記事作成日:

誰からも好かれる「人たらし」になるには?特徴や方法を徹底解説!

広告

「人たらし」という言葉を耳にしたことはありますか?この「人たらし」とは、誰とでも円滑なコミュニケーションを取ることができる上、とても慕われる存在の人のことを指します。このような人たらしの人は、性別問わず、どのようなタイプの人とも溶け込みやすく、人気を集める存在です。今回は、この「人たらし」と呼ばれる人の特徴をはじめ、自分も「人たらし」になるための最善の方法を徹底解説していきます。

人たらしの意味とは

単純に「人たらし」と聞いて、ふと悪いイメージに捉える方も少なくありません。実際、このフレーズを耳にしても、人を騙す、人を陥れるなど、少々マイナス要素として捉えてしまいそうな聴こえです。

特に「たらす」という言葉が、ふしだらで乱す、たぶらかすなどといった悪い意味を持つ言葉であるがゆえ、「人たらし」は悪い印象に捉えられることが多いと言えるでしょう。

しかし、現在は、「人を騙す」「人をはぐらかす」などの意味で使用される言葉ではなくなり、周囲の人に慕われ、必要とされる存在価値のある人物を指す意味に変わり、多くの方に受け入れられるようになっています。

そのため、誰とでも仲良くできる上、職場の雰囲気も一変させることができるなど、高いコミュニケーション能力を持ち合わせている人こそ「人たらし」などと呼ばれているのです。

とても特別な存在に思われる傾向ですが、本人にとっては普段から変わらぬ自分であり、素の状態をさらけ出していると言えるでしょう。また、「人たらし」には高いコミュニケーションを持った人だという認識も定着しています。

そのため、そのような人に出会った時、「人たらしで素敵ですね」というフレーズで相手に伝えても、「人たらし」が悪い意味に聞こえてしまう上、「素敵ですね」の言葉が続いたとしても相反する意味をなすように解釈されがちです。

そのため、「コミュニケーションがとてもうまくて素敵ですね」などというように上手に言い回しが行えるのが理想です。

人たらしの特徴

それではここからは、人たらしだと言われている人がいったいどのような特徴を持っているのか、以下に7点ご紹介します。いったいどのような点に「人たらし」的な要素が垣間見られるのか、人たらしだと言われる人が持つ特徴をひとつずつ詳しくみていきましょう。

特徴①明るくポジティブ

とても楽しそうに笑顔絶えない毎日を過ごしている人は、周囲の人にも良い影響を与え、笑顔溢れる素敵な環境を作ることができます。また、楽しいと思えることを、自分以外の他の人にも楽しませてあげたいというやさしい心を持っています。

そのため、いつしか周囲に人が集まり、裏表もなく、心で向き合い、付き合っていくことができると言えるでしょう。このように、人たらしと言われる人は、常に明るい性格の持ち主であり、あらゆる物事をポジティブに捉えることができる傾向です。

特徴②愛嬌があり人懐っこい

「人たらし」と言われる人は、人に対して警戒心がなく、どちらかと言うととてもフレンドリーで、初対面とは思えないような人懐っこさが見られます。そのため、誰とでもすぐに打ち解けることができるので、どんな輪にも入っていくことができます。

ビジネスでも上司に気に入られる傾向であり、また、同僚や友人からも慕われ、人付き合いがしやすいと思われています。このように、人を選ぶことなく円滑なコミュニケーションが取れるのも人たらしが持つ特徴だと言えるでしょう。

特徴③好奇心旺盛

人の話をよく聞き、相手に相槌を打つこと、そして、心の内をオープンにさせる力を持つのも「人たらし」の持つ特徴だと言えます。そのため、自分から心を開くことを行うことで、相手の警戒心を解き、どのように接するべきかを実践していくことができます。

とても好奇心旺盛であり、キラキラとそして活き活きとした表情で話しを聞く姿勢があるため、必然的に話を怒る時も自然とテンションアップにつながると言えるでしょう。

特徴④人の悪口を言わない

たくさんの人に「良い人」「楽しい人」などと好かれるには、人の悪口を言わないようにしましょう。人の悪口を言っても、それは自分に置き換えてみると嫌な気分になるはずです。また、嫌なことを言い続けることで意地悪な顔つきになっていませんか?

