記事作成日:

【5月】メンズのおすすめコーデをご紹介!気温に合わせた服装とは?

広告

5月は、春の始まりである4月ごろと比べると気温もかなり暖かくなってきて、夏日と呼ばれる気温になる事もある季節です。そんな季節の移り変わりに差し掛かろうとする5月という時期は、コーデに悩む事も多いでしょう。今回は、5月のメンズお勧めコーデをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

5月の気温は?

日本には四季があり、季節によって自然が見せる景色が変わっていきます。そしてそれとともに変わっていくのが気温で、どの程度の気温なのかを知る事によって適した服装がどんなものなのかにもつながっていきます。

5月は暑かったり寒かったり

4月は春の始まり、または真っ盛りといった季節というイメージがありますが、その次の月である5月になると暑く感じる日もあれば寒く感じるような日も出てくるでしょう。

4月の時点でも比較的寒かった3月と比べて気温がだんだんと上がり暖かくなっていくのですが、5月はさらに気温が上昇し日中は汗ばむようないわゆる「夏日」と呼ばれるような気温になる日もあります。

逆に朝夕は10度近い温度になり肌寒さを感じるような気温になるので、5月は季節の変わり目であり気象がまだ安定していない点も関係しているでしょう。特に寒暖の差が大きいと、一日の中で気温が大きく変動することがあります。

5月は上旬と下旬で気温が大きく違う

5月は1年の中では比較的過ごしやすい時期ではありますが、気温差が大きい時期でもあります。上旬と下旬で気温の差が大きく異なっているのです。

  • 上旬:最高21.8℃、最低12.3℃
  • 中旬:最高22.7℃、最低15.2℃
  • 下旬:最高25.8℃、最低16.8℃

上記は、東京都の2022年の上旬から下旬までの最低、最高気温です。上旬は最高で22度前後になるところが、下旬になると26度近くになり3度以上上がっている事が分かります。

また、同じように最低気温を見てみると、上旬では12度だったのが下旬では17度近くと4度以上上昇しています。よって、同じ5月でも上旬と下旬での気温の感じ方は相当異なっている事が分かるでしょう。

5月の気温に合わせた服装とは?

5月の気温は地域によって異なりはするものの、一般的に春から初夏にかけての季節です。気温が上昇し始め暖かくなることが多いですが、まだ急激な気温変化があるかもしれません。

雨などの天候に関しては6月の梅雨ほど不安定になる事はありませんが、一番の懸念は気温差です。日中の気温が上昇して急に暑く感じる日もあれば、逆にぐっと気温が下がって肌寒く感じる日もあります。

これらは、先に記した東京の上旬から下旬までの平均気温を見てもお分かりいただけるでしょう。まだ湿度が低い爽やかな気温であれば、Tシャツに長袖のシャツや薄めのカーディガンなどを羽織ると、出歩くには丁度良いです。

暑くなれば調節がしやすいような、薄めの上着などがあると日中の対策としては理想的です。逆に肌寒くなることを考えると、ジャケット・パーカー・Gジャン・ミリタリーコートといったアイテムも選択肢に入るでしょう。

こういった服装の選び方に困るような気温、季節に参考として推奨されるのが、服装指数です。朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているかを提案するもので、日本気象協会が発表しており10から100の10段階の数値で表されます。

例えば服装指数50の場合は、薄手のジャケットを羽織るなどやや肌寒く、重ね着のコーディネートが活躍する時期です。人によって暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安として考えましょう。

5月の服装選びのポイントは?

気温差が激しいという点から、選択肢に悩む時期とも言える5月ですが、適した服装を知る事によって快適に過ごすことができます。ここからは、5月の適した服装とそれぞれのおすすめアイテムをご紹介します。

5月服装①基本は長袖シャツ

まず基本的なスタイルとしては、長袖のシャツが推奨されています。日中に暖かくなり、逆に朝晩は多少冷え込むことが予想される中で、昼間は袖をまくれたり、寒くなればすぐに着ることができます。

おすすめの製品は、Amyniのカジュアルシャツです。綿素材汗を吸ってすぐ乾く、吸水速乾性、通気性に優れている綿製のシャツとなっており、使い勝手も良く合わせ易い長袖仕様です。

