記事更新日:

Gショックの高級ラインはダンディな大人の男こそ愛用すべきシリーズ

https://casio.jp/wat/watch_detail/MRG-G1000B-1A4/

Gショックと言えば、おそらく日本で最も有名なタフネスウォッチ。10代〜20代の若者が着するイメージが強い腕時計ですが、大人向けの高級ラインも根強く支持されています。

フルメタル素材を採用したMR-Gは、スイス製のクロノグラフにも匹敵するほど高級感溢れるシリーズ。メタルと樹脂を兼ね備えたMT-Gシリーズも、Gショックらしからぬ洗練された美しさを携えています。

ここでは、大人の男性にもおすすめできるGショックの高級ラインについて紹介します。

Gショックの高級ラインとは?

https://products.g-shock.jp/_detail/MRG-G1000B-1A4/

1983年に初めて誕生したGショックは、パワフルなデザインと、それに見合う圧倒的な耐久性で若者を中心に爆発的な人気を博しました。

Gショックは1990年代中頃には一大ブームとなりますが、着用する主な層はやはり若者。そこで、カシオは「大人になってもG-SHOCKを着けて欲しい」という想いから、大人が着けられるGショックを開発します。

そして1996年、初めてメタル構造を採用した高級Gショック「MR-G」が誕生。素材に合成樹脂を使用している従来のGショックと異なり、フルメタルボディながら耐衝撃構造を実現しました。

https://products.g-shock.jp/_detail/MTG-G1000GB-1A/

1999年にはメタルと樹脂の両方を兼ね備えた「MT-G」が登場。新発想の耐衝撃構造とトリプルフローティングガードを採用したこのシリーズは、メタルと樹脂の良さを生かした革新の機能美で成功を収めました。

価格帯はMT-Gが30,000円〜160,000円前後。MR-Gは安価なモデルでも140,000円、高価なモデルだと300,000円以上と、最高級ラインとして独自のポジションを確立しています。

Gショックの最高級ラインMR-Gのこだわり

「MR-G」のモデル名の由来は、「Majesty+Reality」。”風格ある本物”という意味を込めて名付けられました。

Gショックで培ってきた耐衝撃構造をメタル素材で実現するために、多くの試行錯誤を重ねたカシオ。試行錯誤の末、衝撃を吸収する車のバンパーからヒントを得て「ベゼルバンパープロテクション」という構造を開発しました。

同時に、バンドを取り付けるラグや裏蓋に至るまで、360度どの角度からの衝撃にも耐えうる仕組みも開発されています。

MR-Gの最大の魅力は、細部まで丹念に作りこまれたフルメタルならではの質感です。見た目の美しさだけでなくGPSや電波受信、スマートアクセス、タフソーラーなど、あらゆるテクノロジーを搭載。タフネスウォッチの完成形として、強さと美しさを兼ね備えています。

さらに最新のMRG-G1000シリーズでは、メタルケース史上初の耐衝撃構造とGPSハイブリッド電波ソーラーを搭載。GPS衛星電波と標準電波の2つの電波受信に対応し、屋外屋内を問わず世界中で正しい時刻を表示します。

新開発のクラッドガード構造では、時計の弱点とも言えるリューズ部分を強化しつつ小型化することに成功。素材は丈夫で軽量なチタンを採用しているため軽快な装着感で、金属アレルギーの人も安心して着用できる仕様となっています。チタンは二重硬化処理によって、一般的な純チタンの4~5倍の硬度を実現。長年使用していても輝きを保ち続けます。

https://www.ablogtowatch.com/casio-g-shock-watch-headquarters-visit-made-japan-cool-fun/2/

MR-Gをはじめとするカシオの高級ラインは、1979年に山形にて設立された「プレミアムプロダクションライン」にて製造されています。

最先端のエレクトロニクス技術と、熟練の職人技によって、世界に向けてメイド・イン・ジャパンの誇りを発信。細部までこだわり抜いた、ハイレベルな製品づくりが行われています。

