2020/09/07

質実剛健ながらコスパ抜群の「オリスの時計」が人気の理由とは?

愛用している有名人

■Artix GT 735 Day Date

https://www.pinterest.jp/pin/596234438141650089/

飛び抜けた高級時計というわけでもなく、それでいてチープなイメージでもない。つまり、平均的な収入のビジネスマンがこだわりを持ちたいときに選ばれるのがオリスというブランドです。

気取りすぎていないというのがオリスの魅力の一つなので、TVドラマでも多くの俳優が着用しています。

『ダメな私に恋してください』では、ディーンフジオカさんがオリスの「レクタンギュラー デイト」を着用。『MONSTERS』では、山下智久さんがスポーツモデルの「Artix GT 735」を着用しています。

人気のダイバーズも数多く登場しており、『逃げるは恥だが役に立つ』で大谷亮平さんが、『かもしれない女優たち2016』で藤木直人さん着用するなど、色気のある大人の男性に似合う時計として認知されています。

オリスの時計の評価

https://www.pinterest.jp/pin/428545720786795201/

オリスは創業から100年を超えるブランド。品質の高さは歴史が証明しており、時計好きやマニアからも高い評価を獲得しています。

時計愛好家の中にはETAなどの汎用ムーブメントを認めない層も存在しますが、近年では自社製ムーブメントを手がけていることもあり、特に目立った悪評もありません。

もちろん「庶民派時計」というのがブランドのコンセプトでもあるため、高級志向の人が求めるものとは少し違うでしょう。また、デザイン面では良くも悪くも優等生的なデザインなので、派手さや奇抜さが欲しい人には物足りないでしょう。

堅実でクラシックなところがオリスの魅力なので、時計初心者はもちろん、時計愛好家からもファンの多いブランドです。

オリスの定番シリーズ紹介

DIVERS(ダイバーズ)

1965年に発表されたオリス初のダイバーズウォッチを現代に蘇らせたシリーズです。

クラシックなデザインはそのままに、機能は最新鋭のものにアップデートしています。

ダイバーズ65 デイト 73377074035R

ブラックとブルーの文字盤が特徴的な1本です。

上下左右のアラビアインデックスがとてもキャッチーなデザイン。秒針の形状も時代を感じさせます。

ヴィンテージな見た目ながら10気圧防水で機能性は充分。40mmというケースサイズも大きすぎず、手首の太さを選ばないサイズ感です。

ストラップはラバー製なので、海やアウトドアでガシガシ使えるのもポイントです。

ダイバーズ65 733.7720.4055M

青の文字盤とブラックの逆回転防止ベゼルの対比が美しいダイバーズウォッチです。

インデックスや時分針はレトロなイエローカラーで、1965年当時の雰囲気を忠実に再現。風防はかつてのフレキシブルガラスからサファイアクリスタルガラスへとアップデートされており、耐傷性が比べ物にならないほど進化しています。

内面に無反射コーティングを施しているため視認性に優れているのも特徴。

AQUIS(アクイス)

都会的で洗練されたデザインのダイバーズウォッチシリーズです。

高性能素材と実用的な機能を兼ね備え、幅広いシーンで着用できます。

オリス アクイス スモールセコンド デイト 743 7733 4135R

46.0mmの大型ケースを備えた力強いダイバーズウォッチ。

復刻モデルのダイバーズシリーズと異なり、ねじ込み式リューズなど現代の技術を採用しているためより防水性に優れているのが特徴です。

9時位置にはスモールセコンドを、6時位置には日付カレンダーを搭載。すっきりとした文字盤で時刻を確認しやすいのも魅力です。

アクイス チタン スモールセコンド デイト 74376647154R

ケース素材にマルチピースチタンを、バンド素材にシリコンを採用することで耐久性を高めながら軽量化を実現した逸品です。

9時位置のスモールセコンドにはシルバーのリングが備えられており、スタイリッシュなデザインとなっています。

立体的に造られたラグによって、手首のフィット感を高めているのもポイント。本格プロフェッショナル使用の500mという防水性も圧巻です。