記事作成日:

おしゃれなメンズの「セットアップ」着こなしコーデ術10選!

引用:O-DAN

大まかなスタイルが決まっているセットアップは、細かくコーディネートを考える必要もなくラフになりすぎないため、比較的どんなシーンでも活躍するおしゃれアイテムです。今回は、セットアップを程よくカジュアルテイストに着こなす方法や、おすすめのコーディネートについても詳しくご紹介します。

メンズにおすすめ!セットアップとは?

セットアップとは、スーツのように同じデザインの上下を組み合わせたものを指します。「セットアップスーツ」の略でもありますが、どちらにしても和製英語のため日本でのみ通じるファッション用語です。

基本的にはジャケットとパンツの組み合わせが主流ですが、それに限らずシャツとショートパンツやスポーツウェアのパーカーとパンツなどでも、上下が同じ素材やデザインであればセットアップと呼ばれています。

スーツと何が違うの?と思う方も多いと思いますが、この2つの大きな違いは販売方法にあります。スーツは基本的にオーダーメイドにしない限り上下のサイズは同じものになりますが、セットアップは上下を別で販売しているため、トップスとボトムスそれぞれで自分に合ったサイズを選ぶことができます

セットアップのメリット

セットアップのメリットと言えば、まずあげられるのがコーディネートを考えるのが楽だということでしょう。大まかな着こなしは決まっているため、あとはインナーやシューズ、ソックスなどを選ぶだけです。簡単なのにおしゃれに見せてくれるというのは、最大のメリットだと言えます。

また、セットアップは毎年様々なデザインのものが発表されているため、いつになっても古臭さを感じずトレンド感を出すことができます。さらに、上下の素材やデザインを揃えることで自然とまとまりを出してくれるため、ワンランク上の大人な雰囲気を与えることができるのも魅力の一つです。

メンズセットアップをおしゃれに着こなすコツ

セットアップの着こなしは簡単ではありますが、スーツをイメージしながらコーディネートしてしまうと堅苦しく見えてしまったり、フォーマルな印象になりがちです。そこで、カジュアルシーンでもマッチするおしゃれな着こなし方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

メンズセットアップのコツ①色は黒以外が挑戦しやすい

セットアップは上下が同じデザインになるため、カラー選びが非常に重要となります。なんでも合わせやすく無難な黒に目が行ってしまいがちですが、黒は冠婚葬祭や入社式などといった場で着用されることも多いため、かなり工夫して着こなさないと堅い印象を与えてしまう可能性があります。

そのため、他のアイテムとも合わせやすくビジネスシーンともしっかり分けて着用できる、グレーやネイビー、ベージュなどのカラーがおすすめです。他にも、ボルドーやダークブラウンなどあまり主張しすぎないカラーも個性が出て良いでしょう。

メンズセットアップのコツ②サイズはゆったりめを選ぶ

スーツを選ぶ際は、自分の体に合ったジャストのサイズを選ぶのがベストだとされていますが、セットアップは程よいゆとりを持つくらいのゆったりサイズがおすすめです。

上下で異なったサイズを選ぶことができるので、細身のパンツが好みの方はジャケットを大きめサイズにして、パンツをジャストサイズにするのも良いでしょう。こうすることで、ビジネスシーンとは違った少しルーズなカジュアル感を演出することができます。

メンズセットアップのコツ③キメすぎず抜け感をプラスして着る

セットアップはどうしてもスーツから来るイメージにより「インナーはシャツが合う」「靴は革靴がベスト」などと考える方も多いのですが、その組み合わせにするとビジネススタイルとの区別が付きづらくなります。

そこで、カジュアルアイテムをコーディネートすることで程よい抜け感をプラスしてくれるため、いっきにおしゃれな着こなしになります。例えば、パーカーやスニーカー、キャップなどを取り入れてハズしを効かせてみたり、きれいめに仕上げたい場合はシンプルに白カットソーをインに合わせるのもおすすめです。

合わせるアイテムを固定せずに様々な表情を持つインナーや小物をプラスすることで、同じセットアップでも全く違った印象になります。

メンズセットアップのコツ④パンツはアンクル丈

セットアップのパンツ丈は、長めだとビジネスシーンとの変化が付きづらく重たく見えてしまうため、8~9分丈がベストです。少し足首をのぞかせたり、おしゃれなソックスを合わせてチラ見せするのも良いでしょう。また、素足で軽めのシューズを合わせるのも、大人の色気を出すことができるためおすすめです。

メンズセットアップに合わせたいアイテムは?

