記事作成日:

アウトドアにも役立つ!SUUNTO(スント)のおすすめスマートウォッチ15選!

https://www.pinterest.jp/

プロのアスリートからアマチュアの方まで幅広い支持を受けている、北欧生まれのオシャレなスマートウォッチのSUUNTO(スント)をご存じでしょうか?今回は、そんなスントの人気モデルや、おすすめしたいスマートウォッチを15選を特徴とともに紹介していきます。

スント(SUUNTO)とは?

スントは1936年にフィンランドで誕生したブランドです。元々は、溶液重鎮式コンパスの製造を開発し、その後マリンスポーツ用に作られたダイビングコンパスやスポーツウォッチなどを売り出し名前を広めていきました。

1998年に、現在では生産終了されているベクターを発売。今では当たり前の機能になっている高度計(Altimeter)、気圧計(Barometer)、コンパス(Compass)を備えた初めてのABC時計を発表し多くの登山家に評価されました。

スントの腕時計の特徴

引用:pinterest

スントについて少し知ってもらえましたでしょうか?続いては知ると欲しくなるスントの大きな特徴を2つ紹介していきます。機能面の充実さは勿論の事、スントが人気な理由はそこだけでは無いのです。

特徴①おしゃれなデザイン

引用:pinterest

スントの腕時計は機能面だけで無く、見た目もオシャレなデザインになっています。北欧生まれらしい、スマートでモダンな見た目で、モデルによってはカラーバリエーションも豊富です。

アウトドアやスポーツシーンだけで無く、普段身に着けていてもファションとしっかりマッチしてくれるので、男女問わずにとても人気な腕時計です。

特徴②バッテリー交換が簡単

スントのような腕時計の電池交換は、高い防水機能が備わっており高機能なのでメーカーに対応してもらうのが一般的です。しかし、スントの腕時計は一部の商品を除いて自分で電池交換を行えるのです。

メーカーに頼んで電池交換を行ってもらう場合だと相場は大体5000円くらいかかってしまいますが、スントでは「バッテリーキット」を購入すると1100円~程と言う安さでバッテリー交換が可能なのです。

コスパの良さだけでなく、交換方法も蓋を開けて電池を入れ替えるだけで、とても簡単になっているので誰でも自分で電池交換出来てしまいます。

スントの腕時計の人気シリーズ

引用:pinterest

スントには様々な人気のモデルがあり、使用用途もプロ用の機能からライトに普段使いする為の機能があります。その中でも人気が高いモデルを5つ、そのモデルの特徴も説明して紹介していきます。

人気シリーズ①コア

2007年に誕生したCORE(コア)は、ベクターが持っていた機能を継承しつつ更にグレードアップし現在でも根強い人気を誇っています。高機能なだけで無く、見た目のスタイリッシュさもあってアウトドアやスポーツをしない方でも購入しています。

全世界400か所以上もの日の出、日の入りがコアを持っているだけで確認出来るので、登山などの行程を組みやすいのもポイントです。

人気シリーズ②アンビット

2012年に誕生したAMBIT(アンビット)は、アウトドアやスポーツをする方にとって最適なGPS搭載のスマートウォッチだと言えます。気圧計が設備されており、現在地の天候を予測し避難が必要になるとアラームで知らせてくれます。

バッテリーは最大で200時間と長時間の使用も安心出来て、iPhoneやスマホとペアリングが出来るので着信が来た時も取り出さなくても確認が出来るのが便利です。

人気シリーズ③トラバース

「地球をもっと遊べ。」がコンセプトのTRAVERSE(トラバース)は、GPSだけで無くGRONASS(ロシアの衛星測位システム)が搭載されているので、どんな場所に居てもナビゲーションしてくれます。

フィッシングやハンティングに特化したシステムが搭載されており、月齢カレンダーや射撃位置記録、夜間使用の為のライト機能など充実したシステムが搭載されています。

人気シリーズ④スパルタン

ベクターやアンビットの能力を引き継ぎ、更にグレードアップしたスマートウォッチ、SPARTAN(スパルタン)。あらゆるスポーツのトレーニングのサポートをしてくれるスパルタンは、何と約80種以上ものスポーツに対応しています。

スパルタンはスント初のカラー液晶タッチパネルを搭載しており、GPSや気圧計だけで無く心拍も計測してくれる機能がついているので、スポーツをする際に身に着けておきたい腕時計です。

人気シリーズ⑤ベクター

廃盤になった今もなお根強い人気を誇る、アウトドア用スマートウォッチの先駆者と言っても過言では無いVECTOR(ベクター)。1998年にリリースされ2015年に生産が中止されるまで多くの登山家に愛されてきました。

ベクター以降に誕生したモデルの方が機能面でも高い水準なのに対して、いつまでも初期モデルのベクターが愛される理由として、シンプルなデジタル表記であったり、見た目のスタイリッシュさであったりします。現在、生産は中止されておりますが、デッドストックやユーズド品であれば購入する事が出来ます。

