記事作成日:

彼氏が可愛いと思う甘え方10選!逆にイラっとするNGな甘え方は?

大好きな彼氏だからこそつい甘えたくなることもあるのではないでしょうか。甘え方1つにしても「可愛い!」と言ってもらいたいものです。甘え方次第ではイライラさせることもあるので、気を付ける必要があります。この記事では、彼氏が可愛いと思う甘え方や逆にイラっとするNGな甘え方をご紹介します。思わず可愛くて胸キュンしそうな甘え方を身につけて、彼氏を虜にしてしまいましょう!

男性は女性から甘えられるのが大好き

甘えてくることを男性はどう思っているのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。実は男性は女性から甘えられるのが大好きです。彼女に頼りにされる人物でいたい、役に立ちたいという気持ちが強いため、甘えてくれることで自分を保つことができるのです。

逆にしっかりしていて男性に頼ることが苦手な方の場合は甘えることもしないため、「自分の存在価値って何なのだろう?」と疑問に感じてしまうこともあると言えるでしょう。寄りかかってしまうのは迷惑なのかと思ってしまう女性もいるかもしれませんが、男性にとっては幸せな時間なのです。

彼氏に上手に甘えられない原因とは?

彼氏に可愛く甘えたいけれど、上手にできなくて悩んでいる方も多いでしょう。寄りかかることで迷惑だと思われないか心配になってしまいます。原因を究明することで、どのように対処して良いのか理解できるようになるでしょう。彼氏に上手に甘えられない原因についてご紹介します。

原因①彼氏に申し訳ないと思ってしまう

寄りかかってしまうことで、彼氏に嫌われるのではないか、迷惑ではないだろうかという思いがあるため、申し訳ないという気持ちから、甘えることが出来なくなってしまう、というのが原因の1つに挙げられます。

甘えるというのは一方的にワガママを聞いてもらうような感覚になっているところもあるので、彼氏を頼ってみるという方向へ考えを変えてみましょう。

それでも頼ることがなかなかできないという場合は、「頼りにならないから言ってもらえない」と彼氏のプライドを傷つけてしまうことになります。あなたをしっかり受け止めてくれるので、申し訳ないという気持ちを捨てて、思う存分甘えてみることも大切です。

原因②彼氏に弱い自分を見せたくない

自分の弱い部分を見せたくないと思っている方は、甘えるのが苦手な傾向にあります。プライドが邪魔をして、弱い部分を見せたらおしまいだと思っているのです。

人に頼らなくても自分で何とかしなければいけないと自分に厳しい方もこのタイプだと言えるでしょう。時には弱い部分を見せた方が、彼氏は守ってあげたいと余計に思えるはずです。

原因③そもそも甘え方が分からない

人生で初めて彼氏ができた時は、何もかもが手探り状態ではないでしょうか。周りからいろいろとアドバイスをもらっても、「どうしたらいいの?」とわからないことだらけです。また、久しぶりに彼氏ができた場合も甘え方を忘れてしまっている可能性もあるでしょう。つい強がってしまい、かわいくない一面を見せてしまうこともあるのです。

彼氏が可愛いと思う甘え方10選

甘え方にはさまざまありますが、どのような方法を取ったら良いのか悩んでしまうことも多いでしょう。彼氏に可愛いと言われたら恥ずかしさもあるけれど、嬉しい気持ちでいっぱいになります。彼氏が可愛いと思う甘え方を10個厳選してご紹介していくので、試してみてください。

彼氏への甘え方①小さな事でも頼る

小さなことでも頼ると可愛さもアップします。男性は、頼られることがうれしいという生き物なので、どんなに小さなことでも良いので彼氏に頼み事をしてみてください。

いくら甘えるからと言っても、「アレを買って欲しい」「コレも欲しいな~」なんてねだるのは、ワガママだと思われてしまうのでしてはいけません。小さいことだとしても頼ってくれることに対して、彼氏は嬉しいと感じるはずです。

「彼女を守ってあげなきゃ!」という使命感が出てくるでしょう。何かをしてもらった時には、感謝の言葉も忘れずに伝えることが大切です。

彼氏への甘え方②素直に気持ちを伝える

素直に気持ちを伝えることは大切なことです。カップル間で嘘で塗り固められていたら、何を信用したらいいのかわからなくなってしまいます。思っていることを察して欲しいでは伝わりません。口に出して直接伝えることは、それぞれの気持ちを再確認することもできるのです。

