記事作成日:

リーダーとは?求められる役割やリーダーシップがある人の共通点を解説!

会社の中で「リーダー」としてあらゆる業務を担い、会社に貢献する存在がいることをご存知ですか?このリーダーの存在によって、ビジネスの方向性が決まると言っても過言ではありません。今回は、この「リーダー」と呼ばれる存在に求められる仕事上の役割をはじめ、リーダーシップを持つ人がいったいどのような特徴を持っているのかご紹介します。「良いリーダー」として認められるために行うべきことまで徹底解説していきます。

リーダーとは?

ビジネスで存在する「リーダー」と呼ばれる人は、いったいどのような存在の人を指すかご存知ですか?この「リーダー」とは、ひとつのチームを取りまとめ、仕事を円滑に進めるために必須の役割を担う人のことを指しています。

特に仕事においては、ひと役買う存在であり、チームで一丸となり、目標に向けて前へ前へと進むために業務の管理から評価、さらに人材育成まで様々な業務を成し遂げています。

このように、チームのメンバーがその能力を最大限に発揮することができるよう、様々なサポートを行うなどあらゆる仕事を行うのが「リーダー」です。

リーダーに求められる役割

ここでは「リーダー」と指名された方は、業務においていったいどのような役割を担っているのか、以下に求められる役割について5つご紹介します。各役割についてそれぞれ詳しくみていきましょう。

リーダーの役割①目標設定

リーダーとして必ず行わなければならないことは、業務の成功を収めるために、チームがどのような方向性で仕事を進めていけば良いか、その目標を明確にすることが最大の業務だと言えます。

この目標設定を行うからこそ、一人一人がその目標に向かって意識を統一させ、ビジネスを成功へと導くことができるのです。そのためにも、必ずチームの心をひとつにまとめる意味でも確実な目標設定を行うようにしましょう。

リーダーの役割②みんなのお手本になる

チームのメンバーが心をひとつにしてプロジェクトを成し遂げていくには、リーダーの力量が重要です。そのためにも、自ら率先して行動を起こし、部下の模範になるよう努めることが大切です。

このようにリーダー自らが起こす行動によって、高い信頼性を得ることができる上、それぞれのメンバーが目標を達成する強い意志を持つことができるようになるのです。

また、リーダーが率先して行動することによって、メンバー全体に高いモチベーションを維持する効果を発揮することができるため、ぜひ先頭に立ち、模範となった行動を行うよう努めていきましょう。

リーダーの役割③メンバーの育成

リーダーはあらゆる業務を担うだけではなく、時に一人一人の人材育成を行うこともあります。同じチーム内に能力の差があるのは当然のことです。そこはそれぞれの経験値や持っているスキルが異なるからです。

しかし、そのような環境下でも、部下に適切なアドバイスを行い、手を差し伸べ、あらゆる知識を与えることによって、良い人材育成につなげていくことができるのです。

大きな目標を達成していくためには、一人一人の力が必要です。そのためにもリーダーの力量によって良いメンバーを育成し、目標達成に至った場合はチームのメンバーを高く評価するのもリーダーの役割であると言えるでしょう。

リーダーの役割④環境を整える

チームの中でメンバー全員がいつもモチベーションを高く持ち続けながら業務を円滑に行っていくには、リーダーが一人一人に良い環境作りを行うことが大切です。そして、いつも笑顔で働きやすく、楽しく業務を行っていくことができるよう職場の環境を整えていくことから始めてください。

そうすることでメンバーが持つ最大限の能力を発揮し、それが合わさることで強力な力となり、大きなプロジェクトも難なく成功を収めることができるようになるでしょう。

このように、自分に課せられたリーダーの役割をしっかりと行い、良い環境で仕事を行うことができるようにしていくことが大切です。

リーダーの役割⑤業務の管理

チームの中でリーダーとして前に立つ人材であれば、その分、その日その日の業務を徹底監視し、進捗状況や毎日のタイムスケジュールをしっかりと把握しておくことが大切です。一人一人の業務内容を把握し、しっかりと目標を達成できたかを判断し、評価することも行わなければなりません。

