2018/07/27

【15359文字】ウブロ(Hublot)をひたすら研究する記事【随時更新中】

ウブロの歴史と流行の理由

1980年にスイスでカルロ・クロッコによって創業されたウブロは、日本だけでなく世界中の有名人や著名人、スポーツ選手などが愛用していることで着実にその知名度を高めています。

ウブロとはフランス語で船の側面の「舷窓」を意味していて、デザインアイデンティティにもそれをイメージしたものを取り入れています。その斬新なデザインは個性を重んじる多くのセレブの間で話題となり、愛用者を増やしてきました。

特に一時期はタブーとまで言われたラバーズストラップモデルをいち早く投入したことで時計業界に革新をもたらし、クォーツ時代を打破するキッカケを作った立役者だと言っても過言ではありません。

 

▼ウブロHUBLOT 腕時計 ビッグバン44mmブラックマジックエボリューション

現在でもフュージョン(融合)をコンセプトに掲げた多くの時計を世に送り出しており、その影響力と知名度の高まりはとどまることを知りません。

 

・異端児扱いされたウブロのデザイン

スクリーンショット 2015-06-02 10.24.05

ウブロはスイスの新興時計メーカーの名称で、下火だった高級腕時計業界に旋風を巻き起こしたブランドとして近年、注目を集めています。

ウブロは創業が1980年代と比較的、新しい腕時計のメーカーで、スイスのニヨンという町でイタリア人のカルロ・クロッコが創業したことでその歴史をスタートしました。世界的な腕時計のショーとして知られる「バーゼルフェア」に出展したことで、その斬新なコンセプトと先進性が高く評価されました。

その独特なコンセプトと先進性は当時、クォーツの台頭で打撃を受けていたスイスの時計業界にとって大きな転換点となり、またたく間に老舗の時計メーカーを含めた多くの同業社を救うことに繋がりました。

しかし、ウブロのアイデアやデザイン性は当時のスイスでは異端扱いされていて、当初は老舗の時計メーカーや同業社から批判の的にもなっていました。

それでもウブロは流行の発信地として名高いイタリアを中心に、ファッション業界へと積極的に進出を果たし、アルマーニやベネトンといった多くのデザイナー達の支持を受けたのです。その結果、ウブロの名は爆発的な勢いで広まり、現在では世界中にウブロ愛用者が存在しています。

ウブロ「HUBLOT」とはフランス語で船の側面に設置された、採光用の丸窓を意味する言葉です。そのデザインの根幹にはウブロの名のとおり「舷窓」を彷彿とさせる重厚感や斬新さを取り入れており、その独特なデザイン性は世界中で多くのファンの心を掴んでいます。

 

・前例のない斬新なアイデアを生むウブロ

創業者のカルロ・クロッコはデザイナーとしても優れた才能を持っており、先例の無い斬新なアイデアを生み出し、その斬新なデザインで多くの有名デザイナーやファッション業界を虜にしました。

特に1980年代にカルロ・クロッコが創り出した、ナチュラルラバーストラップを付けたゴールドのウブロウォッチは時計業界では初めての試みで、多くの同業社に新たなインスピレーションを与えました。

つまり、創業者のカルロ・クロッコは時計業界で大きな成功を収めただけでなく、ウォッチメイキングの新たなスタイルのパイオニアとして、その名を世界中に知られることになったのです。