記事更新日:

かまってちゃん男の特徴や心理を徹底解説!寂しがり屋な男性への対処法をご紹介!

人に気にかけてもらうことを強く望む「かまってちゃん」は、女性だけではなく意外にも男性に多く、その心理が理解できない人も多いようです。それに加えて彼氏がまさに「かまってちゃん」タイプだったら、どのように対応して良いか分からないこともあるのではないでしょうか?今回は、そんな「かまってちゃん」の気質のある男性の特徴や、「かまってちゃん」になってしまう原因や心理を探るとともに、寂しがり屋な男性の対処法を徹底解説していきます。

そもそもかまってちゃんとは

周囲の人から面倒な存在だと思われる人物に「かまってちゃん」が存在します。この「かまってちゃん」は、周囲の人から自分だけ特別な存在に見られたり、「すごい」と言って褒められることを強く望む、云わばナルシストとも言える特徴を持っています。

さらに、周囲の人からの印象はあまり良いものではなく、「面倒な人」「わずらわしい性格の持ち主」「女々しい男」などと思われています。そのため、面倒なかまってちゃんの男性と深く関わることによって、自分に不利益を被る恐れもあることから、敬遠される存在であるとも言えます。

自分への承認欲求が他の人よりも強い「かまってちゃん」タイプの男性は、少々クセの強い人物であると言えるでしょう。何よりも本人が自分自身のことを「かまってちゃん」であることに気付いていない時点で、周囲の人に大きく悪影響を及ぼすことがあるため、付き合う時は十分注意が必要です。

かまってちゃん男の裏に隠れた心理とは

「かまってちゃん」の男性は、実は思わぬところに多く存在していると言われています。しかし、なぜそのような人物となってしまうのか、疑問に感じる方も少なくありません。

さらに、かまってちゃんがの心理状態や、心の中でいったいどのような思いを持っているのと気になる方も多いのではないでしょうか?「かまってちゃん」になってしまうそもそもの原因、また、内に秘める心理状態を詳しく探っていきましょう。

かまってちゃん男の心理①自信がない

自信に満ち溢れ、誰もがうらやむ素質を持ち、気品高く順風満帆に幸せな生活を送っているように見える男性でも、自身の心の内では、人に自信を持って自慢できるようなものを何一つ持っていないと感じているのです。

自分に特技がないなど、人よりも長けたものを持たないことから、他の誰よりも自信のなさを痛感しているとも言えます。そのようなタイプの男性が、まさに「かまってちゃん」であると言えます。

中には、自分自身の自信のなさを全面的に周囲の人へ知ってもらおうと、あえて行動に移すタイプのかまってちゃんもいます。一方で、本当は自分に自信がないということを素直に口に出してしまうストレートな意思表示を行うかまってちゃんもいます。

このように、実は周囲の人が思うほど自信に満ち溢れた存在ではなく、いつも自分に対して自信がないために、自分に目を向け、手をかけてほしいと強く求めているのです。

かまってちゃん男の心理②寂しがり屋

「かまってちゃん」は一人ぼっちでいることを不安に感じるという特徴を持っています。それでいて寂しがり屋な性格の持ち主です。そのため、大人数で集まっているような場面でも、仲間内で会話に入れない時は、単に自分の思い込みによって一人孤独感に襲われてしまうという特徴を持っています。

また、一人で過ごすことに不安感を持つだけではなく、常に人が自分の周りにいるという環境を強く望んでいます。そのため、周囲の人から「面倒な人物」「あまり付き合いたくない」などと思われています。実際、そのように思われているということ自体、本人が気付いていないというケースが目立ちます。

かまってちゃん男の心理③コンプレックスがある

自分のことを理解していない「かまってちゃん」の男性は、いつもどんなことに対してもネガティブに考える傾向です。これは、「かまってちゃん」特有の性格であり心理状態だと言えます。

実際、見た目と中身が一致しない人物が大半で、ビジネススーツに身をまとい、誰が見てもできるオトコであっても、中身は自分に自信がない上、何らかのコンプレックスを抱え、日々生活しています。言い換えるととても小さくちっぽけな男であるとも言えます。

そのため、常に自分は他の人よりも劣った部分があると思い込み、ネガティブにしか考えられなくなっているのも「かまってちゃん」男が持つ特徴のひとつであり、心理状態であると言えます。

かまってちゃん男の心理④誉めてほしい

自分一人で物事を解決する中でも、周囲の人に対してオーバーに反応してもらいたいと大きな期待を持っているのが「かまってちゃん」です。

そのため、大きなプロジェクトを成功させた暁には、「すごいね!」「〇〇さんしかこの仕事はできないですね!」「素晴らしいです!」など、オーバーに誉めてもらうことを期待しています。

