2019/03/14

シチズンはコスパ最強!腕時計の常識を覆す独自の機能とは?

日本でもおなじみの時計メーカー「シチズン」。

海外の高級ブランドの時計にも負けない素晴らしいモデルも生産・販売されていますが、日本では今でも低価格で大衆向けのブランドというイメージが根強いように思います。

今回は、大人の男性がビジネスやオシャレにも活用できるシチズンの腕時計をご紹介します。

シチズンの解説

https://www.pinterest.jp/pin/184084703496158452/

「世界一の日本製腕時計」シチズンの歴史

シチズンは、大正時代に貴族院の政治家で時計商でもあった山崎亀吉によって1918年に「尚工舎時計研究所」として創業されました。1924年には欧米製工作機械を輸入し、懐中時計第1号「CITIZEN」が発売され、その技術力の高さが国内外に知れ渡ることとなります。

1930年には「シチズン時計株式会社」が設立され、戦中戦後の紆余曲折を経て、セイコーに次ぐ国内第二の時計メーカーとして大企業へと成長を遂げることになります。

戦後、腕時計の貿易が自由化されると、シチズンは米国ブローバ社と輸出入契約を結び、自社の時計を米国市場向けの販売を開始します。1973年にシチズン初のクオーツ式腕時計「クリストロン」発売、その3年後にはエコ・ドライブの原点とも言えるアナログ式太陽電池ウオッチ「クリストロン ソーラーセル」を販売します。

平成期に入ると、日・独・英の標準電波に対応した世界初の多極受信型・アナログ多針式タイプ電波時計を発売、2003年には時刻合わせ不要、定期的な電池交換不要の腕時計「エコ・ドライブ」搭載の腕時計を本格的にリリース。シチズンは世界一の日本製腕時計として、いまも進化を続けています。

https://www.pinterest.jp/pin/791507703234103617/

 

シチズンの特徴・こだわりとは

Citizen Signature Grand Touring Sport Watch Hands-On | aBlogtoWatch

https://www.pinterest.jp/pin/546554104752583507/

唯一無二の機能「エコ・ドライブ」

シチズンの技術力の高さを象徴する機能に、電池交換不要の「エコ・ドライブ」があります。

クォーツの腕時計にとって、何年かに一度の電池交換は必須です。数年に一度の作業とはいえ、時計の裏蓋を開けたり、慎重に電池を入れ替えたりする作業はわずらわしいもの。時計屋さんに電池交換を依頼すると、それなりの手数料がかかります。

シチズンのエコ・ドライブは内蔵されたソーラーセルが外からの光によって発電し、時計を動かす光発電技術です。部屋に置いておくだけで、普段から着用しているだけで、知らずのうちに充電されているので電池交換の必要がありません。

CITIZEN Eco-Drive EYES 3

https://www.pinterest.jp/pin/100064422943332825/

ソーラー充電システム自体は他の多くの時計メーカーも採用していますが、シチズンの凄みはソーラーパネルが一切文字盤に見えないデザインが採用されていることです。

まさにエコ・ドライブは時計の常識を覆す機能で、2014年には時計業界で初めて「エコマークアワード 金賞」を受賞しています。

https://www.pinterest.jp/pin/157766793179970003/

シチズンのこだわり「フルメタルケースの電波時計」

エコ・ドライブと同様に、シチズンは電波時計の開発にも力を入れています。それは1993年には世界の腕時計メーカーに先がけて、多極受信型電波時計をリリースしているところからも明らかです。

今では珍しくない電波時計ですが、シチズンが他のメーカーよりも一歩先を行くのは、フルメタルケースで電波時計を実現していること。

そもそも金属は電波を通しにくいという性質があるため、電波時計の外装には樹脂やガラスが使用されるのが一般的でした。

しかし、シチズンは他と全く異なるフルメタルケースを採用し、デザインを損なうことなくベーシックでシチズンらしい腕時計で人気を博しています。

アテッサ AT6040-58E [CITIZEN-シチズン腕時計]

https://www.pinterest.jp/pin/605382374881706103/

 

シチズンを愛用している有名人

シチズンはスイスの高級腕時計ブランドのロレックスやオメガと比べると、リーズナブルな一般大衆の時計というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、芸能界やスポーツ界では、シチズンの腕時計にこだわりを持ち、愛用している方がたくさんいます。ここでは、シチズンを愛用している有名人をご紹介します。

シチズンを着用している日本の有名人

  • プロ野球選手・イチロー選手……シチズン カンパノラ CTY57-1071
  • 日本テレビアナウンサー・桝太一さん……シチズン アテッサ AT3010-55E
  • シンガーソングライター・奥田民生さん……シチズン ワールドタイム クロノグラフ
  • 落語家・林家たい平さん……シチズン カンパノラ CTY57-1161

スポーツ界、音楽界、芸能界など幅広いジャンルの有名人がシチズンの腕時計を愛用しています。愛用者のタイプは、大人の落ち着いた雰囲気の男性に多いようですね。

いずれも、ブランドの知名度ではなく、こだわりを持つ方がシチズンの腕時計を愛用されているようです。

シチズン カンパノラ

https://www.pinterest.jp/pin/720787115335249161/

シチズンブランドアンバサダー 五郎丸歩選手

2016年より、シチズンのブランドアンバサダーにラグビー日本代表の五郎丸歩選手が起用されました。

2015年の世界大会で強豪中の強豪である南アフリカ代表を制し、一躍時の人となったことは、記憶に新しいところですね。

五郎丸選手が爽やかなシャツとシチズン アテッサを着用している「今を変えろ。」のポスター、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

シチズンは五郎丸選手をブランドアンバサダーに起用したのと同時に、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に初参戦する日本チーム「サンウルブズ」のオフィシャルチームスポンサーとして協賛することも発表しました。

トップアスリートとシチズンのコラボレーションからは、今後とも目が離せませんね。

いつも腕時計を身につけているという五郎丸歩選手

https://www.pinterest.jp/pin/386817055484264290/