記事作成日:

タイメックス(TIMEX)キャンパー人気モデル13選!人気の理由とは?

タイメックスのキャンパーは、アメリカ発祥の時計ブランドとなり、大人のメンズがカジュアルに身に付けることができる、気取らないおしゃれな腕時計です。今回はそんなタイメックスのキャンパーから、おすすめモデルを13種類厳選してご紹介します。各製品の特徴や人気の理由も併せて詳しく解説していきます。

タイメックス(TIMEX)キャンパーとは?

最初にご紹介するのは、「タイメックス・キャンパー」とはいったいどのような製品であるかについて詳しくご紹介します。タイメックス誕生の歴史に触れながらみていきましょう。

そもそもタイメックスとは?

アメリカで数少ない希少な時計ブランドとして誕生した「タイメックス」は、男性だけではなく、女性からも人気を集める腕時計です。1854年にウォーターベリークロック社が開発、販売を始めました。

時計の性能を機械式からクォーツ式に切り替えたことで、多くのメンズの需要が高まり、安価で高性能な腕時計としてさらにその人気に拍車をかけました。

このタイメックスは、防水仕様で設計されているので軍事時計としても高く評価され、現在も多くの人に愛される時計ブランドとしてその地位を確立させています。今後もタイメックスの腕時計は根強い人気を保ったまま歴史を刻んでいくこととなるでしょう。

タイメックスのキャンパーとは

前述にもあるよう、このタイメックスのキャンパーは、そもそもベトナム戦争勃発の際に軍事時計として活用されていました。防水性能が高く、また蓄光機能が搭載されている製品で、当時は画期的な腕時計として高い評価を得ていたと言われています。

1980年代に突入すると「キャンパー」という名称で世界に販売され、ユニセックスの腕時計の位置付けで男女問わず人気の腕時計となっていきました。これまでに廃盤モデルとなった製品は、一時期に限定して復刻するなど、現在でもタイメックスの人気が根強いことを実感することができます。

タイメックス・キャンパーが人気の理由

タイメックスの歴史を振り返るとともに、タイメックス・キャンパーは希少価値の高い腕時計であることが分かりました。続いてみていくのは、タイメックス・キャンパーになぜ人気が集まっているか、その人気の理由を探ってみました。以下に人気の理由を3つ挙げていきます。ひとつずつ確認していきましょう。

魅力①価格が安い

軍事用に使用されていた1960年代を過ぎ、その当時からケアを施しながらも、現在も作動し続けるキャンパーが存在します。そのキャンパーが、いかにローコストで仕上がっていて、私たちが安価に、そしておしゃれに使用できるかが分かります。

最も低価格なものだと10,000円以下で手に入れることができるので、手軽に利用できる腕時計であると言えるでしょう。このように、本体価格の安さとおしゃれなフォルムが、タイメックス・キャンパーの絶大な人気を集めている理由です。

魅力②使いやすさ

そして何よりも、気取らない遊び心を持ったデザインに仕上げていることも、タイメックス・キャンパーの使いやすさに直結すると言えます。実際、タイメックス・キャンパーは、文字盤が大きくデザインされているので、はっきりと見やすいという特徴を持っています。また、蓄光塗料を利用しているので、街灯のない暗い場所でも文字盤を視認しやすくおすすめです。

ステンレス製だけではなくナイロン製のベルトバンドの製品も多く、カジュアルに利用することができるおすすめの腕時計です。軍事用として用いられていたことから、3気圧防水機能も備えた製品が多く、耐久性高く気兼ねなく使用することができます。

魅力③男女兼用

タイメックス・キャンパーは、メンズだけが使用する腕時計という位置付けではありません。製品にはユニセックスで使用することができるタイプも多く、女性もカジュアルなスタイルや、アクセサリーとして使用するのもおすすめです。自分のお好みのデザインでおしゃれコーデを楽しむことができるタイメックス・キャンパーを活用してみましょう。

タイメックス・キャンパーの人気モデル13選

それではここからは、タイメックス・キャンパーの製品の中から、特におすすめしたい人気モデルや定番モデルを13種類、厳選してご紹介します。各製品が持つ特徴やおすすめポイントなど、ひとつずつ詳しく解説していきます。

人気モデル①タイメックス オリジナルベトナムキャンパー TW2P88400

高耐久性&電池交換不要なタイプでロングユースできる「タイメックス オリジナルベトナムキャンパー TW2P88400」は、手巻き式の使い捨て腕時計です。

発売当時のフォルムを再現して作られたおすすめの製品です。こちらは手巻き式ムーブメントの製造が不可なので、使い捨てタイプとして復刻させています。その当時を思い出しながら使用するのもおすすめです。