実際、誰でも成し遂げることができるようなビジネスであっても、かまってちゃんに接する時は、人よりもオーバー気味に誉め称えることで、相手を満足させることができるのです。

そうすることで、うまく次のビジネスへつながるだけではなく、本人の機嫌取りにもなり、かまってちゃんの心理を十分に満たすことができるのです。このように、面倒な人だと多くの方が感じている「かまってちゃん」への対応として適切なのは、オーバーに誉めることだということが分かります。

かまってちゃん男の特徴【性格】

「かまってちゃん」タイプの男性は、いったいどのような性格なのでしょうか?次は、「かまってちゃん」の男性に共通している性格を5つ確認していきましょう。

特徴①傷つきやすい

精神的な弱さを持ち合わせる「かまってちゃん」は、物事に対してハッキリと白黒つけた言われ方をすると、プライドを傷つけられたと思い込み、何らかの行動を起こしてくる可能性があります。その行動は、陰気なものから大胆なものまで様々です。

そのため、ほんの些細な出来事が引き金となり、大ごとな裁判沙汰になることも少なくありません。とても傷つきやすいナーバスな一面を持ちながらも、自分のプライドを全面に押し出す傾向のため、面倒な事態へ発展させることを得意としています。それを本人は面倒だと感じていないのです。

これは周囲の人にとってはとても迷惑な話です。そのようなことを避けるためにも、「かまってちゃん」の男性には、あえて相手を傷つけるようなきつい口調や言葉遣いは避け、やさしくオブラートに包むような言い方をすることが大切なポイントになります。

あえてそのような行動を取らなければならない煩わしさもありますが、ここはグッと堪えて周囲の人がかまってちゃんの男性を上手にコントロールしていきましょう。

このように、多くの方が共通して「かまってちゃん」を面倒な存在であると感じている分、さらに手を煩わせるような事態に発展しないよう、周囲の人が気遣う必要があることが分かります。

特徴②自分が好き

自分を第一優先とし、誰よりも何よりも自分を一番と考えて欲しいことから、自然と自分で自分のことを「好き」だと感じているのが「かまってちゃん」です。その思いをアピールし、周囲の人を巻き込み、押し付けるという性格を持っています。

周囲の人からすると、過剰に求められることを迷惑に感じる方が大半で、様々な物事に同意を得るよう求められても、返答に困ることも多く、対応に困難を来してしまうことも多いです。そのため、自分を猛アピールするような場面に遭遇した時は、対応の際も十分注意しましょう。

特徴③気分屋

自分本位な考えを持つ「かまってちゃん」は、周囲の人と調和を取ることを苦手としています。これは、自分第一主義によって、周囲の人よりも自分が優位に立っているということを根底に思い、過ごしているからです。

そのため、自分自身の感情を上手くコントロールすることができず、毎日の気持ちや気分が浮き沈みしやすい傾向です。周囲の人は、このような行動に振り回さがちで、多大な迷惑を感じていると言えます。その結果、かまってちゃんの周囲には、気付けば人がいなくなってしまう可能性があります。

特徴④すぐ言い訳する

完璧主義で自分は何でもできるという自意識過剰な「かまってちゃん」は、仮に自分が悪いと思っていても、自ら謝罪することはありません。これは、「自分は何も悪くない」「〇〇がそう言ったから悪い」などという気持ちを持っているからです。

そのため、結果が悪く出た場合でも、自分には責任がないことをアピールしてくる傾向です。その人そのものが「かまってちゃん」だと気付いた場合は自然と距離を置き、あまり関わりを持たないようになります。

もしもビジネスでの付き合いがある場合は、その場ではかまってちゃんを立てた接し方をしますが、プライベートでの付き合いは避けられる傾向です。

自分の非を認めず言い訳をしたり、常に誰かを悪者にする「かまってちゃん」は、本心をさらけ出すほど深い付き合いができる人も少なく、また、深い付き合いをしたいと思う方もあまりいないのが現実です。

特徴⑤嫉妬深い

いつも人と自分を比較し、誰に対しても「妬み」や「嫉妬心」を持つのがかまってちゃんの性格です。比較的ネガティブでマイナス思考の考え方なので、自分よりも目立つ存在の人がいると、自分の存在が際立たないため、相手に対して妬みや嫉妬心を積もらせてしまいます。

「かまってちゃん」タイプの男性と付き合っている女性は、このような嫉妬心の強さが恋愛にも垣間見られるため、それを面倒に感じる女性もいます。また、うまく付き合っていくためには、寛大な心を持ってかまってちゃんの男性と接することを心掛けると良いでしょう。

かまってちゃん男の特徴【恋愛】

続いては、そんな「かまってちゃん」の男性が恋愛をする時の恋愛志向についてみていきましょう。かまってちゃんと付き合う女性が持つ気持ちや心理状態も気になります。以下にかまってちゃんの男性の恋愛の特徴を5つ解説していきます。