MR-Gを愛用している有名人

https://www.dmarge.com/2014/08/mastering-art-rocking-oversized-watch.html

MR-Gは世界的にもセレブから評価の高いモデルですが、TV番組や映画などで有名人が着用する姿はキャッチされていません。

しかしGショック自体は言わずと知れた人気モデルなので、綾野剛さんや向井理さん、海外でもキアヌ・リーブスさんやデイビッド・ベッカムさんといった著名人が愛用しています。

Gショックの高級時計8選

CASIO(カシオ)MRG-G1000B-1AJR

■価格:324,000円

G-SHOCK最上級ラインMR-Gから、「赤備え」をテーマにした最新モデル。赤備えとは、具足などの武具や装飾を、朱塗りで統一した戦国時代の部隊のことです。

真田幸村や武田信玄など、武勇に秀でた武将が率いる精鋭部隊に用いられることが多い赤備えは、まさに強さの象徴とも言えます。このモデルでは、ベゼルの色埋め部分や都市コード、文字盤などの随所に「深紅(こきべに)」と呼ばれる日本の伝統色を配色。

GPSハイブリッド電波ソーラーやデュアルダイアルワールドタイムなどの先進の機能も搭載しつつ、Gショックのブランドカラーである黒と赤を組み合わせて日本の美意識の高さを表現しています。

評判・口コミ

届きました。
最高です。とても気に入ってます!!!!
MR-Gは本当にいいです。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)MRG-7600D-1BJF

■価格:120,900円

アナログ電波ソーラームーブメント「タフムーブメント」を搭載し、アナログとデジタルの両方の表示を兼ね備えたコンビネーションモデルです。

ホームタイム、ワールドタイム、デュアルタイムの3つの情報を表示できるのはコンビネーションモデルならではの特徴。タフな使用を想定し、傷が付きやすいベゼル部分には深層硬化処理とDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングが施されています。

アナログ表示とデジタル表示の特性を巧みに活かした、タフな男に相応しい1本です。

評判・口コミ

ぶつけたり水の中に手を突っ込んだりしようが平気かつ、電池も気にする必要もなく、オフィス内でつけていてもおかしくないビジュアル。
仕事の普段使いでこれほど使い勝手のいいものはないのではないでしょうか。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)MRG-7700B-1BJF

■価格:164,160円

コンビネーション表示を搭載しながら、ブラックのボディにダークグレーのインデックスや時分針を組み合わせたラギッドな雰囲気を醸し出すMR-Gです。

サイドボタンとバックビスを除くチタンパーツすべてに二重の硬化処理を施しており、圧倒的な耐久性を実現。メタル素材そのものの硬度が非常に高く、摩耗に強いのも特徴です。

世界6局の標準電波に対応したマルチバンド6を搭載し、ワールドワイドでの使用も可能。精悍でクールなデザインに仕上げられているのも魅力的です。

評判・口コミ

デザインは文句なし。
ビジネスでもカジュアルでも問題ないのが良い。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)MTG-S1000D-1AJF

■価格:78,429円

メタルと樹脂の特性を融合し、唯一無二のハイブリッドデザインを生み出してきたMT-Gの新型モデルです。

Gショック伝統の耐衝撃構造である中空構造を進化させた「コアガード構造」を新たに採用しているのが特徴です。

ステンレス製のベゼルと裏蓋を4本のパイプで接続。これによりケース全体がフレーム形状となり、樹脂性のインナーケースで守られているモジュールへ衝撃が届かない構造を実現しています。

さらに、パイロットの要望に応えるかたちで培われたタフネス構造「TRIPLE G RESIST」を採用し、徹底的に耐久性を高めています。

評判・口コミ

重量感があり、ごっつい時計です。どの場面においても、身に付けられるカッコイイデザインだど思います。

初めて時計を買いましたが、本当にいい買い物をしました。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)MTG-1500-9AJF