あまりに高い目標を掲げるのではなく、その人の能力に合わせ、確実に成し遂げることができるような業務を与え、管理していくようにしましょう。しっかりと1日の作業割り当てを指示し、スムーズな業務となるよう徹底管理を行ってください。

リーダーシップを発揮して慕われる良いリーダーとは

ここからは、会社の上司、同僚、チームから信頼される、リーダーシップのある「良いリーダー」として慕われる人にはいったいどのような特徴があるのか、以下にその特徴を5点ご紹介します。いったいどのような特徴を持っているのかそれぞれ詳しくみていきましょう。

良いリーダーとは①真摯に仕事に取り組む

リーダーとして認められるためには、仕事に対してどのような姿勢で取り組んでいるのか、日頃からどのような業務をこなしているかが重要なポイントです。本来、リーダーに最適だと言われる人は、何事においても真摯に取り組む姿勢を見せています。

また、目標を定め、確実にその目標を達成するための方法を考え、その考えに基づき業務を進めています。まっすぐな思いと真面目な行動によって、チームの中でも必要とされる存在だと感じられることも多いでしょう。

その業務に対する姿勢や考え方が同じチームのメンバーに伝わることで、より業務が善循環し、あらゆるプロジェクトを成功へと導くことができるようになるでしょう。

良いリーダーとは②コミュニケーションスキルがある

ひとつのチームでどのような業務を行い、仕事を割り振ることで最大のパフォーマンスを発揮することができるのかを考え、指示するのもリーダーの役割です。そのためには、チームのメンバーと円滑なコミュニケーションを取ることができなければなりません。

だからこそ、困ったこと、悩んでいることをチームの部下が気軽に相談することができるような雰囲気作りを行わなければ、一人一人の考えや感じていることを知ることができません。

しっかりと連携を取り、メンバー全員の心をひとつにして業務を遂行させていくことができるよう、自分のコミュニケーション能力を発揮していくことが大切です。

良いリーダーとは③決断力や判断力がある

仕事を円滑に、そして確実に成功を成し遂げるには、どのような状況下であっても、自分の考えで、善悪の判断を行うことができる判断力、そして、業務に関して瞬時な判断を下さなければならないシチュエーションに遭遇した場合でも、適切な決断力が求められます。

これらの場面に遭遇した時こそ、リーダーとしての能力が発揮されることになります。このように、とっさの判断力、そして、確実な決断力を持つ人材こそ、良いリーダーとして認められる存在だと言えるでしょう。

良いリーダーとは④統率力がある

物事を成功へと導くには、一人の力ではできないこともたくさんあります。チームがひとつになって力を合わせて初めて成功を勝ち取ることができることは世の中無数にあると言っても過言ではありません。そのためには、チームの全員をまとめる統率力が求められます。

良いリーダーにはこの統率力が備わっているため、いつもチームのメンバーをプラス思考へと導き、何に対してもチャレンジ精神を持つことができるよう前向きな考えを示しています。

このような統率力がある良いリーダーのもとで業務を行うことで、自分の技量を高めていくことができる上、知識も豊富に身に付けていくことができるなど、あらゆる物事が善循環していきます。

良いリーダーとは⑤誠実で謙虚

チームのメンバーでひとつの目標に向かって突き進んでいくには、メンバー全員と信頼関係を築き上げておかなければなりません。そのためにも、普段から人に対して謙虚な気持ちを持つこと、そして誠実に物事を行っていく姿勢で過ごすことを心掛けてください。

そうすることでチームの中で良い信頼関係を築き上げていくことができるでしょう。自分に余裕のない状態は、周囲の人にも悪影響となることも多く、そのような姿勢でいることは避け、常に誠実さを謙虚さを心掛けることが大切です。

良いリーダーになるために実践したいこと

それではここからは、良いリーダーとしてチームのメンバーや周囲の人に認めてもらえるよう、実践すべきことを以下に5点ご紹介します。どのようなことを行うべきか詳しくみていきます。

メンバーを信頼する

リーダーとして、メンバーの一人一人を信頼することは、強い絆、そして信頼関係を築き上げることができる一つの要素となります。また、一人一人の力を合わせてこそ、みんなそれぞれに信頼し合えるなど、不安感なく業務を行っていくことができます。