スントのおすすめスマートウォッチ15選

引用:pinterest

それではここからは、特におすすめしたいスントのスマートウォッチを15個紹介していきます。それぞれのスマートウォッチが持っている特徴なども解説していくので、ご自身のライフスタイルに合ったスントのスマートウォッチを選んで下さい。

おすすめ①スント コア プレミアム ブラッシュド スティール

SUUNTO Core Watch

SUUNTO Core Watch

65,863円(09/27 23:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

プレミアムシリーズの中で唯一、ステンレスケースとサファイヤクリスタルガラスを使用しているモデルです。ビジネスシーンでも活用出来るシンプルで高級感のある見た目、更に耐久性が高いので勿論アウトドアでも活躍します。

見た目の重厚感に反して、軽量化を追求した製品なので長時間つけていても疲れずに使い続ける事が出来ます。ベルトは各種製品に対応しており、お好みのデザインに変える事も可能です。

 

おすすめ②スント トラバース アルファ

スントのトラバースアルファは軍関係者向けに作られており、アメリカの国防総省が定める耐久テストの基準、つまりミリタリースペックを全てクリアしたスマートウォッチなのです。

素晴らしいのは耐久性だけでは無く、機能面も充実しています。ABC機能はもちろん、GPSとGRONASSによる正確な位置情報、夜間のライトアップなど夜間のハンティング、フィッシングに対応した機能になっています。

トラバースシリーズでは、アルファの他に機能面は同じで素材やデザインが違う物が6種類あるのでそちらも是非チェックしてみて下さい。

 

おすすめ③スント ベクター HR

スントの腕時計人気シリーズでも紹介した、ベクターです。販売当初から廃盤になった今でも変わらずに愛されているのは、最新モデルの新機能も充実さにも負けない基本機能がベクターには備わっているからでしょう。アウトドアマンならば、一度は手にしたいスマートウォッチです。

おすすめ④スント SUUNTO9 BARO

スント9バロの特徴はバッテリーの性能の高さです。スマートウォッチを使用している方は経験した事がある、使おうとした時にバッテリーが切れていると言う事が無いように、スマートウォッチが自らバッテリーを管理してくれます。

充電するタイミングを通知してくれたり、バッテリーの残量が残り少なくなるとGPSを取得する回数を減らしバッテリー消費を少なくしてくれます。その他の特徴として、デザイン性の高さや、液晶パネルでの操作が可能なのでスマートフォンを扱う感覚で操作でき誰でも一目で扱う事が出来ます。

 

おすすめ⑤スント スパルタン ウルトラ

スパルタンシリーズで最長のバッテリー時間のスパルタンウルトラは、基本の機能に加え3D電子コンパスや気圧計などの機能があり、同シリーズの『スポーツ』より山やアウトドアに特化しているスマートウォッチです。

高機能なスマートウォッチですが、普段使いにも適しており自分の好みに画面を変える事が出来て、タッチパネル対応なので操作しやすいのも人気の理由です。

 

おすすめ⑥スント スリーフィットネス

スリーフィットネスは、日常的に運動をする健康志向の高い方向けのスマートウォッチです。激しい運動というよりも、ジョギングやジムでのトレーニングなど軽めの運動に適しています。

心拍測定機能が搭載されており、そこで記録されたデータや日々の歩数、睡眠や消費カロリーなど推測し、それをもとに自動でトレーニングプランを表示してくれるので、自分に適した量の運動や休息を行う事が出来ます。

従来のスントに搭載されている、GPS機能や気圧計などのアウトドア関連の機能はありませんが、その分バッテリーの消費を抑え、値段も抑えられています。

 

おすすめ⑦スント スパルタン トレーナー リストHR

スパルタンシリーズで最も見た目の美しさ軽量化を目指して作られた、スパルタントレーナーです。ランニングやスイミングなど手首の重さが気になるスポーツ時に着けていても重さが気になりません

同シリーズの『スポーツ』『ウルトラ』と比べると機能は少なくなりますが、手首で心拍数を図る事が出来るので日常的に数値をモニタリング出来るのは、付けていても重さが気にならないトレーナーだからこそ。

 

おすすめ⑧スント アンビット3 ピーク ブラック

アンビットシリーズの中でも最長のバッテリー容量があるアンビット3ピークは、長時間の登山でもバッテリーの心配がいらず、一度充電すると200時間稼働する事が出来ます。

登山をする場合に気になる天候の変化にも対応しており、気圧の変化から天候を予測し、現在地が避難しなければならない場所の場合はアラームを鳴らして注意喚起をします。

「SUUNTO MOVESCOUNT」と言う、スントのアプリと連携し事前にルートを登録しておけば地図を時計に読み込むこともでき、反対にログを「SUUNTO MOVESCOUNT」上で立体マップで見る事も出来る機能もあります。

