2018/07/24

質実剛健ながらコスパ抜群の「オリスの時計」が人気の理由とは?

https://www.pinterest.jp/pin/373798837816222063/

「自分のお給料の範囲内で本格的なスイス時計が欲しい!」という人にとって、オリスは文句なしにおすすめできるブランドです。

長い歴史で培われた高品質な機構を搭載しながら、その品質に見合わない価格設定がこのブランドの特徴。優れたコストパフォーマンスで、多くのファンを抱える時計メーカーです。

ここでは、そんなオリスの時計の魅力について紹介します。

オリスの時計の解説

オリスとは?

https://www.pinterest.jp/pin/47991552263877265/

オリスは、スイスの時計専業ブランド。1904年、オリスはポール・カッティンとジョージ・クリスチャンがスイス北西部のヘルシュタインに工場を設立したのが始まりです。オリスというブランド名は、工場の近くに流れる小川にちなんで命名されました。

ブランドは瞬く間に成長し、1911年ごろには300人の従業員を抱える一大メーカーへと発展。1925年には懐中時計に合うブレスレットを開発し、腕時計の市場へも参入しました。

さまざまな革新的な腕時計を生み出すことで一流時計ブランドの仲間入りを果たしたオリスですが、中でも有名な分野がパイロットウォッチです。1938年に誕生したオリスのパイロットウォッチ「ビッグクラウン」は、これまでの腕時計にはなかったポインターデイト機能を備えていました。

■BIG CROWN

https://www.pinterest.jp/pin/240520436329561053/

ポインターデイトは、文字盤の外周に記された日付を針で指し示す機構。この当時、ディスク式の日付表示は動作が遅く、安定性にも欠けていました。ポインターデイトはシンプルな構造ゆえに安定性は抜群で、正確さを問われるパイロットウォッチに最適でした。このポインターデイトが評価され、オリスの開発力は注目を集めることとなったのです。

1965年には、当時最先端だった逆回転防止ベゼルや発行性インデックスを備えたダイバーズウォッチを発表。伝説のダイバーズウォッチとして人気を博したこのモデルは、50年後の2015年に復刻版がリリースされ、現在のオリスの代表作となっています。

長い歴史の中でさまざまな革新機構が生み出さてれおり、1997年に発表されたワールドタイマーでは、ケース側面にあるプラス・マイナスのボタンを押すことによって、1時間刻みで前後に時間調整ができる世界初の機能を備えていました。オリスは革新的な機構の開発と普遍的なデザインを両立させながら、スイス時計界で確固たる地位を確立しているブランドです。

本格機械式時計ながら現実的な価格設定を維持するのがオリスのこだわり

https://www.pinterest.jp/pin/95560823323163416/

オリスの腕時計は、本格的な機械式時計ながら販売価格をできる限り抑えているのが特徴。「真のスイス製機械式時計」を企業理念の一つに掲げ、他にはないコストパフォーマンスを実現しています。

単純な高級時計よりも、本格機械式時計を手頃な価格で作り上げるのは至難の業。しかし、日常生活での使用を想定した比較的廉価な機械式時計を製造するのがオリスのこだわりです。

「4,000スイスフラン(約45万円)までの価格帯のスイス機械式時計の分野では、他の追随を許さない」「デイリーユースを目的として製作された最高品質基準」と公式ホームページで謳っていることからも、その信念が窺えます。

https://www.pinterest.jp/pin/413486809510247886/

ムーブメントへのこだわりも見事なもの。タグ・ホイヤーやボーム&メルシエなど多くのスイスブランドと同じく、オリスもETA製の汎用ムーブメントを加工して自社製品に採用しているブランドです。しかし、その品質はもはや”オリジナル”とまで呼べるレベルまで改良が加えられています。さらに。創業110周年にあたる2014年からは、完全自社製のムーブメントも製作しています。

ケースバックから鑑賞できる「レッドローター」はオリスのムーブメントならではの意匠。2002年からオリスのトレードマークとして採用されており、”手が届く金額で実用的な機能を備えた高品質時計”というオリスの哲学を表しています。