記事更新日:

至高の腕時計!マニュファクチュール、ジャガー・ルクルトの魅力

マスター・カレンダー

名前のとおりカレンダー機能を搭載したアイテム、マスター・カレンダー。デザインのもとになったのは1945年発表のカレンダー機構を搭載したモデルです。

カレンダー機構の小窓から覗く満月や星、秒針の先に配された赤い三日月たちが、文字盤全体のスマートな印象にポップで可愛らしい雰囲気を加えてくれます。ジャガー・ルクルトの長年の歴史の厚みが生んだ、カレンダーを載せた腕時計における現代の決定版といえるアイテムです。

機械式自動巻きのジャガー・ルクルト製キャリバーのナンバーは866/1となっており、部品点数は305点から成り立っています。パワーリザーブは40時間。ストラップはレザーです。

マスター・ジオグラフィーク

1990年の発売開始から現在まで続く、世界中の時間をコンパクトな文字盤で表示できる
、マスター・ジオグラフィーク。小窓に表示されるのはポインターデイト、セカンド・タイム、パワーリザーブインジケーターとなっています。

どこかクラシックなニュアンスを感じさせつつも、現代まで幾度となくアップデートされたこのモデルは現代のファッションシーンにもピッタリとハマってくれます。

機械式自動巻きのジャガー・ルクルト製キャリバーのナンバーは939B/1となっており、部品点数は282点から成り立っています。パワーリザーブは43時間。ストラップはレザーです。

ジオフィジック

ジオフィジックはジャガー・ルクルトの歴史でもあり、時計の歴史でもあり、そしてまた、世界の歴史でもある。ジオフィジカルイヤーに捧げられた、歴史と未来、世界を感じさせるジオフィジック・コレクションです。

ジオフィジック・ユニバーサル・タイム

世界中を旅する人々をターゲットに発売されている、ジオフィジック・ユニバーサル・タイム。もとは、国際科学研究プロジェクトである国際地球観測年が行われた1958年に、同調査を行う研究者のために作られたアイテムです。

ラッカーとサンレイで仕上げられたブルーとレッドのコントラストが美しい、洗練された文字盤の中心には北極点が。このアイテムを手に世界に思いを巡らせるもよし、あるいは、このアイテムとともに世界へ旅にでるもよし。懐の深い、詩的な印象を纏った一品です。

トゥルーセコンドを搭載した、機械式自動巻きのジャガー・ルクルト製キャリバーナンバーは722となっており、部品点数は274個点から成り立っています。パワーリザーブ40時間。ストラップはレザーです。

まとめ

https://gqjapan.jp/watch/news/20171024/jaeger-lecoultre-renews-reverso

以上、スイスが誇る時計メーカー、ジャガー・ルクルトを見てまいりました。
長い歴史に裏付けられた技術と品質は、現在展開しているアイテムにも確かに息づいています。

値段だけの商品価値にとらわれずに、時計の持つ文化的、芸術的価値を含めた間違いのない腕時計を探したい。そんな方にはジャガー・ルクルトがおすすめです。