2019/02/26

圧倒的なブランド力とデザインセンスを誇る「アルマーニの腕時計」の魅力とは

https://www.pinterest.jp/pin/668151294691479093/

アルマーニと言えば、誰もが知るラグジュアリーファッションブランド。ジャケットや香水と並んで、腕時計も高い人気を博しています。

デザインは質実剛健で、値段は意外にもリーズナブル。それでいて下手な高級時計メーカーよりも、ステータス性をアピールできてしまいます。

ここでは、そんな「アルマーニ」の腕時計について紹介します。

アルマーニの腕時計の解説

”モード界の帝王”と称されるアルマーニの腕時計とは?

https://www.pinterest.jp/pin/460563499378257001/

アルマーニは、イタリア・ミラノ発祥の名門ブランド。1975年に、ジョルジオ・アルマーニとセルジオ・ガレオッティによって創業されました。

1980年に映画『アメリカン・ジゴロ』でリチャード・ギアに衣装提供したことから、世界的に知られるブランドへと成長。翌1981年には、若年層向けのディフュージョンライン「エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」と「アルマーニジーンズ(ARMANI JEANS)」を発表しました。

元々はジャケット作りで名声を得たアルマーニでしたが、80年代にはアパレルに加え腕時計などのアイテムも展開。香水や靴下、サングラスなど、トータル的なファッションアイテムで成功を収めていきます。1990年代には、アメリカンカジュアルをモードに落とし込んだ「アルマーニ・エクスチェンジ(A|X Armani Exchange)」を発表。2000年以降もオートクチュールの「ジョルジオ・アルマーニ プライブ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」などを展開し、幅広い分野で成功を収めていきます。

ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)は、ジャンフランコ・フェレ(GIANFRANCO FERRE)、ジャンニ・ヴェルサーチ(GIANNI VERSACE)と並んで”ミラノの3G”と呼ばれるほどファッション界ではビッグネーム。”モード界の帝王”とも称され、洗練されたアイテムでファッション業界をリードしています。

 「エンポリオ・アルマーニ」と「アルマーニ・エクスチェンジ」の腕時計が人気

https://www.pinterest.jp/pin/494621971547799389/

アルマーニのファーストラインは創業者の名を冠した「ジョルジオ・アルマーニ」ですが、このラインは15万円以上の高級スーツなどがメインで、市場にはあまり出回っていません。腕時計が展開されているのは、ディフュージョンラインの「エンポリオ・アルマーニ」や「アルマーニ・エクスチェンジ」です。

ディフュージョンラインとは、そのブランドをより多くの人に知ってもらうために展開されるコレクションのことで、「セカンドライン」とも呼ばれています。エンポリオ・アルマーニは、バーニーズ・ニューヨークからの”ビジネスマンが使えるスーツを販売したい”という要望をもとに誕生。魅力的なアイテム展開で、世界的に知られるブランドとなりました。

https://www.pinterest.jp/pin/820007044626996474/

アルマーニ・エクスチェンジは、ジョルジオ・アルマーニのカジュアルラインとしてアメリカで誕生しました。ジョルジオ・アルマーニのエッセンスを受け継ぎながら、ストリートカルチャーやダンスミュージックからインスパイアされたアイテムを展開。イタリアとアメリカのDNAを融合したコレクションです。

スイス時計顔負けのデザインが特徴

https://www.pinterest.jp/pin/744782857101001273/

エンポリオ・アルマーニやアルマーニ・エクスチェンジは日本でも人気の高いファッションブランドですが、時計のデザインは以外にもクラシックです。ファッションブランドの時計にありがちな奇抜なデザインはあまり採用されず、時計専業メーカーが手がけるような質実剛健なクロノグラフやドレスウォッチを展開しています。

アルマーニと言えば高級ブランドのイメージが強いですが、スイスの高級ブランドと比べるとはるかにリーズナブルなのも魅力です。安いモデルならなんと1万円台から、高価なモデルでも9万円台で購入することが可能。エンポリオ・アルマーニの腕時計では、おなじみのイーグルのブランドロゴが文字盤上で主張するため、リーズナブルな価格とは思えないステータス性をアピールできます。