記事作成日:

「会社に行きたくない」はストレスの限界サイン?原因や対処法を解説!

https://www.pinterest.jp/

人それぞれ何が原因かは分かりませんが、「会社に行きたくない」と感じたことがあるという方は、社会人であれば必ず1度は経験していることではないでしょうか?しかし、毎日このような思いが続くのは、ストレスの限界のサインかもしれません。今回は、このように「会社に行きたくない」と感じる根本的な原因を探るとともに、それに対する効果的な対処法について徹底解説するとともに、おすすめの本を3種類ご紹介していきます。

会社に行きたくないと感じる原因とは

ここからは、会社に行きたくないと感じる根本的な原因を以下に7つご紹介します。もしも自分が会社に行きたくないと思っているなら、ここでご紹介する内容がそもそもの原因かもしれません。自分に該当するものがないかチェックしてみましょう。

会社に行きたくない原因①体の疲れ

毎日多忙な業務をこなし、日々定時で帰宅できるという訳にもいかず、身体が極限に疲れている可能性があります。単に疲れがたたっているために会社に行きたくないと感じているのかもしれません。その場合、自分の体調がよくなれば仕事への意欲も湧いてくる可能性があります。

会社に行きたくない原因②人間関係の悩み

会社に行きたくないと感じるのは、自分が配属されている部署など、自分を取り巻く環境の中で、人間関係の悪化がストレスとなっている可能性があります。人と人はそれぞれの考えを持っているため、意見の食い違いで業務が円滑に進まないこともあるでしょう。

それが原因で嫌味を言われることもあるかもしれません。中には故意に責任転嫁されることも少なくありません。このように、職場の人間関係が良いとは言えない環境であることも、会社に行きたくないと感じる主な原因であることが分かります。

会社に行きたくない原因③休み明けで気分が乗らない

週明けからの仕事を考えると、前日の夜はとても憂鬱な気分になる方が多いと言われています。特に月曜日からの業務内容を考えたり、職場の人間関係、対人関係など、様々なことを総合的に考えた時に、出社することを億劫に感じてしまうのです。

「明日から仕事か…」など、ふとした瞬間に感じる程度であれば問題はないと判断されますが、毎週末がくる度に同じことを考え、感じてしまうのは心身の疲れやストレスにつながる恐れがあるため注意が必要です。

会社に行きたくない原因④通勤のストレス

自分が勤めている会社が自宅から遠い距離にあった場合、電車を乗り継ぎ、通勤時間をかけて出社しなければなりません。特に朝は多くの方の出勤時間と重なる分、毎日満員電車に揺られることじたいをストレスに感じているのかもしれません。

最近ではリモートでの仕事を導入する会社も多く、出勤を抑え、勤務を行う体制へと変化しつつあります。しかし、すべての会社がリモートワークを行っている訳ではなく、その場合、長時間の電車移動で通勤時間が削られ、それがストレスとなっていることが分かるでしょう。

会社に行きたくない原因⑤仕事がきつい

偶然にも大きなプロジェクトを任された、あるいは責任ある業務をこなさなければならないなど、日々の仕事がきついと感じる場合、仕事に対する疲れやストレスが積み重なり「会社に行きたくない」と感じていると考えられます。

しかし、本人にとって会社を辞める覚悟はあっても、日々激務で時間に追われている分、思うように転職活動を進めていくことができず、結果的に辞められないまま、ただただ時間だけが過ぎていくことになるでしょう。

会社に行きたくない原因⑥仕事を評価してもらえない

一生懸命に努力をしていても、その努力が評価されることなく過ごしているため、仕事に対する楽しさを実感することができない場合、特に会社に行きたくないと感じる方が多い傾向です。

このように、自分が成し遂げる仕事を評価してもらえないために会社に行くことを躊躇する、あるいは行きたくないなどと感じてしまうことが分かります。

会社に行きたくない原因⑦仕事にやりがいを感じない

自分が向上心を持って取り組み、仕事にやりがいを感じていたら、率先して職場への軽やかなステップとなるでしょう。しかし、仕事にやりがいを感じられない場合、必然的に会社に行きたくないと感じる方も多いと言われています。

仕事は実践してみて初めて、自分にどのような職業が最適であるかを実感することができます。このように、仕事に対して強い思い入れや、やりがいを感じていない場合、会社に行きたくないと感じてしまうかもしれません。

会社に行きたくないという気持ちのまま出勤しない方が良い理由

会社に行きたくないと感じた際、無理に出勤を考えるはNGだと言われています。これは、会社に行きたくないと感じている人がその思いを持ったまま出勤してしまうと、業務を行う上で様々な支障をきたす恐れがあるからです。

