記事作成日:

「顔が小さい」の基準とは?特徴やメリット・小顔の芸能人を紹介!

顔が小さい人は、とてもスタイルが良く見えるだけではなく、異性からもモテる傾向です。だからこそ「自分も小顔になりたい」と思う方も多いのではないでしょうか?今回は、「顔が小さい」と言われるそもそもの基準や、顔が小さいことで得られるメリット、また、小さい顔の人の特徴、さらに、人気の小顔を持つ芸能人をご紹介します。小顔になれるトレーニング方法にも触れながら様々な情報を徹底解説していきます。

顔が小さいの基準とは?

「顔が小さい」と一口に言っても、どのようなことを基準に決められているのか疑問に感じる方も少なくありません。この「顔が小さい」基準としてみておきたいのは、「A5」サイズの用紙(タテ21cm×ヨコ15cm)を参考にすると言われています。

A4サイズが主流のため、これはかなり小さめサイズであり、一瞬にしてその用紙に顔がすっぽりと収まった場合、その人は「小さい顔である」と言えるでしょう。さらに、小顔の方は8等身というスタイル抜群のプロポーションを持ち合わせています。そのため、人が羨むような美しさを放っていることが分かります。

日本人の顔の平均サイズと小顔の基準

では、「小顔」と言っても、私たち日本人の顔に合う、平均的な小顔のサイズはいったいどのくらいの大きさを指しているのでしょうか?

日本人の顔の平均的なサイズは、男性だと「タテ23.2cm×ヨコ16.1cm」女性は「タテ21.8cm×ヨコ15.3cm」の範囲が顔のサイズであるという方が「小顔」に該当すると言われているのです。

この大きさの範囲内に自分の顔がおさまっている場合、それは「小顔」だと言えます。このように、小顔には男女で異なる平均的なサイズがあるということを知識として持っておくと良いでしょう。

顔が小さいかどうかは身長で異なる

顔の大きさは、人それぞれ生まれながらの遺伝的要素もあり、それ以外にも身長によって判断することになると言われています。実際、身長が低い人は全体的な身体のバランスを考慮すると、顔が一際目立ち、大きく見えてしまいます。

逆に身長が高い人だと7等身のバランスが取れていればなおさら「小顔」だと判断できるため、誰が見ても顔が小さいと感じることでしょう。このように、顔の大きさはその人の身長によって見え方も異なるという点を理解しておいてください。

顔が小さい人の特徴とは?

「顔が小さい人」に該当する人は、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか?ここでは、顔が小さい人に見られる共通して言える特徴についてみていきます。どのような点が同じであるかしっかりとチェックしていきましょう。

特徴①おでこが狭い

顔が小さい人の額部分はとても狭く、それと同時に、各パーツもそれぞれが小さく、顔全体のバランスを保ちながらバランスがとりやすい作りになっています。さらに、メイクを施す際も扱いやすいというメリットを持っています。

そのため、見え方次第で顔の各パーツをくっきりと見せることができます。このような良い効果をもたらすため、顔が小さい人はラッキーな存在だと言えるでしょう。

特徴②マスクで顔が隠れる

今の時代、マスクを装着することが当たり前となっています。そのため、マスクを付けるからこそより小顔効果が増し、美しいと感じられる小顔を保つことができるでしょう。

マスクにもそれぞれサイズ感があります。小顔の方はあまり大きいマスクをすると顔の小ささを際立たせてしまうため、程良い見え方になるよう、少し小さ目サイズのマスクを選ぶことをおすすめします。

特徴③肩幅が広く見えてしまう

小顔の方は、顔に視線が向く一方で、身体のラインでも特に肩幅が目立つ傾向です。そのため、中には体格の良さに視線が集まることもあるなど、逆に小顔がコンプレックスに感じることもあるようです。

特徴④首が長い

顔が小さくフェイスラインがとてもシャープにまとまっている方は、首が細長く、女性であれば鎖骨あたりまでとても女性らしいラインが引き立つという特徴を持っています。その上、髪をアップスタイルにすれば、より一層小顔効果を発揮することができるでしょう。

特徴⑤エラの張りがない

ホームベース型の顔型や丸顔の方とは異なり、顔が小さい方は、頬にエラ張り感がないため、第一印象も美しく見える傾向です。特にフェイスラインがすっきりとまとまり、シャープさがうかがえるのも小顔の方が持つ特徴だと言えるでしょう。

さらに、生まれつき骨格が小さい方ほどエラ張りする輪郭ではないことから、フェイスラインに女性らしさを生むことができる分、より一層女性らしく見える顔型であることが分かります。

