2020/08/14

一生愛用するための時計の収納方法とおすすめケース10選

腕時計は、身に着けるアイテムの中で最も長年愛用するものです。

クオーツ式の腕時計で少なくとも5〜10年。機械式時計であれば数十年以上、その気になれば子供や孫の代まで受け継ぐことも可能です。

ただし、腕時計は精密なパーツの組み合わせによってできているもの。収納方法を誤れば、寿命を早めるどころか最悪の場合故障に繋がってしまいます。

今回は、時計の収納で気をつける点を解説するとともに、おすすめの収納ケースを紹介します。

時計の収納で気をつけるべきポイント

高温多湿な場所を避ける

https://www.chopard.com/us/collections/l-u-c

湿気の高い場所は要注意です。時計の内部に水気が侵入することで、パーツの錆びや劣化を招いてしまいます。

また、急激な温度の変化も腕時計に悪影響を及ぼします。温度変化によってムーブメントの金属が膨張したり縮小したりするため、時刻が狂う要因となります。摩擦抵抗が必要以上に増えることから、故障の原因にもなり得るでしょう。

磁気は禁物!電子機器に近づけない

https://www.digitaltrends.com/computing/windows-10-market-share-12-percent/

最近でこそオメガのコーアクシャル機構など耐磁性能に優れた製品が開発されているものの、ほとんどの腕時計にとって磁力はNGです。

電化製品は電源を入れることで磁気が発生します。そのため、テレビや冷蔵庫、電子レンジの近くを保管場所に選ぶのは禁物です。

また、日常的に使用頻度の多いパソコンやスマートフォンにも注意。腕時計を着けたままパソコンで作業をしてもすぐに故障をするわけではありませんが、安定した精度を保つなら外したほうがベターです。

スマホに関しても、腕時計と一緒に小物ケースなどに保管するのは避けましょう。

保管前に汚れを拭く

https://www.bostonwatchexchange.com/Horosafe-Buffing-Cleaning-Cloth-for-Watches-p/horosafe.htm

ケースやブレスレットに汚れや腕の脂質が付着したまま放置していると、錆びやカビの原因となってしまいます。

メガネ拭きのような柔らかい布で、しっかりと拭いてから収納するようにしましょう。また、手の届かない隙間部分やラグに詰まった汚れは、綿棒や爪楊枝などを用いて定期的に綺麗にするのが理想です。

安全に保管するためには収納ケースに入れるのがおすすめ

https://www.escrow.com/buy/how-to-start-a-vintage-watch-collection

腕時計を美しい状態で維持するためには、湿気や磁気以外にも何かと注意を払う必要があります。

例えば直射日光は文字盤を変色させたり、レザーブレスレットを乾燥させてしまいます。また、不用意に高い場所に保管することで、落下させて壊してしまう危険性もあります。

これらにリスクを回避するために、腕時計は収納ケースに入れて保管するのがおすすめです。ケースに入れておくことで、不意な衝撃や埃などから守り、安全な環境で保管することができます。