2018/07/24

上質なクールを体感する「ディーゼルの時計」の全て

ディーゼルという名前は、ブランド創業当時新しいエネルギーとして注目され始めていたディーゼル燃料にあやかって付けられました。「ディーゼル燃料のように世の中を活気づけられるブランドでありたい」と言う創業者の思いそのものなのです。

ディーゼルは1つ上のカジュアルスタイルを提案しています。時計だけでなく様々なアイテムを展開しているブランドで、創業者や各部門スタッフの情熱や自由な発想から成り立っているのです。所謂「かっこいい時計」ならディーゼルがおすすめ。ディーゼルは今日も幅広い年齢層の男性に愛され続けています。

ディーゼルの腕時計とは

https://www.pinterest.jp/pin/559009372480738531/

トータルなライフスタイルを提案するブランド、ディーゼル。身に着ける人をかっこよくしてくれるディーゼルの時計の全てをご紹介します。

完成するディーゼルのスタイル

ディーゼルは1978年にレンツォ・ロッソによって創立されました。そして翌1979年にはメンズコレクション、1984年にはキッズラインの展開と、順調に業績を伸ばします。

ディーゼルはもともと、複数のブランドから成り立つオンリー・ザ・ブレイブグループ内のブランドの1つでしたが、1985年にグループの創業者でもあったレンツォ・ロッソが会社の裁量権を獲得し、ディーゼルにコンセントレーションするために独立しました。

その後1989年にはレディースラインを展開します。そして遂に1991年には国外展開を始動。1996年にはニューヨークに初のフラッグシップ・ショップをオープン、以降ローマやロンドンなどに次々と出店しました。

日本には1999年に上陸します。東京と大阪にディーゼルストアを開店し多くの人に注目されました。そして今日までトータルなライフスタイルの提案し続けているのです。

https://www.pinterest.jp/pin/564005553328727331/

譲れないディーゼルらしさの作り方

ディーゼルはブランドの方向性を変えることなく、これまで寡黙なまでに己の主張を貫いてきました。その結果、世界中で男性の心を活気づかせる存在になることに成功しています。創業当初のレンツォ・ロッソの思いや願いは確かな形となりました。

ディーゼルの特徴

ディーゼルの時計は無骨で男らしいデザインが特徴です。

現在は高級やカジュアルと一線を画すプレミアム・カジュアル・ブランドとしての地位を確立しているディーゼルのブランドコンセプトは「勇敢」。その勇ましく果敢なDNAで新しい分野、新しいデザインに挑戦し続けています。

シンプルなカジュアル。遊び心と躍動感。この2つが融合することでディーゼル独特な雰囲気は完成するのです。

https://www.pinterest.jp/pin/701365341940301157/

ディーゼルのこだわり

ディーゼルは常に新しい形を追い求めます。しかし決して伝統を置き去りにしないこだわりがディーゼルらしいデザインに反映されているのではないでしょうか。

思いや発想を形にすることは簡単そうに見えてとても難しいことです。思い描くデザインの中には実現不可能という決断のもとに葬り去られたものもあるでしょう。しかしディーゼルでは実現が不可能に思えることにも常に挑戦し続けています。その結果、ユーザーを驚かせるアイテムを発表し続けることができるブランドとなったのです。

新しいデザインとサプライズの提供。そのために才能に満ちたデザイナーを集結させ革新的なアイテムをプレゼンテーションし続けているのです。

https://www.pinterest.jp/pin/457467274629849175/

ディーゼルを愛用する有名人

ディーゼルの時計を愛用していることで有名なベッカムはDZ4258を愛用しています。この時計はシルバーに映えるスクエアのケースが特徴的な時計で、高級感が漂うカジュアルさが演出できます。ベッカムのイメージにピッタリですね。

またハリウッドで活躍するアイルランド人俳優のコリン・ファレルはDZ4290を愛用しています。この時計はクロノグラフとレザーストラップのバランスが良くエレガンスで知的なデザイン性で人気です。

日本の芸能界ではオードリーの若林正恭さんがDZ1090を着用されていました。この時計はスーツにも似合いますがカジュアルシーンにもよく似合います。どんなシーンにも似合う気軽さは魅力ですね。

https://www.pinterest.jp/pin/407294360026819701/

 ディーゼルの時計の評価は?

ディーゼルの時計はケースが大きい物が多いので全体的にカジュアルな印象を受けやすいという特徴があります。また男らしいメカニカルなデザイン、流行に流されないスタイルで個性的なディーゼルらしさを保っています。

殆どの時計が5万円以下なのでコスパが優秀というのも多くの人に受け入れられたポイントでしょう。かっこいい時計が欲しい人、人と違う時計を身に着けたい人にもディーゼルの時計がおすすめです。

次に気になるのがムーブメントです。ディーゼルの時計は基本的に他社からムーブメントを購入しています。使用されるムーブメントは廉価なものが多いようです。しかし流通量が多いムーブメントなので修理や交換が容易というメリットもあります。

このようなことからディーゼルの評価をトータルで考えるとファッション性が優秀で気軽に身に着けることができる時計ということになります。