 

人気モデル②タイメックスSSキャンパー TW2R58300JP

タイメックスから復刻を果たした「タイメックスSSキャンパー TW2R58300JP」は、発売当時から復刻後の現在も、製品の販売実績が高く、人気を集めているキャンパーです。

普及版として再登場した製品で、本体はプラスチック製の風防を装備し、ブラックナイロンのベルトを採用しています。見た目にカジュアルなので、どんなコーディネートにも映えるデザインに仕上がっています。

また、ケースにはSS素材を採用し、見た目のフォルムもとてもおしゃれでおすすめです。文字盤デザインにもこだわりを持ち、「WATER-RESISTANT」の防水表記に変更して復活しています。ナイロンストラップなので、カジュアルシーンにもビジネスシーンにも活用することができるおすすめのタイプです。

 

人気モデル③タイメックス オリジナルキャンパー TW2R13800

ベルトカラーと文字盤をブラックに統一させた「タイメックス オリジナルキャンパー TW2R13800」は、シンプルなデザインの中にも飾らないおしゃれな雰囲気を醸し出すことができる腕時計です。メンズのカジュアルシーンやビジネスシーンにもおおいに活用することができます。

黒文字盤のベースカラーに白の数字を載せることで、より鮮明にはっきりと視認することができます。タイメックス・キャンパーのデザイン性の高さがうかがえます。デイリーユースにも最適なおしゃれなデザインの腕時計をお探しの方へ、タイメックスオリジナルキャンパーがおすすめです。

 

人気モデル④タイメックス オリジナルキャンパー TW2R13900

使い捨てタイプのタイメックス・キャンパーでおすすめなのが「タイメックス オリジナルキャンパー TW2R13900」です。手巻き式タイプの腕時計なので、故障時の修理や電池交換不要で、手軽に使用することができるおすすめの製品です。

日本限定モデルとなる「タイメックス オリジナルキャンパー TW2R13900」は、文字盤をネイビー色とすることで、おしゃれにコーディネートしやすく最適です。さらにミリタリー感を強く主張しない優しい仕上がりとなっています。

また、本体がメンズ仕様ではなくユニセックスタイプとなるので、女性の腕にもおしゃれに映えるおすすめのタイプです。気軽に腕につけておしゃれコーデのアクセントにプラスさせてみるのも良いでしょう。

 

人気モデル⑤タイメックス キャンパー ブラック文字盤 T41711

ミリタリーデザインの中でも特におすすめしたいのが「タイメックス キャンパー ブラック文字盤 T41711」です。タイメックス キャンパー ブラック文字盤 T41711は、ナイロン製のベルトを用いたデザインで、手軽に利用できます。デイリーユース時に水に濡れることがあっても防水仕様なので安心です。

黒文字盤に白文字を合わせたことでより視認性が高まり、使いやすい腕時計としてもおすすめです。普段のカジュアルコーデやアウトドアでの使用にも最適な腕時計です。

 

人気モデル⑥タイメックス エクスペディション キャンパー T49713

ナイロン製のベルト、そして白文字盤にブラックの文字を採用して作られた「タイメックス エクスペディション キャンパー T49713」は、おしゃれ度の高い製品として人気を集めています。日付を知ることもできるので、デイリーユースに最適です。

10気圧防水設計や文字盤発光機能を備えているので、長期的に使用できるおすすめのタイプの腕時計です。おしゃれに、そしてカジュアルさも加わったタイメックス・キャンパーをお探しの方に最適です。

 

人気モデル⑦タイメックス ビームスコラボ Original Camper

スケルトンタイプの腕時計で斬新なデザインに仕上げた「タイメックス ビームスコラボ Original Camper」は、ビームスシリーズから誕生した製品です。メンズの遊び心をくすぐるような都会的なデザインは、多くの若者から高い支持を得ています。自然な透け感がとてもおしゃれです。

自身の普段使いやカジュアルコーデのワンポイントアクセントに、また、お友達へのプレゼントにも最適です。オリジナルパッケージを活用して、ギフトとして贈ることも可能です。身に付けているだけで楽しい気分になれる「タイメックス ビームスコラボ Original Camper」はおすすめの製品です。

 

人気モデル⑧タイメックス 日本限定企画 オリジナルキャンパー

バンド色にレッドを採用することで、とても明るく軽快な気持ちで身に付けることができる「タイメックス 日本限定企画 オリジナルキャンパー」は、限定品として販売されるおすすめの製品です。

