2018/07/24

唯一無二の機能美を表現する「モーリス ラクロア」の魅力とは

https://www.maurice-lacroix.jp/WatchJp/EntryJp/Collection/masterpiece-3/Id/masterpiece_square_wheel-337.sls

周りとはひと味違う雰囲気を醸し出したいなら、モーリス ラクロアがおすすめです。

ムーブメントから自社で一貫製造するマニュファクチュールならではの自由度の高さがこのブランドの強み。他にはない革新的な機構で唯一無二の機能美を表現しています。

今回はスイスの名門ブランド、モーリス ラクロアの魅力について紹介します。

モーリス ラクロアの解説

https://www.pinterest.jp/pin/557742735087974489/

モーリス ラクロアとは?

1889年、スイスのチューリッヒでデスコ・フォン・シュルテス社が設立されたのがこのブランドの始まりです。高級時計販売に参入したのは1946年で、極東地域を中心に名を馳せます。

スイスのセイネレジェの時計工房にて本格的に高級腕時計の制作を開始したのが1961年。そして14年後の1975年、「モーリス ラクロア」名義で初となる時計が販売されました。

時計業界に長く関わってきたノウハウを生かし、ブランド設立からわずかな期間で販路を拡大。1983年にはヨーロッパ全域に、1989年には日本や香港などのアジア市場でモーリス ラクロアの名が知れ渡ることとなりました。

https://www.pinterest.jp/pin/190628996701682239/

時計開発の技術力も世界屈指のレベルで、ダブルレトログラードなどさまざまな複雑機構を備えた製品を展開。2002年頃には、スイスを代表するブランドの一つとしての地位を確立します。

モーリス ラクロアが大きく注目を集めたのが2006年のこと。初の自社製機械式ムーブメント「ML-106」を開発が世界的に話題を呼びました。

クロノグラフのムーブメントを自社開発できるブランドは、ロレックスやゼニスなど数えるほどしか存在しません。モーリス ラクロアは、自社の工房でクロノグラフムーブメント「ML-106」のデザインと開発に成功することで、マニュファクチュールブランドとしての実力を世界に示したのです。

「マスターピース・スクエアホイール」

https://www.maurice-lacroix.jp/WatchJp/EntryJp/Collection/masterpiece-3/Id/masterpiece_square_wheel-337.sls

2008年には機械式時計として初となる記憶機能を備えた「メモワール」を開発。2010年には画期的な四角いゼンマイを備えたモデル「マスターピース・スクエアホイール」を発表しました。

特徴・こだわり

https://www.maurice-lacroix.jp/KnowHowJp/MovementsJp.sls

革新的かつオリジナリティ溢れる時計開発がモーリス ラクロアの特徴。”成功とは終わりのない旅である”という哲学のもとに開発されるコレクションの数々は、独創的かつ熟練した専門技術で時計業界内からも高く評価されています。

一流と言われている高級腕時計ブランドでも、ムーブメントの製造に関しては外部の企業に発注するというケースは少なくありません。しかし、モーリス ラクロアでは熟練の時計師たちの手によってムーブメントを位置から製造しています。

秒針が漂うように時間を指し示すミステリアスセコンドや、スクエアホイールなどの独自の意匠は自社開発による技術力の賜物。機構だけでなくデザインも独創的で、「アイコン」や「レ・クラシック」「ポントス」などのレザーベルトにそなえられた”m”のプレートもその一つです。

モーリス ラクロアのコラボレーション

https://www.jamesedition.com/watches/maurice_lacroix/pontos/maurice-lacroix-pontos-s-chronograph-fc-barcelona-1054627

モーリス ラクロアは、業界の枠にとらわれない多彩なコラボレーションで注目を集めてきました。

ライフスタイル誌『Wallpaper』と2009年より行ってきた企画では、アリック・レヴィやパトリシア・ウルキオラといった世界的な建築家やデザイナーたちとコラボレーションを果たしました。

2017年末には、佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィス「ネンド(nendo)」とコラボレーション。モーリス ラクロアの人気コレクションのひとつである「Pontos」のデザインをイメージした壁掛け時計が制作されました。

「nendo × Maurice Lacroix」の壁掛け時計

https://www.urdesignmag.com/lifestyle/2017/11/15/nendo-pontos-watch-maurice-lacroix/

また、2014年からの3年間、世界最高峰のサッカーチームFCバルセロナと公式パートナーシップを締結。文字盤にチームロゴが配されたモーリス ラクロアの腕時計は、サッカーファンの心までも掴みました。

愛用している有名人

https://monochrome-watches.com/maurice-lacroix-masterpiece-double-retrograde-hands-on-price/

手に届く価格帯のものからハイクラスなものまで幅広いラインナップを展開するモーリス ラクロアですが、意外にもテレビや映画で有名人が着用しているのを見る機会は少ないです。

以前、テレビドラマの『BOSS』にて玉山鉄二さんが「マスターピース ムーンフェイズ(Msterpiece Moon Phase)」というモデルを着用していました。

モデル名のとおりムーンフェイズを備えたこのモデルは、夜の闇に雪が降り積もるような幻想的な文字盤デザインが魅力。トリプルカレンダー仕様で、6時位置に向かうにつれて表示が大きくなる日付ディスクはまるで三日月のようです。