記事作成日:

LINEを未読無視する理由や心理とは?スルーされた時の対処法を解説!

LINEを送ったのに既読にならずに、未読無視されてしまうことはありませんか?既読にならないことで、「嫌われてしまったのかな?」と不安が募ることもあるでしょう。未読になっているのは悲しいですが、それには理由があるのかもしれません。この記事では、LINEを未読無視する理由や心理、スルーされた時の対処法について解説していきます!

LINEの未読無視とは

ラインにおいて、「未読無視」という用語があります。具体的にはどのようなあり方のことを言うのか、詳しく見ていきましょう。

未読無視とはどういう状況?

未読無視は、すでに見たというマークがついておらず、文面を確かめていないような状況を指します。何らかの理由により、本当に中身を目視していないこともあったり、中身を確かめてはいるけれどレスしていない状況もあります。

未読のままでも通知をオンにすることで、ある程度の文章は読むことができます。すでに見ましたというマークをつけてチェックしてくれた方がしっかり見てくれていると実感するでしょう。届いているのに確かめることすらしてくれていない未読無視の方が悲しいと思う方も多数います。

既読無視との違いについて

未読の反対で、既読無視という用語があります。これは、読みましたというマークをつけてラインの内容を熟読しているにも関わらず、レスがないことを指します。

何か事情があって返せないというのもあり得ますし、レスしたくないこともあるでしょう。「読んでいるのにどうして?」とモヤモヤした気持ちになるかもしれませんが、様々なワケが存在するのです。

未読無視と判断する基準は?

「これは未読無視なのかな?」と判断する基準は、メッセージを開封していないまま2日以上が経過した時です。1日しか経っていない場合は、普段忙しい人ならすぐに目視してレスするのは困難でしょう。また既読にするタイミングを逃してしまったということも否定できません。

LINEを未読無視する理由や心理

確かめることなくスルーされると、「私何かした?」と悩むこともあるのではないでしょうか。いろいろなワケがあって未読のまま無視をしているので、あなたのことが嫌いになったからとは一概には言えません。ラインを未読無視する理由や心理についてご紹介していくので、参考にしてみてください。

未読無視する心理①やり取りが面倒

ラインでの交換が面倒なので、放っておいてる可能性があります。男性の場合、文字を打つという行為が面倒だと感じてしまい、話は会った時にすれば良いという考えの方も多数です。

やり取りについて思い出してみてください。しきりに行っているのであれば、頻度を減らすことをおすすめします。たまに送る程度なら相手の負担にならずに、送ってもらえるでしょう。

未読無視する心理②忙しすぎる

日々の生活が忙しすぎると、ラインが来ても見る暇がないことも多数です。特に、仕事が終わって自宅には寝るだけのために帰っているような方は、落ち着くまではスマホを手にすることができないとも言い切れるでしょう。

また、見る時間はあるけれどレスを返す時間はないということもあり、返せないのなら読まないようにしておいた方が良いという判断なのかもしれません。今は返せないけれど、落ち着いて余裕ができるようになったら、レスをくれる見込みも高いです。

未読無視する心理③交流したくない

残念なことに、交流したくないと思われているとも言えます。このままラインでの交換をして関係を続けていっても仲良くなる気持ちがないなら、未読のまま黙認して早急に関係を断とうとしているのです。

そのように思われてしまうのには、何かワケがあるのでしょう。言動や行動など自分に悪い点はなかったかを熟考してみてください。

どうして確認することなく知らんぷりされるのか理由がわからないなら、気づかないうちに相手を不快にさせていたのかもしれません。そこから挽回するのは大変なことなので、距離を取った方が良さそうです。

未読無視する心理④駆け引きをしている

駆け引きをしているために連絡を黙認する場合もあります。今までしきりに交換を行っていたのに、急に連絡が来なくなることもあるでしょう。

相手側からすると、「何でくれなくなったのかな?もしかしたら嫌われちゃったのかな?」と不安になってしまいます。心配させて、気を引こうとしているのです。もっと距離を縮めて今まで以上に仲良くなりたいと思っているのでしょう。

未読無視する心理⑤ブロックされている可能性

ブロックされている可能性もないとは限りません。ラインで拒否されている場合は通知がなく、開封されていない状態になっています。何通送ったとしても相手に届かないため、読んでもらえる可能性はないと言えるでしょう。

