2019/03/14

時計好きほど惹き込まれるラルフローレンの時計の魅力とは

https://www.ralphlauren.com/brands-watches-explore

ファッションブランドとしては今や知らない人がいないほど有名なラルフローレン。しかし腕時計製造に参入したのは比較的近年のことで、ファッションブランドとは思えない完成度の高さで高い評価を獲得しています。

見た目の美しさもさることながら、内部のムーブメントも本格的なスイスメイド。時計専業ブランドに勝るとも劣らないクオリティだと言えるでしょう。

ここでは、そんなラルフローレンの腕時計について紹介します。

ラルフローレンの時計の解説

ラルフローレンの時計の歴史

https://www.ralphlauren.com/brands-watches-explore

ラルフローレンは、アメリカで設立されたファッションブランド。創業者の本名はラルフ・ルーベン・リフシッツ(Ralph Rueben Lifshitz)氏で、1968年に自身の愛称を冠するかたちでブランドを設立しました。

クラシックな英国的なファッションをアメリカ流に落とし込んだアイテムで、アメリカントラッドやアイビーファッションを代表するブランドとして発展。特に高級スーツやポロシャツなどのメンズウェアで、世界的に知られるブランドとして成長を遂げました。

デザイン画を描くことを苦手としていたラルフローレン氏は、通常のデザイナーとは異なり、デザインや広告、ショップのイメージなどのコンセプトを包括的に提案する「コンセプター」を自称していました。この手法はデザイナーの新たな在り方として、のちにトミー・ヒルフィガーやトム・ブラウンといったブランドにも影響を与えます。

https://www.bobswatches.com/rolex-blog/new-releases/ralph-lauren-watches.html

元々はネクタイの販売から始まり、ポロシャツの代名詞としての地位を確立したラルフローレン。時計業界に参入したのは、創業からおよそ40年が経つ2009年のことです。創業者のラルフローレン氏は熱狂的な時計愛好家で、かねてから自身がデザインした腕時計を発表することを夢に描いていました。

時計ブランドとしては新参者のラルフローレンでしたが、リシュモングループと共同でプロジェクトを進めるかたちで時計の製造を開始。リシュモングループは傘下にヴァシュロン・コンスタンタンやジャガー・ルクルト、IWCなども所属する一大グループです。

そのリシュモンから技術提供を受けているため、新興ながらもハイクオリティな時計製造を実現。時計部門の誕生からわずか10年で、世界が認める美しいコレクションを展開しています。

時計専業ブランドにも匹敵するラルフローレンの時計の特徴

https://www.bobswatches.com/rolex-blog/new-releases/ralph-lauren-watches.html

ラルフローレンの時計は、ファッションブランドとは思えないほど本格的な機械式時計の製造にこだわっています。逆に言うと、「ファッションブランドだからといって舐められない」ために品質を徹底的に重視していると言えるでしょう。

低価格モデルには、セリタ社製のムーブメントを採用。セリタは、ETA社と肩を並べるほどの汎用ムーブメントメーカーで、多くのスイス時計に採用されています。

そして高価格モデルには、世界屈指の名門ブランドである「ジャガー・ルクルト」や「ピアジェ」、「IWC」のムーブメントが採用されています。まさにリシュモングループとの協力のなせる技。ラルフローレンの時計は紛れもなく本格機械式時計だと言えます。

ファッションブランドとして成功を収めているだけあって、デザインセンスに関してもつけ入るスキがありません。クラシックなドレスウォッチには、ブレゲ針やローマンインデックスを採用。一方でカジュアルなモデルも決して奇抜ではなく、細部までこだわり抜かれた洗練されたデザインです。