その顔の状態だと周囲の人から慕われる存在ではなくなってしまいます。また、人たらしであるためには、自分に自信を持つこと、そして、人に対して安心感を与えることができるよう努めましょう。

そのためには人を悪く言うようなことはやめて、いつも相手の良いところを見つけ出し、そこを引き出し伸ばしていくことができるようサポートすることができるような存在であってください。そうすることでより一層信頼感が増し、周囲の人から好かれやすい存在となれるでしょう。

特徴⑤気配りができる

いつも自分のことよりも周囲の人や物に対して視点を向け、そしてアンテナを張って過ごしています。また、困っている人に対して自然と手を差し伸べることができるなど、あらゆる気配りを行うことができます。さらに、その場の空気をしっかりと読み、あらゆるフォローを行います。

何よりも人当たりが良いため、その良さから様々な環境下でムードメーカーとなる存在でもあります。このように、あらゆる人から慕われ、気配りを行うことができるという特徴を持つのが人たらしの人の良い一面だと言えるでしょう。

特徴⑥良い距離感を取れる

人たらしと言われる人は、誰とでも円滑なコミュニケーションを取れるのはもちろん、誰といても楽しみを全身で伝えることを得意としています。さらに、自分と相手との距離感をうまく取ることができるスキルを持ち合わせているため、不快感なく付き合っていくことができます。

近すぎず、そして遠すぎない程良い距離感によって円滑なスキンシップやコミュニケーションをはかっていくことができると言えるでしょう。さらに、それによって共に過ごすことへの不満がなく、逆に快適で居心地の良さを実感することができるという特徴があります。

特徴⑦真面目に努力する

大半の方は「人たらし」というフレーズを耳にすると、あまり良い印象を持たないことが多い傾向です。だからこそ、この「人たらし」に該当する人は、誰よりも真面目に、そして誠実な性格を持つと共に、常日頃から努力を重ねているのです。

また、周囲の人を不快にさせることがないよう、いつも自分に対して努力を惜しまず、ポジティブに、そして信頼されるよう行動しています。普段から相手の気持ちを考え、自分本位な言動を慎むとともに、周囲の人との協調性を持った考えや行いをすることを心掛けています。

このようにいつも自分自身で努力をしているからこそ、周囲の人から尊敬される存在であり、好感度が高くなると言えるでしょう。このように、「人たらし」と言われる人は、真面目に努力をするという特徴を持っていることが分かります。

人たらしの恋愛の特徴

次は、「人たらし」の人の恋愛にはどのような特徴があるのか気になります。特に人たらしだと自分で感じるという方は少なく、周囲の人にどのように映っているのかも知りたいところです。

ここでは、「人たらし」の恋愛事情について以下に4点ご紹介します。どのような特徴を持っているのかひとつずつ詳しくみていきましょう。

恋愛の特徴①振ることができない

誰からも好かれる人たらしと言われる人は、自分を好きでいてくれる人に対していつもウェルカムな状態でいます。そのため、自分がその相手に対して好意を持っていなくても、振るということを苦手としています。

相手に対して「ごめん。付き合うことができない」「彼女がいるんだ」「別れてくれないかな…」など、自分の気持ちを伝えることができずにいる方が多い傾向です。

そのため、ズルズルと現状の関係を続けざるを得ない状況を自分で作り出してしまうことが多い恋愛を繰り返すという特徴を持っています。

恋愛の特徴②常に恋人がいる

ビジネスでも信頼度が高く、周囲の人からの好感度の高さがピカイチである以上、恋愛においても常に恋人がいるのは言うまでもありません。もちろん、恋愛は男女の様々な事情が絡むため、別れもあればまた新しい出会いもあります。

そのため、一人の人と別れても、その後にすぐに新しい恋人ができるなど、彼氏や彼女を切らすことがありません。当然、自分から猛アプローチをかけることをしなくても、自然と相手から近づいてきてくれるというような存在です。

さらに、それだけ恋愛を続けている分、経験豊富なため、恋愛に対して他の人よりもスキルが高く、彼氏や彼女の扱い方を熟知しているので、さらにモテる理由に拍車がかかると言えるでしょう。

恋愛の特徴③甘えるのが上手

男性も女性も、恋愛においてとても甘え上手な一面を持つのも「人たらし」の人が持つ特徴です。恋愛において相手に甘えるという仕草や動作は、相手のことを信頼しているからこそできることです。

そして、お互いが頼りたい、頼って欲しいと思っているからこそ、うまくいくものです。自分たちがとても居心地の良い空間を作り出せるよう。甘え上手なスキルを持っていることが恋愛においてとてもお得な素質であると言えるでしょう。