特徴⑥帽子が似合わない

髪のトップにボリューム感を持たせると、とても小顔効果を発揮すると言われています。しかし、そもそも小顔の方がヘアスタイルにこだわる他、帽子などのファッションアイテムを活用することで、さらに小顔であることを強調してしまうことになります。

そのため、小顔である方が帽子を被るとあまり似合わないかもしれません。とは言え、帽子の種類によっては小顔を活かしたファッションコーデを楽しむことができるなど、すべての帽子が似合わないとは言い切れません。

一般的には帽子などのアイテムを活用しなくても、もとから小顔をアピールすることができるため、参考程度に捉えておくと良いでしょう。

特徴⑦歯並びが悪い

最近の方は顎が小さいために本来の歯の本数が揃っていないという方も意外と多いことをご存知ですか?正常な歯の本数が揃っていない場合、歯並びに問題が生じる可能性があります。

顎が小さいことによってフェイスラインがすっきりと見えるというメリットに感じる部分もありますが、中には熾烈矯正を行う方も増えています。

このように、小顔であることにたくさんのメリットはあるものの、熾烈矯正を行うことになるような歯並びの悪さがネックとなることもあるなど、小顔の方には様々な特徴があります。

顔が小さいメリットは?

ここからは、顔が小さいことに対して、いったいどのようなメリットを感じることができるか、実際に周囲の人から「小顔だね」などと言われる方のメリットを詳しくみていきましょう。

メリット①スタイルがよく見える

小顔効果として感じることに「スタイルが良く見える」という最大のメリットがあります。小顔の方は、7等身、8等身である方が多く、誰が見てもスタイル抜群に見せることができます。そのため、日々のファッションコーデも、何を着ても似合うなど、トレンドを取り入れたファッションを楽しむことができるでしょう。

メリット②どんなヘアスタイルでも似合う

顔のサイズ感は、髪の長さに関係なく、どのようなヘアスタイルをしても似合う傾向です。さらに、先述した通り、抜群のプロポーションであることから、ヘアスタイルも自分に似合うもので選ぶのではなく、なりたいヘアスタイルを自在に選ぶことができます。

このように、顔が小さいというだけで、メリットと取れる部分がたくさんあります。このように、ヘアスタイルを自在に楽しめるのも小顔の方が持つメリットだと言えるでしょう。

メリット③顔のパーツが目立つ

顔が小さいというだけで周囲の人からの視線が集まりやすい中、それ以外の目や口、鼻など、あらゆる顔のパーツが目立つのも小顔である方のメリットだと言えます。

そのため、大きな目、そしてくっきりとした二重まぶたや、筋が通った美しい鼻、また、長いまつげなど、顔の各部位がしっかりと際立って見えるのも、顔が小さい方が実感するメリットです。そのため、小顔の方は、美しく整った顔立ちをしている分、自然と異性にもモテる傾向だと言えるでしょう。

顔を小さくする方法

自分の顔の大きさにコンプレックスを抱く方は、少しでも顔が小さくなるよう、人知れず努力を行っています。ここでは、効率良く顔を小さくするための最善の方法を4点ご紹介します。

各方法の中でも自分が取り組みやすい方法をひとつても見つけて毎日実践してみてください。どのような方法があるかひとつずつ詳しくみていきましょう。

小顔になる方法①マッサージする

夕方になると足がむくみやすくなるという方が多いですが、顔も同じく、リンパの流れが悪くなると老廃物が溜まり、顔がむくんでしまいます。スッキリとした顔へと改善するには、顔をやさしく撫でるようマッサージを行ってみましょう。

この時、顔の表情筋に沿って、手の平で顔を包み込み、耳の方向へ撫でながら刺激していきます。そうすることで顔への血流が良くなり、自然と新陳代謝アップにつながるでしょう。老廃物も体外へ排出されやすくなるなど、むくみを解消することができるでしょう。

小顔になる方法②メイクで小さく見せる

自分の顔のサイズ感にコンプレックスを抱く方は、マッサージ効果を期待するのももちろん、小顔メイクを実践することで、自然な顔型に見せることができます。

たとえば、シャドウとハイライトを効率良く活用し、顔に陰影をつけるだけで人の視線が変わり、一気に小顔へと変身することができます。また、チークを頬骨の上から斜め方向へ入れることで、顔の凹凸感を表現することができるなど、顔全体をバランスよく整えていくことができるでしょう。

