2019/03/14

誰もが憧れる「エルメスの腕時計」に秘められた魅力とは

https://www.pinterest.jp/pin/587930926327425747/

世界最高峰の皮革製品を扱うブランドとして名を馳せるエルメス。バッグや香水だけでなく、腕時計の品質に関してもトップクラスです。

誰もが納得するステータス性はもちろん、スイスメイドの機構や一流ブランドならではのデザインセンスなど、時計の総合点が非常に高水準。幅広いシーンで愛用できます。

ここでは、そんな「エルメス(HERMES)」の腕時計について紹介します。

エルメスの腕時計の解説

「馬具製品」を扱うブランドとしてスタートしたエルメス

https://www.pinterest.jp/pin/383439355768367856/

エルメスの創業は1837年。創業者のティエリ・エルメスが、フランスのパリで馬具工房を開設したのが始まりです。

馬具職人だったティエリ・エルメスは、優れた技術力で魅力的な馬具を製作。1867年にはパリ万博の馬具部門にて銀賞を受賞し、あのナポレオン3世や、ロシア皇帝から寵愛を受けました。1982年には、のちの「バーキン」の原型となる馬鞍を収納するためのバッグを手がけています。

馬から自動車の時代に突入することをいち早く察知したエルメスは、20世紀に入るとバッグや財布などのレザー製品へと事業を方針転換。この予見が見事に的中し、高級皮革ブランドとしての地位を確立しました。

エルメスの腕時計製造の歴史

https://www.pinterest.jp/pin/503277327090116356/

エルメスが最初に時計を制作したのは、当時主流だった懐中時計にレザーストラップを装着させた「ブレスウォッチ」です。1920年には本格的な腕時計製作にも参入し、ジャガー・ルクルトやユニバーサルなどスイスの時計メーカーと提携。1928年には「ベルトウォッチ」を発表しました。ゴルファー向けに製作されたベルトウォッチは、ウエストベルトのバックルに文字盤を隠すことで衝撃から守るという画期的な代物でした。

1978年にはスイスのビエンヌに時計製造のための子会社「ラ・モントル・エルメス」を設立。エルメス(HERMES)の頭文字である”H”をモチーフとした「Hウォッチ」やアルソー、クリッパーなどの名作腕時計で成功を収めます。

革製品や時計、ジュエリー、香水、食器に至るまでさまざまなアイテムが世界中で愛用されているエルメス。しかし現在でも馬具工房がルーツであること表す「四輪馬車」と「従者」のロゴを採用し、創業時の精神を受け継いでいます。

スイスメイドにこだわるエルメスの腕時計の特徴

https://www.pinterest.jp/pin/620089442417925763/

エルメスの時計の魅力は、やはり革の素材の美しさ。世界最高峰のレザーアイテムブランドだけあって、革ベルトの発色や質感は他に類を見ないほどの上質な雰囲気を備えています。

斬新なデザインも魅力のひとつで、名門のファッションメゾンらしい洗練された外観が人気を博しています。時計専門の子会社をスイスに設立するだけあって、製造技術の高さも見事なもの。エルメスが持つファッション性に、優れた耐久性と実用性がプラスされています。

「美しい作品には機能が伴っていなければならない」というのがエルメスの創業以来変わらないコンセプト。腕時計においても、その哲学が見事に体現されています。