2018/10/05

【シーン別】防水バックパックおすすめ12選〜ビジネス、登山、釣りなど〜

https://www.pinterest.jp/pin/289215607311629875/

登山、釣り、キャンプなどアウトドアな趣味が多い方や、外回りが多い営業の方などにとって一番困るのは天候の変化です。突然の雨などでバッグに入れていた中身や資料が濡れてしまったら大変です。そんな悩みを解決してくれるのが防水バックパックです。

今の防水バックパックは大変使い勝手が良く、ビジネスでもカジュアルでも使えるようなアイテムが多数あります。

こちらの記事ではそんな防水バックパックについて魅力からおすすめアイテムまでを一挙にご紹介します。

「防水バックパック」とは?

https://www.pinterest.jp/pin/277252920790551381/

防水バックパックとは、その名の通り、水が入らない生地や加工がなされたバックパックの事を指します。急な雨や汚れに強く、バックパックの中に入れた物を守ってくれます。容量や開口部の作りも様々で、より雨から守ってくれる物から、カジュアルに使いやすいものまで種類は様々なので、自分が使うシーンを考えて色々な種類から選ぶ事ができます。

「防水バックパック」の魅力

https://www.pinterest.jp/pin/410672059763990280/

防水バックパックの魅力は当たり前ですが、水や汚れに強い点です。表面加工の仕方は様々ですが、水や汚れに強いものが多い為、アウトドアに持っていきヘビーに使ってもさっと拭けば良いだけという使いやすさが大変魅力になっています。

また、アウトドア用の物になればなるほど大きさも選ぶ事ができる為、旅行などにも持って行きやすく、キャンプや釣りだけでなく、色々な所に連れて行きやすい点も魅力の一つになっています。

 

「防水」と「完全防水」の違いとは?

https://www.pinterest.jp/pin/13792342589796423/

防水、完全防水という文言はバックパックを選ぶ上で大変大事なポイントです。防水はバッグ自体に水が侵入しない加工や生地を使っている物を指すのに対し、完全防水とは、水に強い生地や加工がされているだけでなく、縫い目やジッパーに到るまで、全ての箇所に防水加工がされている物を指します。

防水バックパックの選び方

https://www.pinterest.jp/pin/843017623970562446/

防水バックパックの選び方は大きく2つに分かれます。

まず一つ目は「大きさ」です。防水バックパックは先の通り大きさも種類が沢山ある為、まずはどういう用途で使うのか、どういったシーンで使うのかを想定する事が大事になってきます。一般的には20Lサイズであれば通勤・通学向けの大きさで30Lになるとアウトドアや旅行にも持っていけるサイズと言われています。

二つ目は「防水タイプ」です。先の通り、防水力にも違いがあるので、ただの防水レベルだと中身が濡れる心配はぬぐえません。なのでアウトドアの中でも登山なども行うような場合であれば天候の変化が激しい為必然的に完全防水を選ぶ事になります。こうした点から、こちらも使うシーンや用途によって選ぶ事が大事です。

 

【シーン別】防水ブランドバックパックおすすめ12選

アウトドアシーンで活躍する完全防水バックパック

クッション性もあり安心感のある完全防水バックパック

ブランド名:アクアクエスト

商品名:完全防水 バックパック

予算:6,699円〜

完全防水のバックパックでショルダーストラップ等もしっかり付いているので、使い勝手の良いアイテムです。アウトドアに持っていっても安心感のあるバックパックになっています。

小雨の野外行動で、濡らしたくないカメラや貴重品を入れておくのにちょうど良い使い勝手でした。ショルダーストラップやプラバックルの造りが貧弱ですが、価格的には妥協点かなと思います。軽登山よりも、仕事で野外に出る様な人に向いている道具だと感じます。オートバイでのツーリング等にも向いていると思います。

Amazon

収納性も安心のバックパック

ブランド名:オーバーボード

商品名:オーバーボード 完全防水 防塵 バックパック

予算:13,716円〜

30Lの収納力の高さと完全防水の安心感があるバックパックです。カラーリングもおしゃれなものが多く、アウトドアにはもってこいなカラーリングのものばかりです。

防水性は問題なかったです。購入時、中に水を入れての確認もしておりましたし。
普段から二輪での移動なのと扱いが雑なので油汚れなどで表面は汚れてますが、機能面での劣化は現在のところ無いです。

Amazon