形のキレイなジャストに着こなせるサイズ感など拘りが感じられるディティールに仕上がっていて、肩のヨーク切り替えや折り返しデザインの胸ポケットなど、シンプルながらもデザイン性の高い作りも特徴的です。

5月服装②羽織れるものを

続いては、羽織れるものを用意しておくことです。5月は春から初夏への移り変わりの時期で、日中の気温が上がっても夜間になると急に冷え込むことがあります。羽織れるカーディガン等の上着があれば、多少寒くなっても対応できます。

おすすめの製品はコーチジャケットになります。累計1,000枚販売数を突破しており、秋から春まで着ることができる鉄板のジャケットが欲しいという方にもおすすめできる1枚となっています。

中にパーカーを合わせるのは勿論、落ち着いた色のカットソーやシャツと合わせて大人っぽく着ることも可能なアウターとなっており、裾のドローコードでシルエット調節も行えます。

カーディガンもおすすめのアイテムです。適度に余裕をもたせて、裾のリブはあえて絞らないようにする事で重ね着やレイヤードをしやすくしています。絶妙なサイズ感に設定されていて、インナーにシャツやカットソーとレイヤードするのも推奨できます。

5月服装③初夏らしさ

5月は春からだんだんと夏へと向かっていく、いわゆる初夏と呼ばれている季節です。こうした季節である事も踏まえて、コーディネートに初夏らしさを加えていくのもお洒落目線では大切です。

新緑の季節という事で、爽やかな空の青色や新緑の緑、薄めの黄色やピンクといったようなカラーリングがマッチしています。こうした夏色系のアイテムを取り入れるとより時期に合うことでしょう。

おすすめはアマゾンエッセンシャルズのポプリンシャツです。フレンチブルーやブルーチェックなどをはじめとして様々なカラーリングが展開されていますので、季節に合ったカラーを選択可能です。

5月のメンズ服装のおすすめアイテム

服装の選び方のポイントでご紹介してきた通り、暑いとまではいかなくても汗ばんだり、寒すぎないとまではいかなくとも肌寒いなど服装に困る季節だからこそポイントを押さえるべきです。ここからは、5月におすすめのメンズコーデアイテムをご紹介します。

5月のアイテム①アウター

気温の変化に対応するためのアイテムと言えばまずはアウターが挙げられます。暖かい時期ですので、前を開けて着たり、持ち歩いて肌寒いと思った時に使うなどできます。

おすすめは、アーケードのメンズ 7分袖ニットカーディガンです。涼しげで清涼感があり上質なコットン100%を使用した サマーニットカーディガンとして展開されています。

ショールカラーが大人っぽい優しい男を演出しサッと羽織ってラフに夏まで着用することもでき、夏はタンクトップやノースリーブ、春秋はTシャツの上にこのカーディガンを羽織るだけで無難に着こなせます。

スコーネのテーラードジャケットもおすすめです。七分丈のビーチリゾートで着るようなサマージャケット、または背広型のサマーカーディガンといったスタイルであり、価格も安価なので手軽に着ることのできるアウターと言えます。

5月のアイテム②トップス

続いてトップスですが、初夏らしい5月の気温になってくると長袖なのか半袖なのか、生地は何にするのかなど迷いがちです。昼間は一枚で事足りて、薄手の羽織りと相性が良いものが良いでしょう。

ジギーズショップのサマーアランニットシャツは、大人な雰囲気を放つサマーニットとなっており、夏の定番Tシャツだけでは不足を感じる方のコーディネートの幅を広げてくれるアイテムです。

Rakityoのメンズシャツもおすすめアイテムです。ストライプの幅が太すぎないために大人っぽく上品な印象に作られていて、ホワイト・ブルーといった明るい色を基調としたストライプ柄は爽やかさを醸し出す色合わせとなっています。

5月のアイテム③パンツ

スキニーパンツやデニムパンツなどは定番どころです。スキニーならシャツやカーディガン、Tシャツなどとも合わせやすいですし、アンクルパンツなどもカラーリングを合わせると初夏らしくなります。

おすすめはジェリーのクライミングパンツです。テーパードタイプのパンツをゆるさをふかしたガーデニングパンツ仕様にしており、ストレッチによって締め付ける感覚はないながら足を細く見せられます。

