2019/03/14

北欧デザインを象徴するモテアイテム「スカーゲンの時計」の魅力とは

https://www.pinterest.jp/pin/100768110392711237/

Apple製品のようなミニマルなデザインが好きなら、スカーゲンの腕時計がおすすめ。つけ入るスキのない無駄を削ぎ落とした美しさで、さり気なくセンスの高さをアピールできます。

また、高級感溢れる見た目からは想像できないようなリーズナブルな価格も魅力。優れたコストパフォーマンスと信頼できる機能性を実現しています。

ここでは、北欧の実力派時計ブランド「スカーゲン」の魅力について紹介します。

スカーゲンの解説

スカーゲンの時計の歴史

https://www.pinterest.jp/pin/620089442417286027/

スカーゲンは、デンマークで発祥した時計ブランドです。有名なビール会社「カールスバーグ」のセールスマネージャーとしてNYで働いていたヘンリック・ヨーストが、1989年に妻のシャーロットとともにスカーゲンデザイン社を設立したのが始まりです。

アメリカを拠点に、創業当初はデンマークが誇る工業デザイナーの一人ヤコブ・イェンセン氏がデザインする時計の代理店として運営。そして1991年に、オリジナルブランドとして「スカーゲン デンマーク」を立ち上げました。ブランド名は、ユトランド半島最北端に位置する町Skagen(スカーゲン)が由来です。

「デザインの美しさと品質の高さは必ずしも高価である必要はない」という哲学を掲げ、設立当初からデザインを重視した腕時計を開発。老舗の高級時計ブランドとは異なる路線を開拓することで、時計メーカーとしては新規採用ながらファン層を拡大していきました。

https://www.pinterest.jp/pin/753227106401643271/

スカーゲンは洗練されたデザインと確かな機能性を兼ね備えながら、3万円以内で手に入るようなリーズナブルな価格で腕時計を展開。この戦略が、「カッコイイ腕時計は欲しいけど高いお金は払いたくない」という現代のニーズにマッチし。若い世代を中心に絶大な人気を獲得します。

2004年には、毎年スイスで開催される世界最大の宝飾と時計の見本市「バーゼルワールド」にて、世界第10位の知名度を持つ時計ブランドに選出。歴史の浅い新興ブランドとしては類を見ないほどの早さで成長を遂げ、現在では世界60ヵ国以上で販売されています。

ミニマルな北欧デザインがスカーゲンの特徴

https://www.pinterest.jp/pin/309129961898775514/

スカーゲンの腕時計の最大のこだわりは、シンプルで美しいデザインです。いわゆる「北欧デザイン」を象徴するブランドとして、日本でも親しまれています。

北欧デザインとは、デンマークやノルウェー、スウェーデン、フィンランドといった北欧諸国で誕生したデザイン哲学。質素で素朴ながら温かみを感じさせる雰囲気が特徴で、過度に装飾的にするのではなく、「これ以上削ることができない」という状態にまで余計な部分を削ぎ落とすというのが基本的な考え方です。

第二次世界大戦後の頃から広まっていった北欧デザインですが、近年ではiPhoneなどのApple製品を筆頭に世界的なトレンドとなっています。スカーゲンの腕時計は全モデルに共通してミニマルなデザインを貫いており、無駄がなく研ぎ澄まされた美しさを備えています。

こだわり抜かれたフィット感もスカーゲンの魅力

https://www.pinterest.jp/pin/278449189445678184/

見た目のシンプルさだけでなく快適な着け心地もスカーゲンの魅力。「軽さ」と「薄さ」もデザインの一つと捉えているかのような、薄くて流麗なボディラインを実現しています。

定番の革ベルトやステンレスブレスレットも軽量ですが、特に有名なのがメッシュベルト。圧倒的な軽さを誇ることはもちろん、スタイリッシュな見た目がミニマルな文字盤と相性抜群で、プライベートからビジネスシーンまで愛用できます。