特徴⑥恋愛にはまりやすい

時間があればいつも恋愛のことが頭によぎるのが「かまってちゃん」男性が持つ性格であり、特徴でもあります。そのため、彼女がいるかまってちゃん男性は、自分が何をしていても、いつも彼女が今、何をしているのかが気になるようです。

それほど恋愛をする自分をかっこいいなどと思い、そんな自分に魅了され、そして恋愛にどっぷりと浸かってしまうという特徴を持っています。

特徴⑦心配性

自分を自慢できる要素がないため、自信のなさが垣間見られる「かまってちゃん」の男性は、恋愛においても相思相愛の度合いをはかりたがる傾向にあります。そのため、仕事中であっても、何をしていても、彼女にLINEをひっきりなしに行い、相手の気持ちを確認しようとする行動が目立ちます。

今、彼女が何をしているのかが常に気になるほど、心配性な性格の持ち主であると言えます。時に休日などは何度も彼女に電話をかけることもあります。彼女を自分だけのものとして束縛したい一心からくる行動でしょう。

それが同性と交流していたとしても嫉妬心を抱き、心配のあまり彼女の行動を24時間監視するような奇怪な行動を取るようになる男性も少なくありません。

特徴⑧たくさんデートをしたがる

情熱的で理想的な恋愛を楽しみたいと思っている「かまってちゃん」にとって、彼女といる時間はとても大切だと感じています。そのため、四六時中一緒にいたいという思いから、たくさんデートをしたがる傾向です。

デートはお互いの気持ちと時間の都合がついたら二人でお出掛けを計画するのが自然な流れです。しかし、自分の思い通りにしたい「かまってちゃん」は、デートのタイムスケジュールを立て、その通りに行動しようとします。

計画通りにデートできたことに自己満足を覚えるのです。そのようなデートを窮屈に感じる女性も多く、あまりに重い恋愛に愛想をつかしてしまう方も少なくありません。

特徴⑨束縛する傾向がある

彼女がいるかまってちゃん、また、すでに結婚して共に生活する「かまってちゃん」は、相手を自分だけのものにしたいという欲求から、束縛する傾向があります。そして、彼女や妻を「自分のもの」だと勘違いしています。

それほど彼女や妻に対しての執着心が強く、周囲の人から気持ち悪い存在だと思われることもあります。そんな行動が奇怪であると本人が気付いていないため、束縛の火種はどんどんエスカレートしていくこともあります。

このように、かまってちゃんの男性からの束縛から逃れたいと感じる方は、付き合いを解消してお別れする、また、離婚に至るケースも目立つようです。

特徴⑩頻繁に別れを持ち出す

自分を最優先に、一番に見て欲しいという欲求を持つ「かまってちゃん」は、何の原因なく、頻繁に別れ話を持ち出す傾向です。自分に一目置いてもらいたいという思いと、自分に気を向かせたいという思いから、何度も同じ行動を取るようになります。

たとえば、デートの帰りにケンカした場合でも、LINEやメールで「もう別れよう」など、自分本位な意見で伝えてくることがあり、その対応を面倒に感じる女性がいます。

かまってちゃん男の特徴【LINE】

続いては、かまってちゃんの男性が「LINE」メッセージを送る時の特徴をみていきましょう。彼女に対してどんな思いを持っているかが分かります。

特徴⑪既読が付くのが早い

常にスマホを肌身離さず持ち歩く「かまってちゃん」の男性は、彼女からのLINEの既読が早いという特徴を持っています。そんな既読の早さは、彼女にとって、ゾッとするほど恐怖に感じることもあります。

LINEを送った側からすると、既読が早い=LINE上でも彼女への執着心が強いことを象徴していると感じるため、身の毛がよだつ思いをすることもあるでしょう。このように、LINEや彼女への執着心から、いつもスマホに意識を向けた生活を送っていることが分かります。

特徴⑫即レスする

さらに恐怖を覚えるのは、LINEのメッセージの既読スピードが早いだけではなく、その後の返信スピードも早く、常にスマホ画面を開いた状態であるということです。

このような奇怪な行動こそ、かまってちゃん特有のスタイルであり、周囲の人や彼女にとっては、疑問を感じるとともに恐怖に陥ることもあると言えるでしょう。

特徴⑬返信が遅いと拗ねる

彼女からのLINEの返信に時間がかかった場合、拗ねるという行動を取ります。これは、「自分を一番に見てほしい」「自分だけを大切にして欲しい」という欲求の表れです。

そのため、LINEが既読になった後、あまりに返信が遅いと、再び過剰にLINEメッセージが送られてくるようになります。ここまで来ると、さすがに彼女も呆れてしまうかもしれません。