インプローブスのストレッチチノパンなどもおすすめできます。スリムなシルエットながらストレッチが利いており、バックポケットは深さもあり財布が落ちたりする心配もなくシンプルなデザインでヒップ周りをすっきり見せてくれます。

5月メンズのおすすめコーデをご紹介

選択肢に迷いがちな5月ですが、気温と合うアイテムを見つけることができればコーデの幅も広げられるというものです。最後に、5月メンズのお勧めコーデ例とおすすめアイテムをいくつかご紹介します。

メンズコーデ5月①ライトアウターで季節感

さらっと羽織ることができるライトアウターを使用するコーデがあります。春や秋の時期に羽織る薄手のアウターならば、初夏の季節である5月であってもそこまで暑苦しさを感じさせる事はないでしょう。

KEFITEVDのライトジャケットなどはまさにライトアウターとして使えるアイテムです。春・秋・冬に着用できるカジュアルジャケットとして展開しており、耐久性に優れたポリエステル素材をジャケットに採用しています。

高級感のあるスタイリッシュで簡単なデザイン&スリムなシルエットに襟・袖口・裾がリブ仕様なのでフィット性・動きやすさと適度な防風保温性を高めています。

メンズコーデ5月②白を使って初夏らしく

白を取り入れた初夏らしいカラーリングのコーデになります。インナー及びボトムなどのアイテムに白を選択することで全体的なカラーリングを明るくし、5月の初夏にマッチしたシルエットとカラーにするという例です。

DIKAOのメンズシャツは初夏の季節のインナーにも適しています。さらっと肌触りの良いコットン生地を使用しており、程よい厚みがあり綺麗なシルエットで使うと戸ができます。

夏に薄目なトップスとして春、秋、冬にフードやセーターのナインシャツとしても使い勝手がよく、ロングシーズン着まわせて使い勝手の良い便利な1着として持っておくのも良いでしょう。

メンズコーデ5月③レイヤードを楽しむ

レイヤード、すなわち重ね着を選択するというのも選択肢の1つと言えます。方法自体は色々とありますが、その中でもトップスの重ね着は推奨されていて、ファッション性だけではなく寒さ対策にもなります。

おすすめはLUXSTYLEのサマーニットです。ざっくりと柔らかく編み上げたふんわりとしたオーバーサイズニットソーで、ルーズなドロップショルダーなど今季トレンドのビッグシルエットでオーバーサイズが魅力です。

襟元の程よくルーズ感のあるクルーネック仕様や前後で長さを変えた丈バランス、裾のスリット使いなどお洒落で凝ったディティールに仕上がっています。

メンズコーデ5月④気軽なパーカー

脱ぎ着が楽に行えてラフに合わせることができるパーカーも5月であれば選択することができます。インナー次第で長い時期使い続けられますし、白スニーカーなどを合わせるとコーデの幅も広がるでしょう。

Poperdisionのメンズパーカーがおすすめです。ボタンを留めるとトップス感の良いとこどりスタイルで、裏起毛タイプとしっかし厚みがありロングシーズン着用可能、インナーを調整することでちょっと冷えた秋口、春先に使えます。

高品質なポリエステル素材で作られているので、着軽くて毎日でも着たくなる優しい着心地です。程よい厚さと品のある光沢感で大人が使っても違和感がなく、手触りが柔らかく秋冬の季節に愛用できるおしゃれなメンズパーカーです。

メンズコーデ5月⑤Tシャツが活躍

5月限定という訳ではありませんが、トップスがTシャツ1枚でも問題ない時期でもあります。夏の終わりまで使い続けるアイテムとなりますので、1枚と言わず複数持っておくと自分自身のバリエーションとしても尽きないでしょう。

おすすめはUnitedAthleの6.2オンスプレミアムTシャツです。上質な生地を使ってしっかり縫製されたハイグレードモデルであり、アメリカンスタイルを見本として作り上げた厚手の生地はシャリ感がありハードな雰囲気があります。

5月のコーデには初夏らしさを取り入れて!

だんだんと夏へと向かっていく5月という季節だからこそ、初夏らしいコーデを自分から取り入れていくのは快適に過ごすためにも大切となっています。是非本記事を参考にしてコーデを組んでみてください。

その他の関連記事はこちらから