記事作成日:

寝落ち通話とは?詳しいやり方や切るタイミングなど大公開!

スマホはコミュニケーションを取る際にも大切なアイテムです。寝落ち通話をして楽しむ方々も増えています。寝落ち通話とは何なのか、詳しいやり方や切るタイミングなどを大公開します!退屈だなと思ったら、どちらかが眠るまで会話を楽しむのもおすすめです。寝落ち通話を試してみたいという方は、参考にしてみてください。

そもそも寝落ち通話とは

寝落ち通話とは、電話で喋っている状態でどちらか一方が眠くなり、寝てしまって自然と通話が終了することです。

「おやすみ」などの挨拶もないまま終わってしまうため、「もっと話したいことがあったのにな」とモヤモヤした気持ちになることもあるでしょう。電話越しに伝わる声が安心するからこそ、眠りにつけるということもあるかもしれません。

寝落ち通話のやり方

寝落ち通話をしたことがないから、試してみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。寝落ち通話のやり方をご紹介します。いくつか手順があるので、覚えて楽しんでみてください。

やり方①相手を見つける

寝落ち通話をするには、当たり前ですが相手を見つけることから始めなくてはいけません。恋人が一番望ましいですが、難しければ別の相手を探すことになります。

もともと電話が嫌いな人、普段忙しくて夜も早く寝たい人は迷惑だと思われてしまう可能性があるので、避けた方が良いでしょう。理想の相手としては、電話やお喋りが好きな人です。

やり方②アプリを選ぶ

寝落ちするまで話をするというのは、長時間喋ることになり、ただ普通に携帯の通話機能で話をしていたら、電話代がかさんでしまいます「国内どこにかけても無料」などのオプションを追加している方は何時間電話をかけてもお金がかかることはないので、安心できます。

無料通話分がない方の場合は、行程の段階でアプリを見つけることが大切です。お金がかからずに通話できる基本的なアプリにはLINEがあります。LINE通話を利用したことがあるかもしれませんが、通話料金を気にせず、思う存分トークを楽しむことができるのです。

やり方③通話を始める

相手とアプリを選んだら、通話開始です。寝落ち通話はどちらか一方が寝てしまうまで続くので、出来るだけ眠たくなりそうな遅い時間帯に設定をして行うことをおすすめします。

また話をしている最中、ずっとスマホを手持ち続けるのは疲れてしまうでしょう。スピーカー機能をオンにしておくことで、ハンズフリーで会話することができ便利です。

同居家族がいるならイヤホンを耳に当てて会話をすると、誰にも迷惑にならず、どのような話をしているのかが第三者に伝わらないので、秘密を守ることができます。

寝落ち通話をする男女の心理

寝落ち通話を好んでしている方もいるでしょう。それにはさまざまな心理があり、普段なかなか寝付けない人でもこの方法を試すと安眠できるという方もいるかもしれません。寝落ち通話する男女の心理についてご紹介します。

寝落ち通話の心理①側に感じていたい

電話は離れていても好きな人の声を近くに感じることができ、安心するという方もいます。耳元で相手の声を聞くことで、寄り添ってくれているような気分になれます。

イヤホンでならより身近に感じ安心することができるのです。距離が離れていてもいつでも側に感じていたいという心理から、寝落ち通話したくなります。

寝落ち通話の心理②寂しさを紛らわしたい

夜になると1人でいるのが寂しいと思うこともあるでしょう。誰かと一緒にいたいと考えても誰もいない…そんな気持ちを紛らわすために、寝落ち通話をすることも多いです。実際に自分の側にいなくても、好きな人の声を聞くことで近くに感じられ、安心することができます。

寝落ち通話の心理③気持ちが落ち着く

1人でいることに孤独を感じて、ふさぎ込んでしまうこともあるのではないでしょうか。寝落ち通話をして好きな相手の声がスマホ越しから聞こえることで、揺らいでいた心が落ち着くのです。特に恋人や好きな人だとリラックス効果があって、自然と眠りについてしまいます。

寝落ち通話の心理④暇つぶし

遅くまで起きていると何もすることがないけれど、寝るのがもったいなくてなかなか眠りに入ることができないという方もいるでしょう。そういった方は、暇つぶしのために寝落ち通話をしています。

特に女性は話好きな方が多いので、たくさん語り合いたいと思うことも多いです。暇つぶしの相手になってくれるなら、好きな人や恋人じゃなく、同性でも歓迎なのです。お互いに眠たくなったら寝ればいいだけなので、それまでの間会話を思う存分楽しむことが可能です。

寝落ち通話を切るタイミングは?