特徴⑭プロフィール画像を頻繁に変える

自分に目を向けてもらえる人の数が多くなればなるほど、自分に注目してもらえることを知っているかまってちゃんは、あえて自分のプロフィール画像を頻繁に変え、タイムライン上でも通知するという行動を取ります。

プロフィール画面を変更したことが通知されれば、それに対してLINEでメッセージを送ってくれる人がいるかもしれないという期待感を持っています。そのため、上手にコントロールするためにも、一言良いコメントを送っておくと面倒な事態になることを避けることができます。

特徴⑮スタンプの量が多い

少々女っぽい要素も持ち合わせている「かまってちゃん」男性は、LINEメッセージを送信する際も、文章だけではなくマメにスタンプを活用するという場面が多く見受けられます。

しかも、無料スタンプならまだしも、必要以上に有料スタンプを多く持っているので、そのスタンプに対するメッセージやコメントも期待していることが分かります。自分の言葉でメッセージを入力し、保存できるスタンプなど、まさにかまってちゃんが愛用するLINEスタンプだと言えるでしょう。

かまってちゃんな男性への上手な対処法

「かまってちゃん」の男性と付き合っていくための上手な対処法を4点ご紹介します。自分の身近に、かまってちゃんタイプの男性かもしれないと思う人がいる場合や、自分の彼氏がまさにかまってちゃんであるとい方は、ぜひ以下の対処法を参考にしてみてください。

対処法①好意をスルーする

自分に対して好意を寄せてくれる「かまってちゃん」に気付いた場合、その好意を受け止めず、最後までスルーしてください。少しでも気があるような仕草や態度をとってしまうと、かまってちゃん男性は大きな勘違いを起こしてしまいます。

脈のある態度やサインは送らず、ひたすらかまってちゃんからの好意をスルーしていれば、そのうち何も言ってこなくなります。あえて何らかの言葉でお断わりをしてしまうと、自分に危害が及ぶ可能性があるため十分注意してください。

対処法②接する時間を減らす

一人でいることを寂しいと感じる「かまってちゃん」は、常に人に対して依存する傾向であることは冒頭でもお伝えしています。実際、かまってちゃんの男性に良かれと思い接していると、これまで以上に依存する気持ちが強くなり、依存された側の人が大きな負担を抱えてしまうことになります。

そのようなことを避けるためにも、かまってちゃんの男性とは近づきすぎることのないよう、程良い距離感を保ち、接する時間をあえて減らしていくようにしましょう。

そうすることで全面的に依存してくるという行動をかわすことができます。面倒なことにならないためにも、あえて近づきすぎないよう、自身の行動には注意してください。

対処法③親切に指摘してあげる

もしも自分にかまってちゃんの男性が近づいてきた場合、嫌顔をしたい気持ちも分かりますが、それを抑え、可能なら思い切って相手の悪い一面を伝えてあげてください。

周囲の人を不快に思わせるような存在だと思われている「かまってちゃん」は、本当のことを言ってもらえる人が周囲にいないという環境で過ごしています。そのため、自分の欠点や至らない点に気付きにくい傾向です。

だからこそ、周囲の人の気持ちが分からず自分本位な考えしかできずに、ずっとその場で足踏みしています。大きく気持ちや考えが成長しないのも、周囲の人にすでに呆れられているからでしょう。

そんな「かまってちゃん」にこそ勇気を出して、親切に至らぬ点を指摘してあげるのは、本人にとってもきっとプラスになることでしょう。

対処法④彼氏の場合は寄り添う姿勢を見せる

彼氏が「かまってちゃん」の場合は、あえて彼に対して寄り添う姿勢を見せてください。つまり、彼に対して自分は理解者であり、そして味方であることを伝えてください。そうすることでかまってちゃんの心が良い方向へ向く可能性もあります。

これまでかまってちゃんの至らぬ点を指摘する人が周囲にいなかったためにこのような結果を招いてしまったと言えます。ぜひこの機会に、正しいことをかまってちゃん男性に伝えるというのも必要なのではないでしょうか?

相手に寄り添う姿勢を見せれば、きっと人に不快感を与える「かまってちゃん」男性も、自分が変わらなければならないということに気付くかもしれません。

かまってちゃん男の心理を見抜いて上手に付き合おう

「かまってちゃん」の男性の特徴や、なぜ「かまってちゃん」になってしまうか、その心理を探るとともに、寂しがり屋な男性の対処法を徹底解説しました。彼女や周囲の人からしてもとても面倒な存在に感じる「かまってちゃん」には、様々な特徴があることが分かりました。

あまりに面倒なあまり、敬遠する方も多く、時には本人にその状態を改善してもらうことも必要です。恋愛の場面でも、かまってちゃんの男性が自分の性格や思いを改め正すとともに、周囲の人もかまってちゃんの男性の心理を見抜き、上手に付き合っていくようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから