記事作成日:

伊達男の色気を際立たせる「タリアトーレ」のジャケットの魅力。美しいシルエットを手に入れる。

https://www.pinterest.jp/pin/428967933234337723/

ファストファッションブランドでもジャケットを買える今の時代だからこそ、「本物」のクオリティを持つジャケットを纏うことで周囲との違いを演出できます。

本格的なジャケットを求める上で、タリアトーレは申し分ないブランド。天性のセンスを持つオーナーによって手がけられるジャケットは、男をセクシーに見せる美しいシルエットを備えています。

このページでは、タリアトーレについて紹介。ブランドの背景やこだわり、おすすめのアイテムを紹介します。

タリアトーレについて

タリアトーレの歴史

https://www.pinterest.jp/pin/291537775853533206/

タリアトーレは、1960年にイタリアのプーリア州で創業したアパレルメーカーのLERARIO(レラリオ)社が運営するブランド。レラリオ社の2代目オーナー兼クリエイティブディレクターであるPino Lerario(ピーノ・レラリオ)氏が、1998年にタリアトーレを立ち上げました。

タリアトーレというブランド名はイタリア語で「裁断士」という意味で、ピーノ氏が敬愛している祖父の職業に由来しています。ピーノ氏は、映画「バットマン」のワードローブも手がけた手腕の持ち主。タリアトーレではピーノ氏自らデザイナーを務め、生地の開発やディティールの決定、デザインに至るまで全てを主導で行っています。

ピーノ氏本人も胸元を開けた華麗なジャケットの着こなしで、ファッショニスタから注目を集める人物。その類まれなる完成と抜群のセンスで、タリアトーレはまたたく間に一流メゾンへと発展を遂げました。その人気はイタリア国内のみならず、日本でも多くのファンを獲得しています。

クラシックながら洗練されたシルエット、タリアトーレの特徴とこだわりとは

https://www.pinterest.jp/pin/490399846902799936/

タリアトーレの製品は、他のブランドにはないさまざまなこだわりが見られます。看板製品のジャケットでは、幅の広いワイドラペルが特徴の一つ。細いナローラペルが全盛だった中、タリアトーレのジャケットがワイドラペルのトレンドをもたらしたと言っても大げさではないほどです。

チープな造りのジャケットの場合、ラペルが広いとペラペラして安っぽい印象になってしまいますが、タリアトーレのラペルは肉厚で縫製もしっかりしているため、高級感に溢れています。また、クラシックなワイドラペルは男性の胸元を華やかに見せ、小顔効果も演出できます。

そのラペルに備えられる、メタルのアイコンもタリアトーレならでは。シルクハットを象ったこのラペルピンによって、ひと目でタリアトーレの逸品であることをアピールします。

https://www.pinterest.jp/pin/490399846901465118/

ウエストのシェイプも、タリアトーレの魅力。そのセクシーな「くびれ」は、フロントボタンを開けていてもわかるほどです。見た目にも美しいですが、着用すると体に吸い付くようなフィット感で、その素晴らしさをより実感できます。

ウエスト位置がやや高めの設定で、丈が短めなのもタリアトーレの特徴です。細身のフィッティングながらモードっぽくならず、太めのラペルのおかげでクラシックな雰囲気を備えています。