恋愛の特徴④警戒心を与えない

誰が見てもかっこいい、可愛いと感じるルックスを持っていても、あまりに人気者であるが故、恋愛において相手にもされないと感じることもあるでしょう。

そのような人ではなく、ルックスはピカイチとは言えませんが、それでも誰からも好感度が高く、第一印象も良い人ほど周囲の人に警戒心を与えることがありません。

だからこそ、恋愛においても言葉では言い表せないような安心感を抱いてしまいます。このような人こそ人たらしが持つ特徴であり、警戒心なく恋愛を楽しめる最適な相手だと言えるでしょう。

人に好かれる人たらしになる方法

続いては、人からの好感度が高く、いつも「楽しい人」「良い人」「信頼できる人」などと思われるよう、「人たらし」になるための最善の方法を以下に5点ご紹介します。いったいどのような方法を実践すれば、自分も人たらしになれるのか、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

人たらしになる方法①いつも笑顔でいる

いつも笑顔で楽しく笑って過ごしている人こそ、周囲の人にも良い影響を与えることから、自然と人たらしになれる最善の方法です。

このように笑顔を絶やさずポジティブな考えをしているだけで、その人に人が集まってきます。笑顔を振りまくことがみんなを幸せにするという思いを持って楽しく過ごしていくことを心掛けてみましょう。

人たらしになる方法②相手の変化に気付く

人たらしの人は、自分を最優先とすることがありません。そのため、いつも周囲にいる人のことを優先させ、ナチュラルなコミュニケーションを取っています。そのため、相手の些細な変化に気付くことが多く、困っていたら手を差し伸べるような存在です。

このように、相手がどのような思いでいるか、今、何を求めているのかをいつも気付くことができるなど、周囲の人も快適に過ごせるような環境作りを実践してみてください。

人たらしになる方法③感謝の気持ちを伝える

人たらしの人は、自分がお世話になったりした時は、その人に対して「ありがとう」という感謝の言葉を必ず伝えています。

また、自分がビジネスやプライベートで実践していたことが成功し、「おめでとう」という言葉に対して「おかげさまで」など、必ず人に対して適切な挨拶を行っています。感謝の気持ちは相手との心をつなぐ一言です。

ほんの短いフレーズでありながらも、なかなかその言葉を伝えられないというような人が多い中、あえて自分自身は自然な形で「ありがとう」を伝えられるよう過ごしていくことが大切です。そうすることで、自然と周囲の人からの好感度がアップすることでしょう。

人たらしになる方法④どんな約束も守る

人との信頼関係を保つには、どんな小さな約束もきちんと守るという姿勢を見せています。そのため、普段から有言実行を心掛け、過ごしています。

たとえば、「〇〇に行こう」「今度〇〇でご飯食べよう」など、自分から発した約束はもちろん、お誘いを受けた時でも、自分の発言に対してしっかりと責任を持つことが大切です。

相手の立場に立って、約束を破られてしまっては不快な思いになることでしょう。そのようなことがないよう、いつもどんな約束も守る姿勢を持って行動してください。

人たらしになる方法⑤TPOをわきまえる

どんなに人から慕われ信頼されている「人たらし」であっても、一般常識のない人であれば、それだけで嫌悪感を抱かれるだけではなく、周囲の人から敬遠されてしまう可能性があります。それではせっかく人たらしを目指していても意味がありません。

そのため、普段から常識的な言動をするのはもちろん、TPOをわきまえた服装で過ごすことが大切です。当然ながらビジネスシーンにおいても常識ある誠意ある行動を行うことが大切です。このように、TPOを考え、正しい言動、そして身だしなみでいることを心掛けましょう。

人たらしな人との職場での付き合い方

自分と同じ職場で働く人の中に、当然、どこにでもいる人たらしは、上司からも一目置かれる存在に見られるのは言うまでもありません。さらに、自分の方が人たらしよりも仕事で長けた一面を持っていても、それでも評価が低いこともゼロではありません。

それによってとても悔しい思いを経験したことがあるという方もいることでしょう。しかし、ここでネガティブになったりするのではなく、必ず自分の努力を認めてくれる人がいるということを信じることが大切です。

そのため、誰かが贔屓されているように感じたとしても、相手を否めるのではなく、同じ職場で働く仲間と捉え、適切にコミュニケーションを取り、上手に向き合い付き合っていきましょう。

人に好かれる人たらしを目指そう!

誰からも好かれる「人たらし」には、様々な特徴があることが分かりました。また、自分が「人たらし」になるための方法について様々な情報をご紹介しました。高感度が高く、信頼される存在である「人たらし」は、自分も目指してみたい人格だと言えます。

これから「人たらし」を目指したいという方は、ぜひこの記事でご紹介した情報を元に、様々な方法を実践し、人に好かれるような存在を目指してみてください。

その他の関連記事はこちらから