未読無視されやすいLINEの特徴

何だか確かめてくれていないし、開封されていないという悩みを抱えている方もいるかもしれません。そのようにならないようにするためにも、ラインの文面にも注意することが大切です。相手に反応してもらいやすいような文面を心がけてください。未読無視されやすいラインの特徴をご紹介します。

特徴①自己中なLINE

例えば、レスをしていないのに何回もしつこくラインをしてきたり、向こう側の事情もよく考えずに「いつ返してくれるの?」などと自分のことしか都合よく考えていないラインでは、ウザいと思われてしまい、放置しておこうと思うようになるのです。自分では自覚がないかもしれませんが、相手の気持ちも考えることが大切です。

特徴②中身のないLINE

自分の近況を報告したり、これはレスをしなくてもいいと向こうが判断するようなラインは、開封されずに放置されがちになります。

例えば、「今〇〇してるよ!」と自分が楽しんでいることを報告したいかもしれませんが、向こうにとっては「いいね」「そうなんだね」くらいしか返す文面が思いつかなく、どのように対応したらいいのか困惑してしまいます。

また、友達に教えることで特典がもらえるからと、アプリなどの招待状を送ったりするのは、ゲームに興味がない方にとっては迷惑にしかすぎません。中身のないラインを送りつけていないか確かめてみましょう。

特徴③長文で重いLINEが頻繁に来る

長文で重いラインがしきりに来る場合、どう対応したらいいのか悩んでしまいます。早く送ろうと思っていても、重たい文面なら真剣に頭を悩ませないと相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。ですから、どのように送ろうか考えているためにレスに時間がかかってしまうのです。

これならレスが期待できると思っていても、長文だと読むことが面倒になることもあり、あとでゆっくり見れる時でいいかと思われてしまいます。

未読無視された時の対処法

開封されず放置されて悲しい思いをしている方もいるのではないでしょうか。嫌われてしまったと思いがちですが、さまざまなワケがあり、必ずしも嫌われているとは限りません。もしも読まずに流された場合は以下のことを試してみましょう。既読がないままレスが来ない時の対処法をご紹介します。

対処法①メッセージの内容を工夫する

長々と文章を送りつけたり、一言だけだったり、メッセージの文面に問題はありませんか?向こう側がレスに困惑してしまうようなラインでは、放置される可能性があります。

答えようがない時は知らんぷりされることもあり、しっかり考えてからラインしなくてはというような文面なら、レスがくるまでに時間を要してしまいます。対処法としては、メッセージの内容を工夫してみてください。向こう側が困らないような文面にする必要があります。

例えば、疑問形にすれば答えなくてはいけないという気持ちにさせることができ、返答しやすい状況を作ることができます。また、動画や画像を使用して文章を考えるのも方法の1つです。動画や画像が貼ってあれば、どのようなのを送付してきたのかなと相手の興味をくすぐります。

対処法②気にせず待つ

読まれずそのまま放置状態になった場合、どうして連絡をくれないのかと不安に思ったり、悩んでしまうことも多々あります。しかし、あまりにも気にしすぎていたら、楽しめることも楽しくなくなってしまいます。今は何かしらの事情があって、交換できない状況に陥っているとも考えられるでしょう。

気にせず待つことも対処法の1つです。「どうしてレスしてくれないの?」と責めてしまいがちになりますが、まずは2~3日程度アクションを起こさずに気長に待ってみてください。

その間に連絡がきて、交換できなかったワケなどを教えてくれる可能性があります。あまり気にしすぎず、今あることを楽しんでおきましょう。

対処法③緊急の用事なら電話する

ラインを送ったけれど、なかなか連絡がないことで焦ってしまうこともあるでしょう。特に緊急の用事ですぐにレスが欲しい時はなおさらです。少し待ってみても、音沙汰がなかった場合は、電話してみることをおすすめします。

ラインは無料通話ができ、お金がかからないので便利な機能です。電話しても出ない時もあるでしょう。拒否されている状況だとも言い切れませんが、電話をするタイミングが悪くてたまたま出られなかったという場合もあるのです。