ここで、セットアップに合わせるとおしゃれにキマる、おすすめのアイテムを具体的にご紹介していきます。ほとんどの方が既に持っているアイテムばかりだと思いますので、買い足すことなくコーディネートできるでしょう。ぜひお気に入りのセットアップに合わせてみてください。

アイテム①スニーカー

最近ではスーツにスニーカーを合わせるスタイルも普及していますが、もちろんセットアップもスニーカーとの相性は抜群です。定番スタイルと言っても過言ではないでしょう。

きれいめでかっちりとした印象を与えるジャケットセットアップスタイルは、スニーカーを合わせることによりキメすぎないカジュアル感を演出してくれるため、非常におすすめしたいアイテムです。

アイテム②Tシャツ

セットアップのインナーには、あえてシャツではなくTシャツなどのカットソーを合わせることで、ラフな印象になります。無地の白Tもシンプルで良いのですが、大きくカジュアルダウンさせたい場合は総柄カットソーやプリントTシャツなどもおすすめです。

中でもポップな絵柄のものやカラーTシャツなどを選ぶと、個性的な印象になり上級コーデを楽しむことができます。

アイテム③パーカー

カジュアル色を強くするなら、パーカーもおすすめです。フードのボリューム感が遊び心を出してくれるため、崩しの効いた印象になります。

ホワイトやグレー、ベージュなどといったベーシップカラーのブルオーバーパーカーならまとまりのあるスタイルに仕上がります。ジップパーカーにフロントを開けてTシャツをインスタイルにするとストリートテイストに仕上がります。

アイテム④キャップ

キャップを取り入れることで、カジュアル感やストリート色が強くなります。しかしその場合は注意したいポイントが一つあり、キャップを着用する場合の足元にはスニーカーをチョイスしましょう。

どのようなスタイルでも言えることですが、コーディネートの一番上と一番下の組み合わせは非常に重要であり、この2つがちぐはぐになっているとバランスが悪く見えてしまいます。また、秋冬にレザーシューズやブーツなどを合わせたい場合は、キャップではなくニット帽にするのがベストです。

メンズのおしゃれなセットアップコーデ10選!

ジャケットにパンツという定番化したセットアップスタイルでも、様々な着こなしがあり、それぞれ違った雰囲気を楽しむことができます。ここで、先ほどのおすすめアイテムを使用したおしゃれなコーディネートをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①スニーカーで外したコーデ

白いワイシャツにネイビーのセットアップというベースはスーツスタイルなのですが、ライトブルーのアクセントカラーであえて外すおしゃれをとり入れています。

ダークトーンのセットアップに対して明るい色味のシューズを合わせるとどうしても浮いてしまいがちですが、ネイビースーツと同系色のブルーをチョイスすることで、しっかりと馴染みます。

パンツもあえてクロップドタイプのものを選んでスニーカーを強調しつつも、涼しげな印象でスッキリとまとめられているコーディネートです。スーツ仕立てのスタイルでも足元を変えるだけでがらりと雰囲気が変わります。

②インナーにTシャツを合わせたシンプルコーデ

ブルーのスーツ風セットアップに、白Tシャツと白スニーカーでシンプルにすっきりと仕上げたコーディネートです。ジャケットセットアップのインナーを白Tシャツにするのは定番であり、きれいめナチュラルな印象になります。

ネイビーやベージュなどベーシックな色のセットアップでしたら、白だけでなくグレーやブラック、カーキなどのTシャツを合わせても相性抜群です。シンプルな中にも個性を出したい場合は、ぜひ試してみてください。

③Gジャンをプラスした上級コーデ

ジャケットにジャケットを合わせるという斬新な着こなしですが、セットアップのインにGジャンを着ると大人カジュアルなスタイルに変身するため、おすすめです。上級コーデではありますが、色のバランスをまとめることで、誰にでも着こなすことができるでしょう。

基本的にはこのコーディネートのように、ダークトーンのセットアップにライトブルーのGジャンが、デニム感をより引き立たせます。色のメリハリをつけることで、カジュアルアイテムとセットアップのフォーマルな印象が綺麗に融合します。

