記事更新日:

30代以上の男性は必読!フォーマルシーンにキメたい「ドレスウォッチ」とは?

http://tokeigasukinandesu.bex.jp/wp-content/uploads/2017/07/loads/2017/07/700×467.jpg

結婚式や祝賀パーティ、30代を過ぎるとフォーマルなシーンが増えて来ます。年齢的にもそこそこ数もこなし、服装は手慣れたものでしょうが、腕に着けている腕時計はTPOに合わせられていますか?現在のマナーでは腕時計までは言及されていないものの、出来る大人の男性であれば、腕時計にもこだわりたいところ。

ネクタイを締めて礼装で決めるシーンであれば、腕時計もドレスウォッチをお勧めします。今回はフォーマルなシーンで活躍するドレスウォッチをご紹介したいと思います。

紳士が選ぶ最良のドレス ウォッチとは?

http://www.everlastings.cn/?7777

ドレスウォッチとは?

http://blog.livedoor.jp/otakaraya_niigata/archives/cat_45889.html?p=2

ドレスウォッチとはドレスコードでいうと、フォーマル(礼装)、セミフォーマル(準礼装)、ビジネスアタイア(ビジネススーツ)で身に着けることを主とした、薄型のラウンドケースで2針や3針の革ベルトの腕時計を指します。

薄型が好まれる理由には、礼装のシャツの袖に美しく収まることと、アクセサリーとしての主張が控えめになることがあります。女性のドレスコードではアクセサリーを身に着けることも必須でありますが、英国などでは男性はもともと、アクセサリーを身に着けないことが当たり前であり、現在でもその名残でドレスウォッチは薄型で控えめなデザインであることを求められています。

日本では欧州ほどドレスコードに厳格ではないので、3針モデルやステンレススティールのケースを視野に入れても問題ありませんが、海外への訪問や海外出張が多く、フォーマルな場に出席することが多いのであれば、薄型の2針、ホワイトダイヤルの革ベルト、ケース素材は白色系のプレシャスメタルのモデルを選ぶことをお勧めします。

 

フォーマルなシーンには2針のドレスウォッチがおすすめ

http://www.buysela-japan.com/blog/brand-watch/

先ほども少し触れましたが、フォーマルなシーンであれば、2針のホワイトダイヤル、ラウンドケースの薄型、ケース素材はプラチナやホワイトゴールドでクロコダイルやアリゲーターなどの薄い革ベルトであればなおのことベストなドレスウォッチでお勧めです。2針が好まれるのは秒針がないことから「時間を気にしていない」と示す紳士としての作法からくるものです。

英国などではもともと紳士は腕時計はもちろん、結婚指輪すら身に着ける習慣がなく、フォーマルなシーンでは、アクセサリーとされる腕時計は控えめなことが望まれます。薄型の時計であれば、スーツのシャツにもおさまりがよく、ワニ革は薄い革で仕立てられますから、薄いベルトに仕上がります。

スマートで上品な腕時計はフォーマルなシーンでも主張せず、エレガントに手元を飾ります。それこそが真のドレスウォッチの良さと言えるでしょう。