そのためにも、チームのメンバーが困っていたなら、どのようなことでも相談にのり、それに見合った解決策を提案するなど、チームを良い雰囲気、状態に保つことが大切です。そのためにも、メンバーのことを信頼し、仕事を任せてみてください。

そして時に手助けを行うなどサポートしながらみんなで一丸となる気持ちを持って業務を行っていきましょう。また、そのようなリーダーに高い信頼感を持つなど、チームの雰囲気もとても良くなります。仕事もよりやりやすくなり、良い環境で楽しく過ごしていくことができるでしょう。

部下の質問に答えられるよう思考する癖をつける

リーダーにまで君臨している存在のため、それだけ豊富な知識と経験を持っています。その分、部下からの質問にも的確な答えで対応することができるでしょう。不透明な解答ではなく、確実性の高い返答のため、部下からはとても信頼度が高くなると言えます。

このように、あらゆる質問、疑問に対して即座に正しい答えを伝えることができるよう、常に高い知識を得ておくための努力を行うことが大切です。

仕事の効率化を考える

良いリーダーを目指すには、どのように計画を立てれば仕事を効率よく進めていくことができるのかを考えることが大切です。そのためにも、必要なツールを作成し、利用するなど、誰もがスムーズな業務を行うことができるよう、あらゆる方法を選び、業務計画を立てるようにしましょう。

日常のコミュニケーションを大切にする

せっかくチームを組み、ひとつの目標に向かって業務を行っていくのですから、同じチームに在籍するメンバーとのコミュニケーションはより大切なものとなってきます。

そのため、しっかりと業務についてのコミュニケ―ションを取ることができるよう日頃から感じたことなどは必ず伝えるようにしましょう。

適切なタイミングで褒めて士気を高める

人によっては「褒めて伸びる」というタイプの人も存在します。そのため、良いリーダーは、自分のチームメンバーを褒めるということに優れた能力を発揮する人材が存在しています。

これまでの業務に対する姿勢や考え方を高く評価し、時にメンバーを褒め、士気を高めるることも良いリーダーとして持っておきたいスキルだと言えます。褒めることによってチーム全体の雰囲気も良くなり、モチベーションを高めていくこともできるでしょう。ぜひ実践してみてください。

リーダーシップを発揮するために役立つおすすめの本

この後は、仕事を行う中で、チームでリーダーシップを発揮するために役立ててほしい本を2種類ご紹介します。自分が今まさにチームでリーダーの役割を担っているという方がいれば、ぜひ参考にしてみてください。それでは1冊ずつどのような本の内容であるかご紹介します。

おすすめの本①『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』

経営理論を唱え、自身の経験と考えから、自分野直な気持ちを綴った「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」は、ぜひリーダーを目指す方に読んで欲しい1冊です。リーダーである以上、どのような知識を持つべきか、また、どのような態度で接するべきかを伝えています。

リーダーになりたいという目標だけではなく、自分の知識やスキルアップのためにも役立つ内容が盛り込まれているため、ぜひ自分のために読み進めてみてください。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

松下 幸之助
1,000円(08/12 20:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

おすすめの本②『人を動かす』

ビジネスの教祖とも言える「デール・カーネギーの著書に「人を動かす」があります。この「人を動かす」には、自分の自己啓発や人に対するスキルをまとめた1冊となっています。

また、人との信頼関係の必要性、親身になって接することによって得られること、そしてリーダーとして活動していくためのノウハウを紹介しています。自分が良いリーダーとして活動していくことができるよう、ぜひ参考にしたい著書だと言えるでしょう。

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

D・カーネギー
679円(08/12 20:21時点)
発売日: 2016/01/20
Amazonの情報を掲載しています

良いリーダーに必要なことを理解してリーダーシップを発揮しよう

あらゆる業務をこなし、様々な目標に向かって計画性のある行動を取ることができるリーダーは、仕事を円滑に進めていくためにも必要な人材です。特に、良いリーダーになるためにも、あらゆる努力が必要であることが分かりました。

自分を取り巻く環境に良いリーダーとして目標を掲げた時は、自分に必要になることを理解し、しっかりとリーダーシップを発揮して仕事を効率よく行っていきましょう。

その他の関連記事はこちらから