おすすめ⑨スント SUUNTO5 ランニングウォッチ ロングバッテリー

コンパクトな見た目と、最長40時間稼働出来るパワフルさが特徴のスント5です。40時間稼働出来る理由は、設定を省エネモードにする事によってGPS稼働時間を自動で減らしてくれるからです。

様々なスポーツに対応しており、運動したい内容を登録するとその内容にあったトレーニングプランをスント5が提示してくれ、休養が必要な時もお知らせしてくれるなど、モチベーションアップにも繋がります

毎日の動向をチェックしているので、睡眠の質などからストレス度合いを計測して、自分では気が付かない疲労度を指摘してくれるのでオーバートレーニングを防ぐ役割を果たしてくれます。

 

おすすめ⑩スント SUUNTO9 トレイルランニング

スントスパルタンの機能を更にグレードアップさせた後続機種のスント9です。スパルタンの良い所はそのままに、GPS機能の向上やバッテリーの性能をアップさせて充電切れストレスから解放してくれます。

バッテリーのモードは3段階あり、残量が少なくなるとモード変更をするように教えてくれます。最も省エネで動いてくれるモードにすると、最長120時間も稼働出来るのが特徴的です。

スパルタンや同モデルのスント9バロ同様にタッチパネル対応で、スマートフォンと連携しているとカバンから取り出さなくても手元のスマートウォッチで確認出来るので、登山などをしている時は非常に便利です。

 

おすすめ⑪スント SUUNTO7 スマートウォッチGPS

最新の機能を備えたスマートウォッチが欲しい方は、スント7がおススメです。スント7には、Wear OS by Googleが搭載されているので、Googlepayで支払いが出来たり、Googleplayで入手したアプリで機能の拡張も可能。

その他に、アプリの通知を受けたり、着信を確認したり、Wi-Fi接続時には自動でソフトウェアのアップデートを行ってくれたりとハイテク機能満載。

もちろんスントならではの性能も素晴らしく、70種類以上ものスポーツに対応しており、全てのスポーツのデータを記録してくれます。心拍や消費カロリーも表示してくれ、アウトドアでも日常使いでも大満足なスマートウォッチです。

 

おすすめ⑫スント アンビット3 ラン ホワイト

アンビット3ランは、その名前の通りランナーに向けた機能が備わっている時計です。付けていても気にならない重さで、更にGPS機能で走っている距離や速度を測り、どれくらいのペースで走っているか教えてくれます。

また見た目のデザインも可愛く、ポップなカラーバリエーションでスポーティなデザインが見た目でも楽しませてくれ、付けていると気分が上がる時計です。

 

おすすめ⑬スント スパルタン スポーツ リストHR バロ

同シリーズの『ウルトラ』よりも薄型なのに、10気圧をも耐える事が出来るタフさがある、スマートウォッチのスパルタンのスポーツです。山でのアウトドアより、ランニングや平地でのトレーニングに適したモデルです。

基本的な機能はもちろんですが、スパルタンシリーズには全て備わっている約80種類以上ものスポーツモードも備わっており、どんなスポーツも本体に備わっている光学式の心拍系が記録を付けてサポートしてくれます。

 

おすすめ⑭スント トラバース GPS 登山 気圧計

トラバースのベースモデルの機能は、おすすめ②で紹介したアルファと同じく、ABC機能や、GPSとGRONASSによる位置情報、ルートプランニングなどがあります。

アルファに付いている、ライトアップ機能、自動発砲検知機能、月齢カレンダーなどはありませんが、値段はアルファよりも遥かに低価格で購入できるので、トラバースが欲しいけどアルファが自分にはオーバースペックだと感じる方は、ベースモデルがおすすめです。

 

おすすめ⑮スント アンビット3 バーティカル ブルー

欧米では、ダウンヒルやスノーボードなどの標高差を競うスポーツを『バーティカルスポーツ』と呼びます。そして、アンビット3バーティカルはそんなスポーツを行う際に最適の時計です。

リアルタイムで標高グラフや、上昇距離や下降距離などの高低差を考えて計測してくれる3Dディスタンス機能などはバーティカルのみの機能で山岳スポーツをするのなら必要となるデータを全て取得してくれます。

「SUUNTO MOVESCOUNT」と連携して事前にルートを登録しておくと、トレーニングをしている際に振動してガイドをしてくれる機能も搭載されています。

 

機能やデザインに優れたスントの腕時計を手に入れよう

スントのおすすめスマートウォッチを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?スントは、機能面の素晴らしさはもちろん、北欧生まれのデザイン性の高さが特徴的です。

ひとまとめにスントのスマートウォッチと言っても、今回紹介した通り様々なモデルの様々な機能があり簡単には選べませんよね。是非、この記事を参考にあなたに合ったスントのスマートウォッチを選んでみて下さい。

その他の関連記事はこちらから