2020/08/31

セイコーが誇るドレスウォッチブランド「クレドール」の時計を身に着ける

クレドールはセイコーのドレスウォッチブランドとして位置付けられているブランドです。

クレドールとはフランス語で黄金の輝きという意味を持つ言葉です。クレドールの時計は高級感を感じさせてくれるうえ、日本という国ならではの繊細な美意識を感じさせてくれます。

技術と美しさを極め、世界の有名時計メーカーと互角に渡り合うことができるオリジナリティーを持った時計、クレドールについて今日はご紹介します。たっぷりとご堪能ください。

計算され尽くした美しいクレドールの全て

https://www.pinterest.jp/pin/646266615247190689/

クレドールの時計は細部にまで配慮が行き届いた緻密なデザイン性が特徴ですが、芸術性のみに偏っていないので、多くの人に受け入れられる時計でもあります。

クレドールの時計の歴史

1974年に18kなどの貴金属を素材としたセイコー特選腕時計を起源として「セイコー クレドール」が誕生しました。
1980年には厚さ0.89ミリと世界一薄いムーブメント(キャリバー6720)を搭載したモデルを発表します。
1985年、上品で優雅な曲線を用いて過去から未来へ流れていく時間を表現したリネアクルバ・シリーズを発表し人気を集めました。

リネアクルバ

https://www.pinterest.jp/pin/386957792977377910/

翌1986年にはオルディネール・シリーズで「価値ある普遍性」というテーマを追求し、1987年にはエントラータ・シリーズで日本人の繊細な感性と中世の西洋文化を融合させた時計を発表しました。

2002年には最高の時計の名を欲しいままにするアクア・シリーズを、2004年には月をモチーフとしたノード・シリーズを次々と発表しています。
美しさと精巧な技術を融合することに成功し、時や文化、人種を超えた普遍性を時計に持たせることで高級時計メーカーとしての地位を確立したのがクレドールです。

クレドール ノード 七宝モデル

https://www.pinterest.jp/pin/540783867738304081/

クレドールが考える最高の時計作り

クレドールの時計の特徴やこだわりをご紹介します。

特徴

繊細で精密なデザインへのこだわりを持ち、日本人らしい感性や、気配りの行き届いた美意識を専任デザイナーが美しく表現しているのがクレドールの時計のデザインの特徴です。

クレドールの象徴であるクレストマークは、クレドールの語源である黄金の輝きを自然というテーマで表現。漢字の「山」の字を題材とし、空に輝く3つの星と黄金色に輝く山が融合したものを基本形としています。

金やプラチナなどの厳選された素材だけを使用し、デザインはもちろんムーブメントを構成する細かい部品の1つ1つに至るまで最高級の品質を維持し続けているクオリティーの高さこそクレドールそのものと言えるでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/225320787589301115/

こだわり

クレドールはセイコーの歴史と共に培われた職人たちの匠の技を基本とし、いつの時代でも最新かつ高度な技術を用いることで精密な時計を作り続けています。

ローテクとハイテクの絶妙なバランスが、クレドールの時計に調和の取れたプロポーションを与えているのです。

https://www.pinterest.jp/pin/549509592012176156/

クレドールへの時計愛好家の評価は

一般的にクレドールはセイコーのドレスウォッチ部門というイメージが根強いのですが、時計愛好家の中ではクレドールの時計に用いられている機械仕掛けの複雑機構は、3大雲上時計メーカーと言われているパテック・フィリップやオーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンに匹敵すると言われています。

またクレドールはグランドセイコーと比べられることが多いです。グランドセイコーは堅実な時計とのイメージ通り正確で精巧な時計です。しかし、クレドールも技術面ではグランドセイコーと比べても決して引けを取りません。

更に、貴石の使用や薄型を追求するなどの特色を持たせることでクレドールらしさを常に追い求めています。

クレドールの時計の定番シリーズ紹介

シグノシリーズ

細部まで丁寧に作られており繊細さが際立つデザインです。シンプルなので落ち着きを感じることができます。

シグノはスペイン語で記号やしるしという意味を持っています。シグノの時計はその名の通りシグノの時計を身につける人の品格の証、しるしとなりうる時計です。

プラチナ/革 メンズ 90711088

この時計の特徴は何と言ってもスケルトンの文字盤です。貴石が施されたムーブメント1つ1つの造形の美しさにため息が出そうですね。
直径35mmのケース素材には贅沢なプラチナが使われており、ストラップのレザーとの相性も抜群なうえ、類まれな高級感を演出しています。

アナログ表示と手巻きの組み合わせが時計好きの心を掴んで離さないでしょう。芸術品のような美しい時計です。

GCLH983 7R88-0AM0

https://item.rakuten.co.jp/berich0112/mk1835/

セイコーの独自機構であるスプリングドライブを搭載したムーブメントに、この時計へのこだわりを感じます。

2011年に発売されたこの時計はハイウェイにインスパイアされた活動的なデザインが特徴です。またシースルーバックなのでムーブメントの美しい躍動を感じることも可能。シルバーの文字盤に青い針が映える視認性も高い実用性抜群の時計です。

GCAR051 8J81-6A30

https://item.rakuten.co.jp/closer01/395742/

ゴールドの文字盤が大人の落ち着きと渋みを感じさせてくれる時計です。ゴールドカラーは時計を見るたびに身に着ける人にステイタスを感じさせ、また満足感を与えてくれるでしょう。

ゴールドの文字盤とクロコダイルのストラップは高級感があり相性も抜群。カジュアルシーンよりもフォーマルなシーンにピッタリのシルエットを持つ時計ですが、もちろんビジネスシーンにもおすすめです。