④ボーダーでカジュアル感をプラス

ブラック系のセットアップでもボーダーカットソーを合わせるだけでカジュアルダウンし、いっきに堅さがなくなります。また、定番のカジュアルアイテムであるボーダー柄でも、Vネックのものを選ぶことできれいめな印象につなげることができます。

ボーダーに合わせて足元もホワイトのスリッポンをチョイスしているため、程よい軽さもプラスし非常にバランスの良いコーディネートになっています。

⑤パーカーを合わせたスポーティコーデ

ブラックのセットアップとブラックのスニーカーにグレーのパーカーを合わせ、重さを感じさせないスポーティースタイルになっています。ダークトーンのセットアップには白スニーカーが定番化していますが、あえて黒スニーカーでシックにキメつつ、パーカーで軽さを出すという上級コーデです。

シンプルなグレーの無地パーカーがブラックベースのスタイルに良く馴染み、スポーティーでも崩しすぎない大人な印象に仕上げています。

⑥ワイドシルエットのパンツでこなれ感を

セットアップのパンツは、細身か少々ゆったりしたテーパードタイプのものが多いですが、あえてワイドパンツをチョイスすることで個性的な印象になります。特にこのコーディネートは、ブラックのプリントTシャツと厚底スニーカーを合わせて完全にカジュアルダウンさせているため、ラフな印象が強くなっています。

セットアップスタイルが普及しているため定番から脱却して個性を出したいという方は、ワイドシルエットのものが非常におすすめですので、ぜひ挑戦してみてください。

⑦キャップとスニーカーを合わせたコーデ

ダークグレーのセットアップに、キャップ、バンズスニーカー、プリントTシャツを合わせ、ストリートテイストを加えたカジュアルスタイルです。セットアップを除くと非常にラフな印象となるアイテムばかりですが、白と黒でカラーを統一しているためスッキリとまとまっています。

アンクル丈のパンツと夏らしいプリントTシャツ、薄手の白いトートバッグが涼しげな印象も与えるため、春夏でも馴染みやすいコーディネートだと言えます。

⑧シャツを着ると大人コーデ

あくまでスーツスタイルをベースとしてインナーにシャツを合わせ、大人な印象に仕上げたコーディネートです。堅さを出さないためにギンガムチェックのシャツで遊び心を効かせ、素足にブラウンのモカシンシューズで色気と上品さをプラスしています。

ギンガムチェックはポップなイメージを持たれることが多いですが、ブルーカラーのセットアップと同系色かつ細かく描かれているものを選ぶことで、きれいめなコーディネートともマッチします。

⑨春夏にぴったりのデニムセットアップコーデ

デニムのセットアップは、おしゃれカジュアルで爽やかな印象も与えることができるため、春夏には特におすすめです。

このスタイルはクロップドデニムで白ソックスをのぞかせ、ボーダーのインナーを合わせることでマリン風に仕上げており、より夏らしさを感じることができます。デニムジャケットが暑く感じるときは、肩からかけたり、腰に巻いても良いでしょう。

⑩白のセットアップと白スニーカーで洗練コーデ

白のセットアップに白のシャツ、白のスニーカーというオールホワイトで仕上げた、夏らしい上級コーデです。大人な洗練された印象を与えることができます。

このコーディネートは全て色のトーンを合わせていますが、全て白だと少し抵抗があるという方はアイボリー系のものを選んだり、インナーにダークカラーのカットソーなどを合わせるのもおすすめです。

また、一般的にスーツに使用されるウールなどしっかりとした素材を使用した白ジャケットは、どうしても日常のコーデに取り入れづらいですが、リネン素材や薄手のライトジャケットなどをチョイスすることで、他のアイテムとも合わせやすくなります。

コツを押さえてセットアップをおしゃれに着こなそう!

セットアップの着こなし方や、おすすめのコーディネートについて詳しくご紹介しました。セットアップをおしゃれに着こなすためには、カジュアルアイテムをプラスすることで程よく着崩し、ビジネスシーンでのスーツスタイルと区別することが大切です。

ぜひコーディネートのコツやおすすめアイテムなどを参考にして頂き、新たなセットアップコーデを楽しんでみてください。

その他の関連記事はこちらから