記事更新日:

【15359文字】ウブロ(Hublot)をひたすら研究する記事【随時更新中】

・スポーツ選手にもウブロは大人気

先にイタリアの名門で活躍するサッカー選手の長友佑都の名前を挙げましたが、ウブロを愛用する有名スポーツ選手はほかにも数多く存在します。むしろタレントや芸人よりもスポーツ選手の方が愛用者が多いと言っても過言ではありません。

ウブロはスポーティでカジュアルかつ高級感のあるデザインが特徴的な時計ですので、主にスポーツを生業としている人々に人気があるのは当然の結果だと考えられます。たとえばドイツで活躍するサッカー選手の清武弘嗣選手やイングランドの名門チーム、マンチェスターユナイテッドで活躍している香川選手、レーシングドライバーの小林可夢偉選手などもウブロを愛用するスポーツ選手として知られています。

・日本プロ野球界にもウブロ旋風!!

さまざまなスポーツ選手に愛用されているウブロウォッチですが、日本のプロ野球界でもウブロを愛用する選手達が続出しています。

たとえば読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手、坂本勇人や菅野智之、元阪神タイガースの第一線で活躍した強打者の金本知憲選手など多くの有名選手がウブロを身に付けています。また、大リーグに挑戦中のシアトル・マリナーズ所属の投手、岩隈久志もウブロを愛するプロ野球選手の一人です。

このようにウブロを愛する有名人や著名人は主にスポーツ選手に多い傾向がありますが、ウブロの斬新さや独創性に魅了され、その独特なデザイン性を持つ時計は職種やジャンルに関わらず、今もなお世界中でファン層を広げ続けています。

・HUBLOTの品質について考えよう

logoHublot1
伝統のあるスイス時計業界において、ウブロは誕生から30年に満たない浅い歴史しか持ち合わせていませんが、最近では日本国内でも超一流の腕時計しか扱わないアワーグラス銀座店でウブロの取り扱いが開始されたことが話題となっています。

そのため、ウブロは日本国内でもほかの超一流ブランドと比較してもまったく引けをとらないウォッチメイキングのクオリティを有しているという証明がなされたと言えるでしょう。事実、ウブロの品質は多くの愛用者に高い評価を得ており、その独創性や斬新なデザイン、先進性は世界中のファンを魅了し続けています。

確かにロレックスやオメガといったメジャーブランドに比べると、ウブロはまだまだその知名度は高くありませんが、多くの有名スポーツ選手や著名人、王族や王室関係者に愛され続けるのには理由があります。

ウブロウォッチは高級感を持ちながらスポーティでカジュアルな雰囲気を併せ持ち、斬新なデザインと独創性でその人気を確かなものにしてきました。しかし、外見的な要素とは別に時計としての機能性や品質も高く評価されており、高品質なウブロの時計を愛用する人は現在でも増え続けています。

 

・高品質なHUBLOTの腕時計は世界中で大人気!

Hublot-Pele-watch-3

ウブロの腕時計にはブランド名の由来となっている舷窓の丸窓をイメージしたかのようなデザインが節々に見て取れることがありますが、どのウブロウォッチも高度で魅惑的なデザインに仕上がっており、その独特なデザインに惹かれてウブロウォッチを選ぶ人は後を絶ちません。

舷窓という無骨な丸窓をモチーフにしながらも、高級感を持たせつつ洗練されたデザインに仕上げられたウブロの時計は今もなお、世界中でその支持層を広げています。

 

・ウブロ社のコンセプトと品質へのこだわり

Jean-Claude-Biver-Chairman-of-Hublot

現在のウブロ社のCEOはジャン・クロード・ビバーという人で、その類稀なる経営手腕でウブロ社の更なる飛躍を手助けした人物として知られています。ジャン・クロード・ビバー氏が掲げるコンセプトはフュージョン、つまり「融合」で異なる素材を組み合わせた「ビッグバンシリーズ」を生み出し、ウブロの名をさらに世界中へとどろかせました。

現在でもビッグバンシリーズはウブロ社にとって主力商品のひとつとして扱われており、斬新なデザインと高い機能性、高品質なウブロウォッチを代表するモデルとして認知されています。特にウブロ社は時計を作る上での品質とコンセプトに重きを置いており、時計作りでは決して妥協しない姿勢はウブロ社製の上質な時計で見事に体現されています。

 

・ウブロが創業から現在までに築き上げた業績

高級腕時計ブランドのウブロは21世紀に入ってから、もっとも業績を伸ばした時計メーカーといっても過言ではありません。創業当時も革新的なアイデアとデザイン性で世界中を驚かせたウブロですが、2004年になって現会長のジャン・クロード・ビーバー氏がCEOに就任してからは、さらにその業績を伸ばしてきました。

ジャン・クロード・ビーバー氏がCEOに就任してから一年後、現在のウブロブランドの主力となる「ビッグ・バン」シリーズが発表された際は世界中が驚き、その先進性と独創性に魅了されました。大ヒットを記録した「ビッグ・バン」シリーズのお陰でウブロの業績は飛躍的に伸びていき、わずか4年間で売上を10倍にまで伸ばすという偉業を成し遂げたのです。

ジャン・クロード・ビーバーCEOは就任当初、4年間で売上を3倍にするという目標を掲げていたのですが、予想以上にビッグ・バンシリーズが大ヒットした為、ウブロの業績向上と共にその知名度は世界中に知れ渡ることになりました。

・ウブロの業績を上げたマーケティング戦略

ウブロはマーケティング戦略として、公式スポンサーを務めるFIFAワールドカップやNBAチーム、現代アーティストや音楽家、さらにフェラーリやさまざまなスポーツチームなどとパートナーシップを結ぶことで、その触手を多くの分野に広げました。

その結果、現在でもウブロの勢いは止まることなく広がり続けており、パートナーシップを結んだ企業やスポーツ関連の人々だけでなく、多くの有名人や芸能人など個性を重んじる人々からも愛され続けています。

これらのマーケティング戦略が功を奏し、多くの有名人や著名人、スポーツ選手が愛用することでメディアなどにも取り上げられる機会が増え、ウブロの知名度と人気は確実に高まっていきました。そしてウブロを愛用する有名人やスポーツ選手などの人々に感化された一般の人々もウブロを欲するようになり、結果としてウブロの爆発的な業績向上につながったのです。