彼氏への甘え方③拗ねながら我儘を言う

拗ねながらワガママを言う姿は可愛いと思うでしょう。相手が辛くなるようなことではなく、ちょっとしたワガママを言ってみてください。

相手の都合も考えながら、聞いてもらえそうなことを言いましょう。ほっぺを膨らませながらかわいいワガママを言う彼女を見て、可愛くてキュンとする可能性があります。

彼氏への甘え方④さりげなく裾を掴む

さりげなく裾を掴む仕草は王道とも言えるでしょう。甘えるという行為が恥ずかしくてなかなかできないという方には、人目を気にせずチャレンジできる方法なのでおすすめです。

デート中に公共機関を利用したり、人ごみではぐれそうになった時など、彼氏の裾を掴むチャンスはいくらでもあるので、ぜひ試してみてください。かわいい仕草に彼氏もドキッとするはずです。

彼氏への甘え方⑤不意にスキンシップする

スキンシップは愛情を表現するコミュニケーションの1つです。大好きな彼氏にスキンシップをするのは恥ずかしいかもしれませんが、ふいに二人きりになった時にに、彼氏の肩に寄りかかったり、ハグして胸に顔をうずめてみたりしてみましょう。かわいい彼女の姿にギュッとしたくなるはずです。

彼氏への甘え方⑥軽く束縛する

「今何をしているの?」「どこ行っていたの?」など束縛がひどいと窮屈に感じてしまい、彼氏にうっとうしいと嫌われてしまう可能性が高くなります。せっかく良い関係を築いているのに、甘え方を間違えてしまったら悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。

軽い束縛なら可愛いと思う男性も多く、女性同様愛されているという実感もわくのです。加減が難しいかもしれませんが、相手の表情も見ながら試してみてください。

彼氏への甘え方⑦上目遣いで見上げる

上目遣いは男性をドキッとさせる王道の仕草だと言えるでしょう。彼氏のことを上目遣いで見上げたら、思わず抱きしめたくなってしまうはずです。

上目遣いを可愛く見せるのはなかなか難しいかもしれません。慣れていない方は、まずは鏡の前で練習することから始めましょう。どんな表情をして、角度で見上げたら可愛く見えるかを研究してみてください。

彼氏への甘え方⑧注文を任せる

一緒にご飯を食べに行った時は、注文は別々に頼んでいますか?それともあなたが彼の分もまとめて頼んでいますか?注文を店員に伝える場合は、彼氏に任せてみましょう。食べたい物を彼に伝えて、一緒に頼んでもらってください。ちょっとしたことでも頼られたことにうれしく感じるはずです。

彼氏への甘え方⑨悩んでいることを相談する

悩んでいることを相談するのも、甘える方法になります。悩みというのは本当に信頼できる相手にしかできないものです。自分の弱い部分を見せることにも繋がるので、彼氏を頼ることができます。

普段は強がっている女性でも、ふと弱い部分を見せつけられるとギャップにドキッとする男性も多いです。「守ってあげたい!」と思わせることができるようになります。

彼氏への甘え方⑩酔ったふりをする

自分から積極的にスキンシップを取ったり、甘えたりするのは恥ずかしいと思う方も多いかもしれません。お酒の力を借りて酔ったふりをすることで、簡単に甘えることができるでしょう。

泥酔までいってしまうとみっともないと思われてしまいますが、少し酔った程度ならセクシーに見えるものです。普段とは違う積極的な行動に対しても彼氏は戸惑うこともあると思いますが、ドキドキさせることもできます。

甘え方が分かったらシチュエーションにもこだわろう

さまざまな甘え方をご紹介してきました。どこでその方法を使うかも重要になってきます。シチュエーションによっては、彼の態度や行動も変わってくるでしょう。どのようなシチュエーションがあるのかをご紹介していきます。

シチュエーション①自宅

外出するのも良いですが、自宅でのんびりとまったりデートを楽しむのもおすすめです。二人っきりになれる空間なので甘え放題です。

見たい映画を一緒に借りてきて見たり、ゲームを楽しんだりと自宅でのデートを楽しみましょう。距離感も近くなりやすいので、彼の方に寄りかかったり、ふいにギュッとしたりなど、ここぞとばかりに甘えてみてください。

シチュエーション②映画館

映画館は隣の席と距離が近かったり、カップルシートもあり、さらに暗くなるため、シチュエーションとしては最適です。手をつないだり、肩にもたれたりすることができるので、ドキドキしながら甘えられる場所だと言えるでしょう。

シチュエーション③遊園地

遊園地はデートの定番とも言える場所です。大人になってからも、つい子供のように無邪気にはしゃいでしまいます。お化け屋敷はスキンシップを取りやすい場所なのでおすすめです。怖さのあまり自然と甘えることができるでしょう。

シチュエーション④個室スペース

飲食店での個室や車の中など個室スペースのある場所は、二人になれる環境でもあるので、甘えやすいのではないでしょうか。人目を気にせずスキンシップを取ることができるので最適なシチュエーションです。

彼氏にウザがられるかも?こんな甘え方は要注意!

