記事更新日:

時計好きほど惹き込まれるラルフローレンの時計の魅力とは

広告

THE SAFARI COLLECTION(サファリ コレクション)

本格的なミリタリーウォッチを展開するシリーズです。

ラルフローレンは1980年代にアパレル分野でもサファリルックのコレクションを発表しており、デザインは当時のアーカイブから踏襲。正統派ミリタリーウォッチのテイストを大事にしつつ、独自の世界観も盛り込まれています。

カジュアルながら、さり気なく男らしさをアピールできるコレクションです。

SAFARI 39MM CHRONOMETER

https://item.rakuten.co.jp/kinokuniya1660/1-240001035880/

詳しく見る

 

※リンク先は中古品です。

サファリコレクションの中でも最もシンプルなモデルです。ヴィンテージ加工が施されたケースが、ミリタリーファン垂涎モノの味わい深さを携えています。黒を基調としながら、オレンジの秒針やオリーブグリーンのキャンバスベルトがアクセント。

 

SAFARI 50MM GRAND DATE

https://www.pinterest.jp/pin/348606827391681757/

詳しく見る

 

エイジング仕上げを施したブラックのステンレススティールケースに、ほのかな光沢を放つ文字盤、12時位置に大型の日付表示を備えたモデルです。6本のネジで固定された裏蓋も実に独創的。オフの日に着用したい腕時計です。

 

SAFARI 45MM CHRONOMETER

https://www.pinterest.jp/pin/668573507155076492/

詳しく見る

 

迷彩柄の文字盤で、ミリタリー色が強調されたモデルです。カジュアルな雰囲気ながら、ダークオリーブグリーンのアリゲーターストラップで高級感も漂わせます。

ビジネスでの着用はさすがに難しいですが、カジュアルシーンで重宝すること間違いなしの1本です。

 

THE AUTOMOTIVE COLLECTION(オートモーティブ コレクション)

オートモーティブ コレクションは、クラシックカーのデザインからインスパイアされた極上の美観を誇るシリーズです。

創業者ラルフローレン氏自身が所有する伝説的なヴィンテージカー「1938年型 ブガッティ タイプ57SC アトランティック クーペ」の意匠を腕時計で表現。ブランドとしては初となるオープンワーク(スケルトン文字盤)など、挑戦的なデザインが魅力を放ちます。

精度、スタイル、性能を究極の形で実現したラグジュアリーな腕時計コレクションが並びます。

AUTOMOTIVE 45MM CHRONOMETER

https://www.pinterest.jp/pin/336925615857652251/

詳しく見る

 

木目のサークルが文字盤に配置された独創性抜群のモデル。ポリッシュ&ブラッシュ仕上げのステンレススティールに、6本のネジで固定されたベゼルがヴィンテージカーを彷彿とさせます。デザインにこだわりつつ、高い視認性も維持した実用的な1本です。

 

AUTOMOTIVE 39MM

https://www.pinterest.jp/pin/158540849366235641/

詳しく見る

 

ショットブラスト加工を施したステンレススティール製のインド紫檀ベゼルで、ラルフローレンの腕時計デザインの看板を担いつつある名品です。まさにヴィンテージカーのハンドルのようなベゼルデザインで、唯一無二の存在感を発揮します。

 

AUTOMOTIVE 45MM SKELETON

https://www.pinterest.jp/pin/863002347319074474/

詳しく見る

 

ラルフローレンの腕時計の中で唯一のスケルトン文字盤モデルです。独創的なインド紫檀のベゼルに縁取られた文字盤から、精巧なスイス製ムーブメントの動きを堪能できます。

 

AUTOMOTIVE 45MM DOUBLE TOURBILLON

https://www.pinterest.jp/pin/A0lb_gAQAF8GDhgROq7Gbpc/

詳しく見る

 

複雑機構として名高いトゥールビヨンを2つ並べるという、世界を見渡しても限られた時計メーカーにしか実現できないような技術を搭載したモデル。ファッションブランドの枠を超えた、高級仕様の逸品です。

 

まとめ

https://professionalwatches.com/2015/07/review-ralph-lauren-rl67-safari-chronometer-39-mm.html

まだまだラルフローレンの機械式時計は、認知度が高いとは言えません。しかしだからこそ、周りの人とは一味違ったセンスをアピールすることができます。

品質はスイスの名門ブランドと肩を並べるレベルなので、長年にわたって愛用が可能。デザインも申し分なしです。

年を追うごとに評価が高まっていくことが予想されるブランドなので、今のうちから目をつけておいて損はないでしょう。

オススメの関連記事はコチラ