2018/07/24

アンティークなおしゃれを身につける。懐中時計のおすすめブランドをご紹介

腕時計と比べて馴染みの少ない懐中時計。ポケットから取り出して時刻などを確認できる便利なアイテムです。機能性も去ることながら、そのファッション性は腕時計に勝るものがあります。

ですが馴染みの少なさから、懐中時計の存在は知っていても、あまり知識のない人がほとんどではないでしょうか。今回は懐中時計の歴史や使い方、おすすめブランドまで詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

懐中時計について解説

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/368098969525315563/

おしゃれなデザインや、高級感を感じさせる懐中時計。

ポケットウォッチとも呼ばれており、スーツやジャケットのポケットに入れて持ち歩き、使用する時計のことです。

懐中時計は見た目の美しさだけでなく、長い歴史や使い方など奥が深いのも魅力の一つです。ここからは懐中時計について詳しく掘り下げていきます。知識を深めて、より懐中時計を愛着のあるものにしていきましょう。

懐中時計の歴史を知る

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/132082201552290316/

懐中時計の歴史は非常に長く、1600年代の17世紀ごろにまで遡ります。その当時に懐中時計が使われていたという記録が残されているそうです。時計を作れる技師がごく少数であったことから、当時は一部の貴族たちが持つ高級品とされていました。

現在に残っている当時の懐中時計は、フランスやスイスで作られたものがほとんど。現在に比べるとその制度は非常に低く、初期の懐中時計は工芸品としての意味が大きいのが現状です。

18世紀に活躍した天才時計技師アブラアム=ルイ・ブレゲ。「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と呼ばれた彼が作り出したギミックを書く時計製造メーカーが採用し、世に懐中時計が広まりました。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/354517801900542532/

日本における懐中時計の歴史は、海外から持ち込まれたことが始まりでした。1879年に大野徳三郎氏が手工で作成したのが日本で初めて作られた懐中時計だと言われています。その後日本でも時計メーカーが立ち上がり、日本での製造や販売が始まりました。

腕時計の便利さに押され、20世紀に入ると徐々に懐中時計は姿を消していきます。ですが、日本の有名時計メーカーは懐中時計を原点にしているところが多く、わずかではありますが現在でも懐中時計の製造を続けているメーカーもあります。

文明が進み、どんどんと便利になる世の中ですが、懐中時計の魅力は変わらず多くの愛好家から愛され続けていると言えます。