では、実際にどのような理由があって会社への出勤を避けるべきだと考えられているのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

理由①ミスが増える

会社に行きたくないと感じている中で、その気持ちを持ったまま出勤してしまうと、どのような業務内容であっても、いつも以上にミスが増えてしまい、結果的にトラブルにつながると言えるでしょう。

また、業務が円滑に進まず空回りばかりを繰り返し、自分に自信を失い、仕事に対してやりがいを見出せず、やる気がなくなってしまうかもしれません。

理由②人間関係の悪化

自分が仕事に行きたくないと感じていたり、会社を辞めたいと感じながら仕事をしていると、その感情は周囲の人に伝わってしまい、必然的にやる気が見られないと判断されてしまいます。それが上司や同僚からの反感を買い、結果的に人間関係の悪化へとつながってしまうと言えるでしょう。

さらに、そのような自分の態度を指摘されることもなく、自由気ままで身勝手な行動を続けることで周囲の人から見放されるだけではなく、会社内で孤立してしまうなど、辛い状況に立たされてしまう可能性があるため注意が必要です。

理由③心が危険信号を出している可能性

毎朝目覚めた瞬間から「仕事に行きたくない」という感情を抱いた場合、それは自分の心に限界が訪れていることを表していると言われています。

自分の中で「限界」を感じていた場合、その気持ちのままで仕事を頑張ろうという姿勢を見せたり、一生懸命踏ん張らなければという思いを貫こうとするのは避けてください。

それを行うことで、却って自分の限界を超え、その後、精神面に異常を来す恐れがあるため十分に注意してください。しっかりと心が出す危険信号に自分で気付くことも大切なことだと言えるでしょう。

会社に行きたくないと感じる時の上手な対処法

では、「会社に行きたくない」という思いを抱いた時、その思いに対してどう対応すべきか、ここでは上手な対処法について以下に5点ご紹介します。

自分の中に少しでも「会社に行きたくない」という思いが芽生えたら、ご紹介する対処法で自分ができることから実践してみてください。どのような対処法があるかひとつずつ詳しくみていきましょう。

対処法①生活習慣を見直す

仕事が多忙なために帰宅が遅くなり、食事もままならず、また、翌朝の出勤時間も早いなど、必然的に睡眠時間も十分に取れずにいる方も多いのではないでしょうか?この状態が毎日続くとなれば、どうしても仕事に行くことが億劫になってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、生活習慣を改善することから始めてみてください。正しい生活習慣を送ることで仕事へのストレスを軽減させ、仕事に行きたくないという思いにならずに過ごしていくことができるはずです。

対処法②仕事に対する見方を変えてみる

何が何でもすべての業務を自分が担うなどという使命感が強ければ強いほど、自分を窮地へ追い込んでしまう恐れがあります。そのような状態でいると自分の心に負担がかかり、その場から逃げ出したくなってしまうかもしれません。

そのような思いになることのを避けるには、自分が行った仕事は会社にとっても、共に業務をこなすメンバーにも貢献しているとプラスの考えを持つようにしてください。このように仕事に対する見方を変え、業務を行っていくことをおすすめします。

対処法③悩みを相談する

誰もが仕事に対する悩みを持っていると言われています。その悩みを一人で抱えるよりも信頼おける誰かに話しをすることによって心を軽くしてみてください。また、自分の悩みを相談することで、相談相手から良いアドバイスを受けることが可能です。

そのアドバイスこそ業務に役立つものとなるかもしれません。このように自分の悩みや思いを一人で抱え込むことのないよう、誰かに相談して自分の心を軽くしていきましょう。

対処法④リフレッシュの習慣を身につける

「会社に行きたくない」と感じているのは、自分の中に相当のストレスが蓄積されていることの表れです。ストレスを軽減させるためにも、自分がリフレッシュできる事を実践してみましょう。

定期的にストレス発散を行う習慣を身に付けておくことで、自分の感情をうまくコントロールしながら過ごしていくことができるはずです。そのためにも自分がやりたいこと、興味のあることをどんどん実践してみてください。

リフレッシュする習慣が身につけば、ストレスを感じることなく仕事を円滑に進めていくことができるようになるでしょう。

対処法⑤思い切って休暇を取る

週休2日制とする会社や企業が多い中、それでも自分の心身が限界に達している時は、思い切って会社へ休暇願いを出してみましょう。どうしても休暇が取り辛いという場合でも、自分の今の状態を上司に相談し、休暇の承諾を得てみてください。

