2018/07/24

至高の腕時計!マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトの魅力

誰もが一度は耳にしことがあるはずのブランド、ジャガー・ルクルト。時計マニアでなくとも、いつかは手に入れたい。そんな高級腕時計の代表ともいえるブランドです。

現在も、ジャガー・ルクルトの製品はスイスのポラントリュイにある1400人規模の工房にて、専門のクラフトマンたちの手によって生産されています。

今回の記事は、歴史と伝統、技術を受け継ぎつつ、たゆまぬ革新を続けるジャガー・ルクルトの魅力に焦点を当ててご紹介します。

時計界の重鎮 ジャガー・ルクルトの概要

スイスの小工房から始まったジャガー・ルクルト

http://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/our-maison/the-manufacture.html?JLCclick=menubar

今年で創業185年目を迎えるジャガー・ルクルト。1833年に誕生したこのブランドは、アントワーヌ・ルクルトのスイスの小さな工房から始まりました。

ちなみに、ルクルト家はもとはフランスからの移民です。現在、ジャガー・ルクルトの本社が存在しているスイスのル・サンティエ村の名前はこのルクルト家の建てた協会に縁があります。

当時では、アントワーヌ・ルクルトが行う時計部品の製造技術は桁外れなものでした。ミリオノメーターや鍵なし竜頭巻きの時計開発といった革新的な発明は会社を大きく発展させ、スイスにおける時計製造の中心となる企業LeCoultre & Cieへと成長します。その後、パリの企業、エドモンド・ジャガーとの注文を通じ、ルクルト製のキャリバー145を制作します。そのきっかけにより協力関係が続き、1937年に現在のジャガー・ルクルトが誕生しました。

唯一無二のオリジナリティ

https://www.ablogtowatch.com/breguet-history-manufacture-visit/

ジャガー・ルクルトといえば、なんといってもマニュファクチュールであること。マニュファクチュールとは、時計の心臓とも言える駆動部、ムーブメントを自社で生産できる技術力の高い企業であることの証です。

時計は非常に多岐に渡るパーツから成立しているため、実際の多くの企業はエタブリスールと呼ばれる、ムーブメントを外注し時計を組み立てるブランドとなっているのです。

また、発明に関してもジャガー・ルクルトは秀でており、前述のミクロン単位の測定が可能なミリオメーターや鍵なし竜頭巻きの時計、ルクルト製キャリバー145といった歴史的な発明、そして、400を超える特許取得がその実力を物語っています。

愛用している有名人

http://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/chronicles/news-events.html?JLCclick=menubar

まずはエリザベス女王。1953年にウエストミンスター寺院で行われた戴冠式、いわゆる王位継承の宣誓式にキャリバー101というムーブメントを載せたジャガー・ルクルトを着用したと言われています。

また、念願のアカデミー賞を受賞したことでも記憶に新しい、日本でも人気のレオ様ことレオナルド・ディカプリオがジャガー・ルクルト Master Compressor Extreme Labを愛用しています。

他には、ドラマ「MAD MEN」の活躍によりゴールデングローブ賞やエミー賞を受賞したアメリカの俳優、ジョン・ハムがジャガー・ルクルト Reverso 986 Duodate Limited Editionを愛用しています。

国内ではアニメ映画界の巨匠、宮崎駿監督がジャガー・ルクルト Big Reversoを愛用しています。

ジャガー・ルクルトのアイコン!反転時計レベルソ

https://www.watchtime.com/featured/vintage-eye-for-the-modern-guy-part-4-jaeger-lecoultre-reverso/

最もジャガー・ルクルトで有名、かつ人気のモデルといえばレベルソ。初めて発表されたのは1931年のことです。この反転するケースという奇抜なアイディアは、ポロ競技中にも着けられる腕時計が欲しいという、あるイギリス人の将校のリクエストによって生まれました。

激しいポロ競技は試合中にスティックが折れることもしばしば。その折れたスティックが時計の盤面を傷つけるの防ぐにはどうすれば良いか。この問いに出した答えが、文字盤を反転し格納することでした。

現在はポロ競技どころか、ビジネスからパーティーまで男女を問わず愛用されるジャガー・ルクルトのアイコンとなり、さまざまな派生モデルが誕生しています。