寝落ち通話を行っていると、切るタイミングが難しいと思っている方もいるかもしれません。「返事がないし、もう寝たかな?」と思いながらも、まだ起きているのではと考え、なかなか切ることができないという場合もあるでしょう。どのようなタイミングで切ったら良いのかをご紹介します。

切るタイミング①基本はどちらかが寝るまで

切るタイミングは、基本的にはどちらかが寝るまでとなります。寝落ち通話なら途中で眠りについてしまっても、相手に文句を言われることもありません。もし自分ばかりがすぐ寝てしまうのであれば、その旨を伝えておくと良いでしょう。あなたが眠ったら切ってもらうようにお願いしておけば安心です。

切るタイミング②寝落ち通話をやめたい時の切り方

寝落ち通話をやめたい時、どう切り出せばよいのか悩んでしまうことも多いです。ここはただ「おやすみ」と一言伝えて切るだけでOKです。

相手はもっと話をしたいし、寝てほしくないと思うかもしれませんが、「もっと話そうよ!」と言われても、「もう眠いから寝るよ~!」で問題ありません。眠たいなら仕方ないと相手も思うので、意外とスムーズにやめることができるはずです。

寝落ち通話をする際の注意点

今までしたことがなかったけど、寝落ち通話してみたいなと思った方もいるのではないでしょうか。いくつかの注意点があるので、守りながら楽しんでみてください。

注意点①しっかり充電しておく

寝落ちするまでの間はその時々で違いますが、どちらかが寝ないと切らないので、電池がなくなってしまいます。途中で充電がなくなってしまったら、せっかく寝落ち通話しているのに落ち込んでしまいます。始める前には、しっかり充電してなくなることがないように、対処しておきましょう。

注意点②いびきを聞かれる可能性

相手よりも先に寝てしまったら、まだ電話は繋がったままなので、いびきを聞かれる可能性があります。

寝息ならかわいいですが、電話越しでもはっきり聞こえるような大音量のいびきをしてしまったら、顔を合わすのが恥ずかしくなってしまうでしょう。相手に引かれないようにするためにも、寝落ちする前に電話を切ることをおすすめします。

注意点③ものを食べない

ものを食べながら寝落ち通話をするのは避けてください。スマホ越しで物を食べながらクチャクチャ音を立てるのは、相手も不快な気持ちになってしまいます。

また、特に電話の場合は口に入れながら喋ったら聞き取りにくくなってしまいます。はっきり相手に声が届くようにするためにも、何も口に入れずに会話を楽しみましょう。

注意点④相手を起こさない

相手の方が先に眠りについてしまう場合もあります。例えもっと話したくても、明日仕事や学校が早いというのもありますし、寝る時間は自分で決めるものです。眠らないでほしいと無理やり相手を起こすようなことは控えましょう。

そのようなことが続けば、もう寝落ち通話をしてくれなくなる可能性があります。寝てしまったものは仕方がないと割り切って、自分も早く眠れるようにすることが大切です。

寝落ち通話で2人の距離を縮めよう

どちらかが眠るまで続く寝落ち通話ですが、寂しさを紛らわしたい、気持ちが落ち着く、暇つぶしなどの心理から行っている方が多いです。夜1人になると急に寂しさが出てきたり、誰かに寄り添って欲しい、側にいて欲しいと思うこともあります。

スマホ越しから聞こえる好きな人や恋人の声が身近に感じることができ、寝落ち通話したいと思うのです。基本的にはどちらかが寝たら電話を切っても良く、まだどちらも寝ていないけれどやめたいという場合は、「おやすみ」と伝えるだけで終了させることができるでしょう。

いくつかの注意点もあり、まずはしっかり充電しておくことです。楽しんでいる最中にいきなり充電がなくなってしまったらテンションも下がってしまいます。フルに入れておくことが大切です。

また自分が先に寝入ってしまったら、いびきを聞かれてしまうといった難点もあります。好きな人に知られてしまうのは恥ずかしいものです。そういった心配があるなら、就寝前に切っておくことが大切です。寝落ち通話で2人の距離を縮めましょう!

その他の関連記事はこちらから