心身が疲れ切った状態で仕事をしても、業務が円滑に進みません。そのため、自分の現在の状態や体調、心身の状態について上司へ素直に伝えてみるのがおすすめです。

場合によっては医療機関を受診し、医師による診断を受けなければならない可能性もあります。時に休暇を取ることで心身の回復をはかっていきましょう。

会社に行きたくないと感じる時にやってはいけないこと

もしも自分の思いの中に少しでも「会社に行きたくない」と感じることがあれば、その時に無理してやってはならないことを以下に3点ご紹介します。それぞれどのようなことが該当しているか詳しくみていきましょう。

やってはいけないこと①限界まで働く

仕事に対する責任感、また重圧感から業務を途中で投げ出す訳にはいかないという思いから、自分の心をコントロールすることができないほど限界まで働くということは避けるようにしてください。意外にもこの状態は自分では気付きにくくなっていると言われています。

そのため、自分の中で、毎日「会社に行きたくない」という思いが錯綜している場合は、心身に異常をきたす心の病である可能性があるなど、適切な診断、治療のために、該当の医療機関を受診するようにしましょう。

やってはいけないこと②無断欠勤

どんな理由であっても「会社に行きたくない」と思った時は、社会人としてのマナーやルールを守り、必ず電話連絡を入れ、欠勤する旨を伝えることが大切です。

この時、業務上、電話に出ることが困難な場合は、メールで連絡を行うのも良いでしょう。間違っても一切の連絡を行わない無断欠勤だけは避けるようにしてください。

無断欠勤は社会人としてマイナスな要素に捉えられてしまうため、仕事を休む時は、必ず電話連絡を行い、欠勤の旨をきちんと伝えるようにしましょう。

やってはいけないこと③勢いで退職する

どんな理由であっても「会社に行きたくない」からと言って、その思いだけで勢いあまって退職するような辞め方は避けるようにしてください。これは、自分にとってマイナスに転じる退職になる可能性があります。

一般的に退職する場合、1ヵ月前に深刻を行い、最低限のマナーで対応を行ってください。そのため、会社を辞める時は、自分の直属の上司へ相談し、指示を守って行動を行うことが大切です。

会社に行きたくないと思った時におすすめの本

それではここからは、会社に行きたくないと感じた時にぜひ読んで欲しいおすすめの本を3種類ご紹介します。会社に行きたくないからと言って、嫌だという感情で物事を捉えてしまうことのないよう、自分にとってプラス思考になる最適な本やその内容、詳細を徹底解説していきます。

おすすめ①「会社行きたくない」気持ちがゆるゆるほどける本

社内で感じるあるあるなことを書き出しているため、思わず相槌を打ってしまい、自分にも該当する様な内容がぎっしりと詰まった1冊です。ひとつひとつの悩みに対し、的確なアドバイスと改善点を見出すことで、仕事を楽しくこなしていく秘訣を紹介しています。

会社に行きたくないと気持ちが行き詰まってしまっている方は、ぜひこの本を参考に、自分の気持ちを解き放ち、明日を楽しく過ごせる準備を行っていきましょう。

 

おすすめ②会社に行きたくないと思った時に読む本

会社に行きたくないと思った時に読む本~心が軽くなる言葉90~ (サクラBooks)

会社に行きたくないと思った時に読む本~心が軽くなる言葉90~ (サクラBooks)

ビジネス格言研究会
594円(01/30 23:46時点)
発売日: 2014/12/31
Amazonの情報を掲載しています

会社に行きたくないと感じている方をはじめ、転職を検討されている方、あるいは起業した方や管理職に就く方まで、様々な方を対象とし、読むだけで心が軽くなる言葉を集めた本です。

自分の気持ちをクリアにし、毎日楽しく仕事を行えるよう、会社に行きたくないと感じた時こそぜひこの本を読み進めてみてください。

 

おすすめ③仕事辞めたいと思ったら読む本

人生を楽に、そして楽しく、また笑顔で過ごせるよう。仕事を辞めたいと思ったら「仕事の悩みは9割が人間関係 Kindle版」を読んでみてください。読んでいく中で、自分が思い悩むことの解決策を見出すことができるようになるでしょう。

 

会社に行きたくないと感じた時は原因を突き止めて対処しよう

誰もが経験する「会社に行きたくない」という思いは、自分の中でこれまで蓄積されてきた極限のストレスのサインであると考えられています。会社に対して何らかの不満を抱えている方はその原因を突き止め、正しく対処を行っていくことが大切です。

ぜひこの記事でご紹介した、会社に行きたくないと感じる根本的な原因を突き止め、しっかりと適切に対処し、心身のバランスを保っていきましょう。

その他の関連記事はこちらから