文字盤を白とすることでカジュアルに見せることができる他、白文字盤とベルトカラーのコンビネーションがより楽しさを醸し出すことができる腕時計でおすすめです。

ベルトカラーは、レッドの他にもブラックやオリーブを選択することができます。カラーに捉われることなくユニセックスでも使用することができるので、楽しくおしゃれコーデに活用したい方に最適な製品です。

 

人気モデル⑨タイメックス ミリタリー アライド コア キャンパー

ステンレス製のベルトを採用した「タイメックス ミリタリー アライド コア キャンパー」は、頑丈な外観のフォルムが強さと立体感を演出させる仕上がりとなっています。ベルトにナイロンを使用していない分、ビジネスシーンにも活用できる、スーツスタイルに映えるデザインとしてもおすすめです。

もちろん、カジュアルな着こなしにタイメックス・キャンパーをアクセントにしても良いでしょう。シンプルでビジネスでも活用する腕時計をお探しの方に最適な製品です。

 

人気モデル⑩タイメックス オリジナル キャンパー ユニセックス

Timex オリジナル キャンパー ユニセックス 腕時計 #T2N877

Timex オリジナル キャンパー ユニセックス 腕時計 #T2N877

25,000円(09/27 14:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

プラスチック製のピンク色のバンドに、白の文字盤をデザインし、クォーツ式で便利に利用できる「タイメックス オリジナル キャンパー ユニセックス」は、主に女性に人気のタイメックス・キャンパーです。

手元を華やかに彩ることができる腕時計で、見た目にもアクセサリーとして活用することもできます。日時の設定部分にホワイトダイヤルを使用することで、本体にアクセントを付けることができます。

あえてメンズが身に付けると、ワンポイントアクセントになり、よりおしゃれなメンズコーデを楽しめるでしょう。ぜひ、ピンクカラーに挑戦してみてください。また、50mまで防水機能を備え、蓄光も可能な腕時計としてシンプルな機能を搭載したおすすめの製品です。

 

人気モデル⑪タイメックス オリジナルキャンパー TW2T96100

キャンパス地のベージュのベルトにべっ甲のフレームを持つ「タイメックス オリジナルキャンパー TW2T96100」は、白文字盤に秒針や針をゴールドにすることで、女性的でエレガントな雰囲気に見せることができるおすすめの製品です。

落ち着いた色合いなので、デスクワーク時に袖から見えるのもとてもさりげないおしゃれです。できる女性を思わせるおすすめのタイメックス・キャンパーです。3気圧防水機能、そして本体重量11gと軽量で扱いやすく、ぜひ身に付けたい腕時計です。

 

人気モデル⑫タイメックス MK1アルミニウムクロノ TW2R67600

少しハードな印象を持つ、ナイロンベルトでクォーツ式となる「タイメックス MK1アルミニウムクロノ TW2R67600」は、シンプルな中にも洗練された風合いに見えるおすすめの腕時計です。ナイロンベルトのため、締め付け感や手首の動きにくさは感じず、快適な使い心地です。

実用性、汎用性が高いので、ビジネスシーンにも気軽に使用することができます。スーツスタイルの時も、タイメックス・キャンパーを使用して、手元におしゃれなアクセントを付けておける製品です。

色褪せることのない根強い人気を持つタイメックスは、これからもメンズのおしゃれをサポートしていきます。ぜひ、おしゃれにタイメックス・キャンパーを使いこなしていきましょう。

 

人気モデル⑬タイメックス MK1 アルミニウムクロノ TW2T10700

落ち着いた雰囲気の中に、カジュアルテイストな風合いを感じられる「タイメックス MK1 アルミニウムクロノ TW2T10700」は、おしゃれに腕時計を活用したい方におすすめのモデルです。

ベージュ系のベルトは、大人の雰囲気を思わせるカラーなので、どんなコーディネートにも合わせやすくおすすめです。腕にワンポイント的なおしゃれを楽しみたい方こそぜひ身に付けてみてください。

 

おしゃれなタイメックス・キャンパーを入手しよう

タイメックスのキャンパーのおすすめモデルを13種類ご紹介するとともに、各製品の特徴や人気の理由も併せて詳しく解説しました。タイメックス・キャンパーは、歴史あるアメリカの腕時計ブランドとなり、多くの種類の製品があることが分かりました。

この記事の中でご紹介したタイメックス・キャンパーの中で、特に気になる商品はありましたか?タイメックス・キャンパーは、どれもデイリーユース可能で、カジュアルにもビジネスにも利用することができるおすすめの腕時計です。ぜひこの中からお気に入りのタイメックス・キャンパーを選び、おしゃれコーディネートを楽しんでみてください。

その他の関連記事はこちらから