記事更新日:

時計好きほど惹き込まれるラルフローレンの時計の魅力とは

広告

愛用している有名人

https://www.ablogtowatch.com/ralph-lauren-rl-automotive-skeleton-watches/

ラルフローレンの腕時計は、TVドラマの『相棒 season14』で反町隆史さんが着用されていました。「スリム クラシック 42mm」というモデルで、ギョーシェ彫刻やブレゲ針が美しいクラシックなデザインの1本です。

ラルフローレンの時計部門の誕生からまだ10年とはいえ、年々注目度が上がっているため、今後有名人の着用情報も増えていくことが予想されます。

時計愛好家も認めるラルフローレンの時計の評価

https://monochrome-watches.com/interview-guillaume-tetu-ralph-lauren-watches-coo-new-strategy/

基本的にファッションブランドや宝飾ブランドが販売する腕時計は、時計愛好家やマニアからは嫌煙される宿命にあります。時計の世界では、どうしても「歴史」や「自社製造」などが重要視されがちだからです。

ところが、ラルフローレンの腕時計は時計愛好家からも高評価を博しています。もちろん腕時計なので多少の好き嫌いがあるのは当然ですが、初登場から10年の間で悪い評判がほとんど出てきていません。

これには、ムーブメントにジャガー・ルクルトやIWCのものを採用するなどの本格的な品質を実現していることが理由として考えられます。また、創業者のラルフローレン氏が無類の時計好きであることや、時計への敬意が充分に感じられるデザインも好感度の高い理由です。

ラルフローレンは、ファッションブランドながらも時計愛好家を唸らせる”最初のブランド”と言っても大げさではないでしょう。

ラルフローレンの時計の定番シリーズ紹介

THE SPORTING COLLECTION(スポーティング コレクション)

スポーツのスピリットと最上級のスイス製ムーブメントの魅力を融合させたシリーズです。

代表作のポロシャツがそうであるように、ラルフローレンとスポーツは切っても切れない関係。腕時計でもその世界観を表現しています。

スポーツコレクションと言ってもカジュアルな印象は控えめで、ドレス寄りのデザインのものが多いです。

SPORTING WORLDTIME

https://item.rakuten.co.jp/emedama/4573374935552/

詳しく見る

 

スモールセコンドにカレンダー、パワーリザーブインジケータを備えた高性能なモデルです。各国の主要都市を選択できるワールドタイム機能付きで、世界を飛び回る男性にぴったりの逸品です。

 

SPORTING CLASSIC

https://item.rakuten.co.jp/emedama/4573374935095/

詳しく見る

 

白文字盤とローマンインデックスがクラシックな雰囲気の1本。フォーマルに着用しても不自然ではないほど落ち着いたデザインですが、ベゼルに配されたビスがさり気なく個性を演出しています。

 

SPORTING CHRONOGRAPH

https://item.rakuten.co.jp/emedama/4573374935026/

詳しく見る

 

3つ目のサブダイヤルを備えたクロノグラフモデルです。パワフルで男らしいディティールながら、エレガントな雰囲気も併せ持っているのが魅力です。