2019/01/09

独創的なセンスをアピールできる「ポールスミス」の腕時計の真価とは

独創的なデザインで20〜30代の男性から絶大な人気を獲得しているポールスミス。さまざまなアイテムを展開しているこのブランドですが、腕時計に関しても例外はなくクラシックながらもひねりの効いたデザインで唯一無二の存在感を発揮しています。

日本やスイスの実力派メーカーがムーブメントの製造などを担っているため、品質も時計専業ブランド顔負け。安心して使えるクオリティだと言えるでしょう。

展開しているモデルも非常に多く、安定した精度のクオーツ時計や、本格的な機械式時計まで幅広いラインナップを揃えています。

今回は、デザイナーズブランドの大御所であるポールスミスの腕時計について紹介します。

ポールスミスの時計の解説

ポールスミスの時計の歴史

https://www.pinterest.jp/kevinfieldking/nice-watches-to-have/?lp=true

ポールスミスは、イギリス出身のデザイナーであるポール・スミス氏によって1970年に設立されたファッションブランドです。

元々は自転車競技のレーサーを目指していたポール・スミス氏ですが、不慮の事故により挫折。17歳のときに芸術の世界に魅せられたことがきっかけで、アパレルの道へと進みます。

https://www.pinterest.jp/pin/278167714462867846/?lp=true

1970年、ノッティンガムに最初の店をオープン。当初はマーガレット・ハウエル、ケンゾーなどのアイテムを扱うセレクトショップでしたが、70年代半ばあたりからオリジナルの商品を売り始めます。

次第にポールスミスの名はイギリス国内へと広がり始め、1984年に日本、1987年にはアメリカに進出。世界的に認められるデザイナーズブランドへと発展を遂げました。

スーツ、シューズ、財布など、ポール・スミス氏がデザインするアイテムは多岐にわたります。その中でも、腕時計は高い人気を誇るコレクション。ブランドのエッセンスを巧みに盛り込みながら、クラシックなデザインの腕時計を展開しています。

特徴・こだわり

https://www.pinterest.jp/pin/135037688798098389/?lp=true

ポールスミスの腕時計の特徴は、アイコニックなデザインです。

クラシックながら、どこか遊び心を加えるのがポールスミスのデザインコンセプト。腕時計本来の在り方を逸脱することなく、さり気なくポールスミスらしさを主張しています。

過剰に奇抜さを求めるのではなく、それでいてベーシックになりすぎない絶妙なバランス感が素晴らしいです。例えばインデックスや秒針、サブダイヤルなどワンポイントのみにカラーを挿し込むのがこのブランドのこだわり。

また、機能面に関しても日本製かスイス製のムーブメントを採用しているので、信頼のおける精度を実現しています。

愛用している有名人

https://www.pinterest.jp/explore/smiths-watch/?lp=true

ポールスミスの腕時計は、NYCの中山優馬さんがTBSドラマの『ぴんとこな』で着用していました。また、過去にはお笑い芸人の山里亮太さんもポールスミス製のクロノグラフを着用しています。

そもそもポールスミスは国内外問わず多くの有名人が支持しているブランド。デビット・ベッカム氏やミュージシャンのポール・ウェラー氏、国内では俳優の松田翔太さんなど、多くのセレブがポールスミスのアイテムを愛用しています。

腕時計を着用している姿こそキャッチされていないものの、愛用している有名人は少なくないでしょう。