2019/02/26

”美しき時間を刻む”ブライトリングの洗練された名品|ダンディズムコーデの最新特集

https://www.instagram.com/p/BYvSJWJBU93/?taken-by=breitling

『プロフェッショナルのための計器』と謳われるブライトリング。

究極の環境にも最高のパフォーマンスを発揮し、着用する者を魅了するブライトリングの魅力と歴史をあますことなく紹介します。

ブライトリングの『クロノグラフスピリット』

https://www.pinterest.jp/pin/546905948483106690/

”100%スイス製”にこだわり、パイロットのために開発・設計された高級時計の聖地であるスイス国内においても最高峰のブライトリングは、どのようにしてその歴史を刻んみ人々に愛され続けてきたのか、ここでは125年という長い年月を大空に立ち向かう男たちのために、研究と開発を続けた『クロノグラフスピリット』の秘密を紐解いていきましょう。

ブライトリング HISTORY

https://www.pinterest.jp/pin/538391330445486754/

1884年にスイスの山間地、ジュラ山脈の麓に位置する小さな村サンティミエで、レオン・ブライトリングが当時24歳という若さで工房を開いたのが始まりでした。

クロノグラフの主流がまだ懐中時計であった時代に、『やがては空の時代が来る!』とライト兄弟が初飛行を成功させる以前に先駆けて、パイロット専用のクロノグラフの開発を手掛け、初代であるレオン、息子のガストン、孫のウィリーの親子3代でその夢を実現させます。

https://www.pinterest.jp/pin/170433167123926708/

画像は初代のレオン・ブライトリング。

https://www.pinterest.jp/pin/57420963983758434/

1915年に息子のガストンが世界で初めて独立型のプッシュボタンを備えた腕時計クロノグラフを発表。

その後1934年に、孫のウィリーがクロノグラフのリセットボタンを開発します。

https://www.pinterest.jp/pin/741405157378727725/

画像は1952年に発表された『ナビタイマー』

さらに1942年の『クロノマット』の開発の成功に続き、1952年の『ナビタイマー』の成功によりありとあらゆる飛行計算を可能にしたことで世界中のパイロットから人気を集め、ブライトリングの名を確固たるものにしていきました。

https://www.pinterest.jp/pin/393924298649594345/

画像は1962年に発表されたモデル『コスモノート』。

1962年、ブライトリングは上空のはるか先の宇宙にも目を向け、ナビタイマーの宇宙モデルを開発し『コスモノート』を発表します。

アメリカのマーキュリー計画に選出されたスコット・カーペンターは、マーキュリー・アトラス7号で宇宙を単独飛行し、その際に着用した腕時計が『コスモノート』でした。

https://www.pinterest.jp/pin/548805904574145601/

画像は宇宙飛行士スコット・カーペンター。

2000年までのコスモノートは手巻きムーヴメントであったものを、2001年以降は自動巻きムーヴメントにモデルチェンジしました。