GCLH984

2009年11月に100本の限定生産で発売されたこの時計は、ステンレスとピンクゴールドのバランスが美しくエレガントなシルエットで人気を集めています。

この時計も先にご紹介したGCLH983 7R88-0AM0と同じくハイウェイをモチーフに作られました。アクティブな印象を与えるデザインが特徴的ですね。

10時の位置にはパワーリザーブインジケーターを搭載しているので、どの程度巻き上がっているかを文字盤上で確認することができます。巻き上げ時期が分かるので便利ですね。また、6時の位置には日付表示も搭載しています。

美しいデザイン性と実用性を併せ持つ時計なのでどなたにも自信を持っておすすめできます。

パシフィークシリーズ

パシフィークはクレドールの中でも高級スポーツウォッチとして1993年に発売されたシリーズです。パシフィークとはフランス語で「太平洋」の意味を持っています。

このシリーズの時計は、シリーズの名前通り躍動感を感じさせるデザインの時計が多く活動的な人にピッタリです。カジュアルシーンのパートナーとしてたくさんの人に選ばれています。

キネティック メンズ腕時計 4SS×WG M71-0A30

https://www.amazon.co.jp/セイコークレドール-SEIKO-CREDOR-オートクォーツ-4M71-0A30/dp/B00D5T09PY

ケースは厚すぎす薄すぎないちょうど良い感を持っています。バランスの取れたデザイン性が特徴です。文字盤の色やデザインは大人の遊び心を感じさせてくれるのでカジュアルなファッションによく似合いますが、不思議とスーツにもよく似合います。

ホワイトゴールドの輝きは見ているだけでうっとりさせてくれますね。
ケースの直径は33mmで手首をスマートに飾ってくれます。

GCBG996 レトログラード 4S77 0A30

洗練されたデザインなのでフォーマルシーンやビジネスシーンからオフシーンまで幅広く活躍してくれます。汎用性の高い時計です。

ケースとベルトにはステンレスとイエローゴールドが使われているので高級感を感じさせてくれるでしょう。
またアワーマークや針、ロゴはゴールドカラーが使われており、ゴージャス感の演出と共に視認性を高めてくれています。

デイト 8J82-6A10

https://item.rakuten.co.jp/closer01/346195/

素材にはステンレススチールが採用されているので、傷がつきにくく軽いという特徴を持っています。そのためカジュアルシーンにピッタリです。デザイン性が高いことはもちろん、デイト機能と20気圧防水も搭載しているので実用性の高いモデルとしても定評があります。

ケースの周りに施されたコインエッジが高級感を演出しています。黒い文字盤なので視認性が良いところもおすすめのポイントです。

フェニックスシリーズ

フェニックスシリーズは、若い時計愛好家の人々がクレドールに注目するきっかけとなったシリーズです。どの時計も強靭さやハードさ、頑丈さ、そして相反するようなセクシーさをデザインのコンセプトとしています。

フェニックスは別名火の鳥とも呼ばれており、寿命を迎えると火に飛び込んで死ぬが、再び蘇るとされています。そのため不死の象徴と言われ、永遠の命を表すシンボルとしても有名です。

そんなフェニックスの強靭な生命力にインスパイアされたこのシリーズの時計は、クロノグラフ専用のムーブメントである自社開発の6S78を搭載しています。

GCBP997 6S78-0A10

https://item.rakuten.co.jp/auc-kirin-corp/10002361/

この時計は1999年に発表されました。男性らしいシルエットとスポーティーなデザインで、鮮烈なデビューを飾ったことでも有名です。

ケースサイズは39mmで存在感があります。デイト表示とクロノグラフを搭載している実用性の高いモデルでもありますが、デザイン性がスマートなのでカジュアルシーンでもビジネスシーンでも活躍できるでしょう。

武骨なまでのシンプルさの中にクレドールらしいエレガントさが存在しています。文字盤に一部使用されている赤がワンポイントとなりデザイン性を高めていますね。

GCBP993 6S78-0A30

https://item.rakuten.co.jp/chuukotokei/j034/

立体的に仕上げられた文字盤は高級感を高めてくれます。また針のデザインもオリジナリティー溢れており個性を感じさせてくれる時計です。

ケースのデザインも細部までこだわって作り込まれており、時計職人の技や技術が光ります。また竜頭にはオニキスが施されており、エレガントさを感じさせてくれるでしょう。

この時計は文字盤とケースの白とシルバー、ストラップの黒の組み合わせが秀逸で上品に仕上がっています。そのため年齢やシーンを問わず身に着けることができます。

GCBG977 4S77-00A0

この時計は2002年に開催されたFIFA日韓ワールドカップを記念して日本限定で500本のみ製作された希少モデルです。文字盤のカラーとして採用されているブルーは日本を表し、文字盤の外側に施された赤いラインは韓国のチームカラーを表しています。

また裏蓋にはW杯のエンブレムが刻印されているなど、見えない部分にまで行き届いた気配りを感じることができます。ケースサイズは3.9cmで存在感を感じさせる時計です。
文字盤のブルーとレッドのバランス、そしてとベルトのシルバーとの組み合わせが非常に良くデザイン性が高いので自慢の1本となりそうです。

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/320388960971925657/

クレドールの時計は、高級感を感じさせるデザインで存在感が大きい時計も多いのですが、カジュアルシーンにもピッタリなデザインも多く展開しているので、どんな人にもおすすめできます。
高級でありながら、身近さを感じさせる時計でもあるクレドール。時計好きなら1本は持っておきたいですね。