2018/07/24

本物志向が強い方に読んでもらいたい時計の「ムーブメント」のすべて

時計のムーブメントとは、腕時計の原動力となっている部分の事です。車で言うとエンジンの事ですね。

機械式時計のムーブメントは手巻きと自動巻きに分けられています。またクォーツ時計の機構はモジュールと呼ばれることもあるなど聞きなれない単語が多いのですが、これらの仕組みを理解することで1歩ずつ時計通に近づくことができるでしょう。

今日は時計のムーブメントについて詳しくご説明いたします。

時計の心臓 ムーブメントについて

https://www.pinterest.jp/pin/420453315191908928/

ムーブメントは時計のケースの中にあります。時計の動力機構を指す言葉で、主に電池を使わない機械式と、置いておいても止まらないクォーツ式に分けられます。

それぞれにメリットとデメリットを持っていますので、人それぞれ、自分にとって使い勝手がいいムーブメントを選ぶと良いでしょう。

ムーブメントの種類 それぞれの特徴について

ここでは時計のムーブメントごとの特徴について説明していきます。

機械式自動巻き

機械式自動巻きは男性用の高級時計では最も一般的で、動力がゼンマイになっているムーブメントのことですが、その中でも腕に着けておくことで自動的にゼンマイが巻かれる物を指します。

ゼンマイは毎日手動で巻き上げる必要がありますが、ただ腕にはめていつも通りの日常生活を送ることで自動的に巻き上がる機械式自動巻きの便利さは、腕時計が普及する大きなきっかけとなりました。

機械式自動巻き時計のメリットは電池交換の必要がないことと、毎日竜頭を巻く手間がかからないところです。

https://www.pinterest.jp/pin/248260998179422228/

しかし丸1日以上腕にはめないで置いておくと止まってしまうというデメリットもあるので注意しましょう。また衝撃に弱いのでスポーツなどをするときは外しておいた方が良いですね。

その他にも、強い磁気の影響を受けて内部パーツが磁気帯びしたり、時間が大きくずれてしまうことがあるため、磁気を発生する携帯電話やパソコン、マグネット等からは時計を遠ざけておく方が良いでしょう。

短い時間しか使用しない方、またはデスクワークに従事していて普段あまり体を動かさない方は、腕を動かす時間が足りず十分巻き上がらない恐れがあります。そのため竜頭での巻き上げも併用するようにした方が良さそうです。

https://www.pinterest.jp/pin/315181673902942501/

機械式手動巻き

機械式手動巻きは、最も古くからあるタイプのムーブメントです。自動巻の先駆者とも言えるトラディショナルな機構で、ローターがない分自動巻より薄いケースを作ることが可能となります。

この機械式手動巻き時計はいつも腕に身に着けて、お世話をする必要がある時計です。そのため、愛着のわき方は他のムーブメントを持つ時計とは全く違ってきます。
これが、多くの時計好きが機械式手動巻き時計を愛用する所以でしょう。

机の中にしまっておき、いざ使う時には殆どの場合止まっている機械式手動巻き時計は、常に誰かが面倒を見る必要がある、子供のような存在になれるのです。

ちなみに、腕に着用できない懐中時計はムーブメントにクォーツか手巻き式を採用していることが多いです。

また、巻き止まり(ゼンマイが全て巻き上がった状態)後は、ゼンマイが切れるため巻き上げないことが重要です。

https://www.pinterest.jp/pin/353321533245059858/

クォーツ式

クォーツ式時計とは電池を動力として動く時計のことです。
1秒間に数万回とも言われる水晶(クォーツ)の振動を電気信号に変換することで、モーターを駆動させたりデジタル表示させたりします。また安定した振動数を持っているので、正確な時間を算出することが可能です。

今では最も世界中に普及しているムーブメントではないでしょうか。置いておいても止まらないという特徴は、普段使いの時計として、また気軽に身に着けられる時計として最適です。

クォーツ式時計は、時計に手間をかけたくない人にが特におすすめの時計です。普段は機械式時計を身に着けている人でも、クォーツ時計は1本持っておくと便利ですよ。

https://www.pinterest.jp/pin/114419646768017995/

デメリットは電池が消耗するので定期的に電池交換の手間がかかることです。電池交換をしなければ当然ですが時計は動きません。また、電池を長持ちさせるため、クロノグラフの使用は短時間にすると良いですね。

電池が切れたらすぐに電池交換をするようにしましょう。電池が切れると時計が止まってしまうだけでなく、そのまま放っておくことで電池内の液体が漏れ出してしまうことがあるからです。

こうなると分解掃除をしないと時計は動かなくなります。