どんな甘え方でもドキッとするわけではありません。間違えたら彼氏にウザがられて関係がうまくいかなくなってしまう可能性もあります。要注意ポイントをご紹介していくので、参考にしてみてください。

甘え方の注意点①彼氏が忙しい時は無理を言わない

彼氏が仕事やプライベートで忙しくて、まともに会うこともできないという場合もあるでしょう。寂しい気持ちも出てくると思います。しかし、彼氏が忙しい時は、彼女よりも別の方へ気持ちがいっているため、心にも余裕がなくなっている状態です。

それなのに自分の都合ばかりで甘えていたら、彼氏にうざがられてしまいます。無理を言わないで支えてあげることができる女性になりましょう。

甘え方の注意点②お金がかかることは頼まない

毎回会うたびに「買って欲しい」攻撃をすると、彼氏にはお金目的だと思われ、嫌われてしまうので気を付けましょう。例えカップルの関係だとしても、お金の絡むことはしたくないと思う方も多いのではないでしょうか。

ちょっとしたお願いなら可愛いと思えますが、おねだりばかりしていると、お金が欲しくて一緒にいるようなものになってしまいます。お金がかかることは頼まないようにしてください。

甘え方の注意点③お礼をきちんと伝える

自分からお願いしたことに対して、お礼を伝えないのは常識的にもしてはいけないことです。お礼を言えなかったら、もう頼まれごとをしても何もしてあげないと思う可能性が高いです。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、やってもらって当たり前という感覚は捨てて、ちょっとしたことでもしてくれたことがあったら感謝の気持ちを忘れないことが大事です。

またお礼を伝えるのと同時に、リアクションも大切です。何も反応がないと、「これで良かったのかな?」と彼氏も不安になって困ってしまいます。お願いを聞いてくれて嬉しいということも表情で表すようにしましょう。

甘え方の注意点④わざとらしくならないようにする

可愛く甘えることが大切ですが、わざとらしさが出てしまうと、「計画的にやってるな」ということがバレてしまいます。ブリッコやスキンシップが多すぎたり、オーバーリアクションなど誰から見てもわかってしまうような甘え方はしないように気を付けてください。

彼氏にわざとらしいと思われてしまうと、ドキッとさせることはおろか、嫌われてしまう可能性もあるので注意が必要です。自然な可愛さを引き出せるように頑張ってみましょう。

甘え方の注意点⑤彼氏にも甘えさせてあげる

自分は彼氏に甘えているのに、彼氏がそのような態度を取ると適当に流したりするのはNGです。自分は良くて彼はダメというのは勝手だと思われてしまいます。「俺だった甘えたいのに…」と悲しくなってしまうでしょう。

そのうち、あなたの頼み事も聞いてくれない可能性が高くなりますから、彼氏にも甘えさせてあげることが大切です。カップルの間では、お互いに思いやりの気持ちを持っていないと、関係が成り立っていきません。

現在、一方的にお願いを聞いてもらって、彼は相手にしていないという状況になっているのであれば、ウザがられたり嫌われたりする前に対処しておく必要があります。

上手な甘え方を駆使して彼氏の心を掴もう

彼氏に甘えたいけれど、恥ずかしさや、どうしたら良いかわからないことで難しいといった場合もあるでしょう。男性は頼りにされたい、役に立ちたいと思う方が多いので、ちょっとしたことでも頼られるとうれしいのです。

シチュエーションにもこだわって、上手に甘えてみてください。可愛い甘え方をいくつかご紹介しましたが、実行に移すまで勇気がいる項目もあるかもしれません。できることから始めてみてください。

また良かれと思って行った甘え方が間違った方法だという場合もあるでしょう。NGのやり方だと彼に嫌われてしまうのはもちろんのこと、良い関係を築いていても悪化してしまう可能性があるので注意してください。上手な甘え方を駆使して、彼氏の心を掴みましょう!

その他の関連記事はこちらから