このように、メイク法ひとつで小顔になることができるため、ぜひ小顔メイク法を習得し、実践することで、すっきりとした顔に見せていきましょう。

小顔になる方法③顔の脂肪を落とす

日頃、運動不足であるという方は、身体のあらゆる部位に脂肪がつきやすくなっています。もちろん、フェイスラインに脂肪がつきやすいという方もいるでしょう。この部分に脂肪がついてしまうと一気に顔が大きく見えてしまいます。

そのようなことを避けるためにも、普段から有酸素運動や無酸素運動を行い、脂肪燃焼する身体作りを行うことが大切です。新陳代謝を高めることで、身体だけではなく、顔もすっきりとした状態へと導くことができるでしょう。

小顔になる方法④生活習慣を改善する

3度の食事、また、適切な睡眠など、生活習慣は乱れていませんか?些細なことに感じるかもしれませんが、私たちは不摂生を繰り返すことで、顔のゆがみが生じてしまいます。そのため、毎日規則正しい生活リズムを守ること、そして、バランスがとれた食生活を送ることを心掛けましょう。

さらに、過度のアルコール摂取は顔や身体のむくみにつながるため、適量に留めておくようにしましょう。また、表情筋や口周りの筋力を保つためにも、普段から口をあけて過ごすのではなく、鼻呼吸をし、口を閉じて生活する習慣を身に付けてください。

普段からこれらのことを習慣化させることで、自然と小顔へと導くことができる他、その状態を維持していくことができるため、ぜひ実践してみましょう。

顔が小さい芸能人3選

それではここからは、「顔が小さい」と言われる「菜々緒」さん、「新川優愛」さん、「桐谷美玲」さん、この3名の人気の芸能人をご紹介します。とても美しい顔立ちと抜群のプロポーションの持ち主であることは多くの方がご存知のことでしょう。どのような小顔の特徴を持っているか確認してみましょう。

顔が小さい芸能人①菜々緒

多くのドラマや映画、CMで活躍する「菜々緒」さんは、モデルを主体としながらも、女優業も行う人気の芸能人です。これまで自身のInstagramにおいて、自分の顔の大きさ、長さが「16cm」であるということを公言していたことがあります。自分で公表しているくらいなので正しい情報だと言えるでしょう。

モデルでもあるため、気になる身長も172cmと長身です。スラっとした体型と小顔がマッチし、圧巻のプロポーションを持つ存在感のある芸能人だと言えるでしょう。

【菜々緒さんの顔のサイズ:タテ16cm】

  • 生年月日:1988年10月28日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:172cm
  • 血液型:O型

顔が小さい芸能人②新川優愛

こちらも菜々緒さんと同様、モデル界で活躍するだけではなく、女優としてもテレビに多数出演するなど、人気の芸能人として知られる「荒川優愛」さんは、本当に顔が小さいことに多くの方が驚きを隠せない存在感のある方です。その大きさはわずかタテ14.6cmといいう小ささです。

それだけ聞いても誰もが開いた口が塞がらなくなってしまうでしょう。これまで自身の3サイズも公表しているなど、美しさにさらに磨きがかかる注目の芸能人だと言えます。

【新川優愛の顔のサイズ:タテ14.6cm】

  • 生年月日:1993年12月28日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:166 cm
  • 血液型:O型

顔が小さい芸能人③桐谷美玲

女優として、そしてモデルとしても飛躍する「桐谷美玲」さんは、キャスターとしても活躍する人気の芸能人です。近年、三浦翔平さんと結婚され、とても幸せオーラを放ち、より魅力に拍車がかかったように見えます。

顔の大きさがタテ18cmという小ささにも圧巻です。美しい容姿とバランスのとれた抜群のプロポーションは多くの方が憧れを抱く存在であると言えるでしょう。

【桐谷美玲さんのの顔のサイズ:タテ18.5cm】

  • 生年月日:1989年12月16日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:163.5cm
  • 血液型:A型

顔が小さい人はメリットがいっぱい

顔が小さい人だと言われる方は、いったいどのような基準で小さいと判断するのか、その基準をご紹介するとともに、顔が小さい人が持つ特徴をはじめ、小さいことで得られるメリット、また、小顔になるための方法を一挙ご紹介しました。

さらに、小顔の芸能人としてぜひチェックしておきたい3名についてみていきました。小顔になることは誰もが願うことです。しかし、小顔になることはそう難しいことではありません。

普段から規則正しい生活習慣を身に付け、様々なことを実践し、努力すれば、小顔を目指すこともできます。ぜひこの記事の情報を参考に、憧れの小顔になるための努力をしてみてください。

その他の関連記事はこちらから