■価格:39,484円

アナログ・デジタルのコンビネーションムーブメントを採用したMT-G。

見切りカバーには樹脂面とメッキ処理面を組み合わせることで、随所にハイブリッドデザインが取り込まれています。機能性も抜群で、1/100秒ストップウオッチを搭載。

ケースからバンドまで全体的にエッジを効かせたデザインで、メタルの持つ美しさと男らしいタフネスデザインを融合しています。

評判・口コミ

ウォーキング時に時計が欲しくて買いました。
ゴムバンドは、汗など濡れた時の感触がきらいで
メタルバンドのコレにしました。
もちろん普段使いにもオシャレにもバッチリです。
久しぶりに気に入った時計を買うことができました。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)MTG-1200-1AJF

■価格:37,249円

1/20秒ストップウオッチ、ワールドタイム、タイマーなど実用的な機能を数多く備えたMT-Gです。

優れた視認性を誇るアルミ製の大型時分針や、ベゼルに配されたフロントのマイナスビスでGショックらしい力強さを表現。高輝度のLEDライトにより暗所でもはっきりと時刻を読み取れます。

無反射コーティングを施したサファイアガラスにゆがみの少ない輝きを放つザラツ研磨のボディなど、細部に至るまで品質にこだわったGショックです。

評判・口コミ

クロノグラフでいい時計を探してやっとこの時計に出会いました。ステンレス製で少し重い感じはしますが、慣れると良い具合です。
サイズも丁度良いし、デザインもよくすごく気に入ってます。

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)GST-B100XA-1AJF

■価格:73,400円

飽くなきタフネスとデザイン進化を追求するGショックの中でも、カーボン素材のベゼルを用いているのが特徴的な「G-STEEL」シリーズの1本。最先端素材である東レの炭素繊維「TORAYCA」と独自技術を適用した樹脂を組み合わせた素材により、耐久性に優れたベゼルを作り上げています。

ガラスには傷に極めて強く、クリアな視認性を誇るサファイアガラスを使うことで強さと美しさを両立。Bluetoothによるスマートフォンリンク機能を備えており、ワールドタイムは約300都市に対応しているほか、アラームやタイマー、針位置の補正、時刻入替など様々な性能を誇ります。

9時位置にはジェットエンジンなどのブレードからインスパイアしたディスク針を搭載。ストップウオッチと連動した回転表現やバッテリー残量、タイマーの残り時間をブレードの隙間から確認できるのもとてもユニークです。

ウレタンバンドは非常に肉厚で、裏面にはスポーティなパターンを施した2色成形仕様。アナログ表示によるクロノグラフの文字盤もパワフルな雰囲気を醸し出します。

評判・口コミ

スマホとリンクすると自動的に時間が合うので
時間を合わせるのが楽です

引用元:Amazon

CASIO(カシオ)GBA-400-1AJF

■価格:15,350円

ミュージックシーンをテーマにした「G’MIX」シリーズのGショックです。

Bluetoothにて専用スマホアプリと連携し、スマートフォンとの双方向操作を実現。ミュージックコントロールや楽曲の検索機能で、よりスムーズに音楽ライフを楽しむことができます。

例えばスマートフォンをポケットから取り出さなくても、腕時計のリューズを撚るだけでボリューム調整などが可能。スマホ側からも、アラーム時刻の設定やタイマーの設定など、日常生活に役立つセッティングを行えます。

評判・口コミ

海外など行った時などは、携帯と連動するので時間合わせなど非常に楽。気がつくと時間が現地時間に変わっていて便利

引用元:Amazon

 

まとめ

https://www.ablogtowatch.com/casio-g-shock-mt-g-mtg-s1000-watches-hands/2/

Gショックの高級ラインは、30代以上の男性はもちろん、スーツスタイルやジャケットスタイルにも相性抜群です。

タフでありながら落ち着きのある雰囲気で、コーディネートのアクセントになること間違いなし。使い勝手の良さや耐久性は、あくまでGショックのクオリティを維持しているのも魅力です。

パッと見ただけでは到底Gショックには見えませんが、よく見ると”G-SHOCK”の文字が刻印されていることから、「え、それGショックなの?!」という相手の関心を引き出せるのも楽しみの一つです。

オススメの関連記事はコチラ