名を欲しいままにしてきました。

今日はそんな天才ブレゲが世に生み出した時計をご紹介します。

ブレゲの解説

https://www.pinterest.jp/pin/357543657902838261/

ブレゲとは?

ブレゲは1775年にアブラアン ルイ・ブレゲがフランスのパリに創業した時計メーカーです。

ブレゲが時計店を開業し最初に行ったことは、実用できるだけの耐久力を持った自動巻き機構の開発だと言われています。流行に流されず、実用性や本物だけが持つ美しさを追求し続けた初代ブレゲの発明は現在の機械式時計の礎となり、またブレゲ自身が天才時計師と言われる所以ともなりました。

新しい機構の発明だけにとどまらなかったブレゲの飽くなき探求心や時計を愛する心は、ついには高級時計をムーブメントから自社で一貫製造するマニュファクチュール化にも達しています。

https://www.pinterest.jp/pin/357543657910763282/

ブレゲの代名詞 トゥ―ルビヨン

ブレゲの代名詞と言えばトゥ―ルビヨンです。重力が時計の精度に影響する事を知っていたブレゲは、時計にかかる重力の影響を最小限に抑える機構を開発することで、極限まで精度を高めようとしたと言われています。

実用性の部分でも時計にはかかせない機構トゥールビヨンは、実用性ばかりはなく高い芸術性を併せ持っているため、機械式時計の代表的な機構として現代でも根強い人気を誇っています。

https://www.pinterest.jp/pin/491807221790769943/

ブレゲ社の功績

また、ブレゲが一線を退いた後はブレゲ社もトゥールビヨンの小型化などへの挑戦に真っ先に取り組みました。その他にも、ムーブメントに取り付けられた分銅が動くことで、ぜんまいが自動的に巻上げられ、時計が永久的に動き続ける自動巻機構や、暗闇でも時刻を音で知ることができる機構であるミニッツリピーターの「ゴング・スプリング」を開発したのもブレゲ社です。

ゴング・スプリングが開発される前は、ハンマーがケースを直接叩くトック方式により音を出していたリピーター機構ですが、このゴング方式が開発されたことで薄く、澄んだ響きを奏でることが可能となりました。

その他にも衝撃吸収機構のパラシュートや、従来のカレンダーが31日の月、30日の月、2月の日数差を認識できなかったことに着目し、これを自動で補正させることに成功した永久カレンダー、ブレゲひげゼンマイ、マリン・クロノメーターなどを含めると、現在の時計に用いられている機構の4分の3はブレゲが発明ないしは改良したものとなります。

時計界の歴史が2世紀早まったと言われるのも納得ですね。中でも1801年に特許を取得したトゥールビヨンは当時の懐中時計の精度を飛躍的に高めました。

https://www.pinterest.jp/pin/491807221790769954/

特徴・こだわり

https://www.pinterest.jp/pin/803048177276135747/

ブレゲには、時計界をリードし続ける時計メーカーならではの特徴とこだわりがあります。

特徴

パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネとともに世界5大時計の1つと言われているのがブレゲです。

最大の魅力はその実用性の高さと、時計の上級者に愛されるシンプルなデザインだと言えるでしょう。創業当初、主な顧客はフランスの貴族たちでしたが、その実用性の高さとデザイン性からすぐに、ヨーロッパの多くの王族や貴族、エリート達から賞賛を受け愛用されることになりました。

そんな歴史から言えるブレゲの特徴は間違いなく、ブレゲが大衆時計ではない「王の時計」だと言うことです。それを裏付けるように、ブレゲには博物館、美術館に展示されるほどのクラスの時計が揃っています。

https://www.pinterest.jp/pin/491807221790769941/

こだわり

機構の仕組みの1つ1つに美しさを施したブレゲ。その技術は時計製造技術の枠を越えると言われています。そんなブレゲのこだわりは芸術の域に達する時計を作り出すことです。

中でも特徴的なのが、先端に穴が開いた斬新なデザインを持つブレゲ針です。ブレゲ針はデザイン性の高さはもちろん、視認性の高さも大きなポイントと言えるでしょう。この針のデザインは現代でもパテックフィリップなどの一流メーカで採用されています。

また独特なインデックス書体であるブレゲ数字は、ブレゲ文字とともに懐中時計を製造していた時代からブレゲが持つ個性として愛され続けています。その他にも文字盤に規則的なパターンを彫り込むギヨシェ文字盤や、主にケースの側面に施される装飾で、コインの縁に見られるような溝状の模様であるコインエッジなどに代表される多くのデザインも、現在でも多くの時計に使用されています。