緊急を要するのに繋がらない場合は、共通の知り合いにその旨を説明して頼むことで、連絡を取ってもらうことができるでしょう。

対処法④送るタイミングを工夫する

ラインを送る時はタイミングも重要なポイントです。眠りに入っている夜中や仕事中などはレスをすることができません。後で暇になった時に返そうと思っていても、時間が経つと忘れてしまい、そのまま返答がないということにも繋がります。

連絡をすることができるタイミングを狙うことが大切です。例えば、起床後や仕事が終わった時がタイミングとしては最適だと言えるでしょう。

ちょうどスマホを手に取って見る可能性が高いです。自分の都合だけを考えて送るのは、向こう側を嫌な気分にさせてしまうかもしれません。相手の行動を考えてタイミングを図ることで、気遣いをしてくれているのだなと感じ、お互いに交換がしやすくなります。

対処法⑤共通の友人に相談する

開封されずに知らんぷりされる時は、連絡が取れないことを共通の友人に相談することも対処法の1つです。共通の友人に対してはスムーズに交換を行っている場合は、あなただけ拒否されている可能性があります。残念ながら嫌われていたり、距離を置きたいと思われていることもあるでしょう。

共通の友人に、仕事は忙しい様子なのか、体を壊していないかなど聞いてみてください。これらのワケがある場合には、音沙汰がないのも納得できるのではないでしょうか。

気長に待っていたら、連絡も来るはずです。長年の友人達なら相手の情報をたくさん持っているはずなので、いろいろと聞き出して見てもらえないワケを知りましょう。

未読無視に対処する際の注意点

既読にならずにスルーされた時は、さまざまな行動を起こして何とか連絡してほしいという気持ちが強いのではないでしょうか。対処する時には注意しなければいけないこともあるので、間違った方法を取らないようにすることが大切です。未読無視に対処する際の注意点をご紹介します。

注意点①追撃メッセージを送らない

既読にならずに音沙汰もなければ、どうしてなのかと来るまで送り続けている方は返事が来ないのはさまざまな理由があり、あなたの送られてきた内容に対してどのように送ったら良いのかわからなくて困っているという場合もあれば、忙しさからすぐには返せない場合もあるでしょう。

それなのに、何度もメッセージを送りつけてきた場合、「今内容を考えていたのに!」と不快な気持ちにさせてしまうこともあります。返事が来ないからと連続で送りたくなってしまうのも理解できますが、送り続けることはせずに、相手のことも考えて行動を起こすようにしましょう。

注意点②未読無視の仕返しをしない

開封せずにスルーされたからと、自分も同じことをしてやろうしてはいけません。やられたらやり返すというのは、大人としての対応とは言えないでしょう。仕返しをすることで自分の気持ちも晴れるかもしれませんが、仕返しで不安・寂しい気持ちを知ってもらおうとするのは難しいです。

見もせずに無視してしまったのは、何か事情があってのことでしょう。仕返しをすることでお互いに嫌な気分になってしまい、気まずい関係になることも考えられます。

2人の関係が悪い方向へと転がって行ったら、取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあるでしょう。良好な関係を築いていくためにも、お互いに嫌な気持ちになることは避ける必要があるのです。

注意点③重い長文メッセージを送らない

重い長文メッセージを送るのはやめましょう。スルーをされて文句も言いたくなるかもしれませんが、文句や悲しい心情などの文面を長々と綴っては、余計に関係を悪化させる事態となってしまうことも考えられます。

やり取りするのが面倒になってスルーしている場合、追い打ちをかけるかのように長文が送られてきたら、嫌悪感が募りそのままブロックされてしまう可能性もあるのです。良好な関係を築いていくためには、できるだけ短文で相手が書きやすい内容を選ぶことが大切です。

LINEを未読無視する心理を理解して上手に対処しよう

開封せずスルーされてしまった場合、嫌われているかもしれないという不安がよぎります。しかしさまざまな理由があり、関わりたくないとブロックされる場合もありますが、忙しい、どう送ればいいか悩んでいるなど嫌われているからとは言い切れない部分があるのです。

対処法を試してみることで、解決する可能性もあります。ラインを未読無視する心理を理解して、上手に対処していきましょう!

その他の関連記事はこちらから