記事作成日:

好きな気持ちがハッキリしない方必見!片思い診断&両思いになる方法

「これって好きなのかな?」自分の気持ちがよくわからなくなってモヤモヤしてしまうことはありませんか?好きかどうかわからないと、その次の行動に移すこともできなくなってしまいます。実はふとした行動や気持ちから「片思いしているんだ!」ということに気づくこともあるのです。好きな気持ちがハッキリしない方必見!片思い診断と両思いになる方法についてご紹介していきます!

これは片思い?好きな気持ちがハッキリしない時の診断方法

自分の中にある心情は恋愛によるものなのかハッキリしなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな時は以下の診断方法を試してみてください。あなたの行動や態度で、好きな気持ちがハッキリするかもしれません。これは片思いなのか好きな気持ちがハッキリしない時の診断方法をご紹介します。

好きな気持ち診断①会えないと寂しい

遊びに行く時に意中の男性も参加するかもしれないと期待しながら行ってみると、その相手は来ていなかったという場合もあるでしょう。

その時に、「なんだ来てないんだ…寂しいな」と感じたら、あなたの中で相手の存在が大きくなっている証拠だと言えます。好きな感情がなく、どうでもいいと思える存在だったら、寂しいという感情が沸くこともないはずです。

好きな気持ち診断②他の女性と仲良くしていると嫉妬する

相手が他の女性と楽しそうにしている姿を見ると、イライラしたり、嫌な感情を持ってしまうことはありませんか?それはあなたの中に嫉妬心が芽生えている証拠です。異性に対して嫉妬するというのは、ラブな感情があるからこそだと言えるでしょう。

またこの時のあなたの感情は、異性のみに向けられているものですか?楽しそうにしている女性に対しても、「仲良さそうに喋らないで!」「なんでくっついてるの?」などという思いがあったなら、私の意中の男性をモノにしようとするいわばライバル的存在として見ている可能性が高いです。

好きな気持ち診断③連絡が来るのを待っている

気にかかる男性から連絡が来るのを心待ちにしている場合は、あなたの中にラブな気持ちがある証拠でしょう。相手からの連絡が待ち遠しくて常にスマホばかりチラチラ見てしまうこともあるのです。返事が来たらうれしさのあまりすぐに返信してしまいます。

逆に連絡が来なくても気にならず、来たら暇になった時に返事を返そうと思っていたり、むしろ何も音沙汰がなくても平気な場合はあなたにとってはどちらの感情もなく、何とも思っていない存在であると言えます。

好きな気持ち診断④無意識に目で追っている

自分の意中の相手が視界に入ってきたら、無意識のうちに目で追ってしまうのは自然な流れだと言えるでしょう。「今何をしているのかな?」などと行動を把握したいという心情があるのです。もし何か困っていることがあったら助けてあげたいという思いから目で追うことも考えられます。

気にかかっている相手もあなたに気があるなら問題はありませんが、関心がないと思われている場合、あまり目で追いすぎると気持ち悪いと思われてしまうこともあるでしょう。

好きな気持ち診断⑤話をする時に緊張してしまう

意中の人と対話をする時は、本人を目の前にして緊張してしまうのはあるあるです。「何を喋ったらいいのだろう」「こんなこと言ったら嫌われないかな?」などいろいろなことを考えてしまい、無口になってしまうことも多々あります。

特に恋愛経験が少ないと、余計に緊張してしまい、挙動不審になったり、気まずくなることもあるでしょう。逆に相手に気を許せて初めから何でも話し合える関係の場合は、友達以上には見られないという可能性もあるのです。

片思いの相手が見せる脈ありサイン

自分の中にある思いが片思いであることがわかったら、もっと距離を縮めて相手にも気にしてもらえる存在になりたいと思うでしょう。どのような行動を示して来たら脈ありなのか気になるところです。片思いの相手が見せる脈ありサインをご紹介します。

脈ありサイン①優しい言葉をかけてくれる

例えば相手が職場の同僚なら、体調悪そうなあなたを見て、「顔色悪いだけど大丈夫?」「あまり無理しないでね」など優しい言葉をかけてくれる場合は脈ありの確率大です。周りが気付かないようなささいなことでもすぐに気が付いて言葉をかけてくれるのはうれしいものです。

関心の持っている女性に対しては、かっこいいところを見せたいと思うものなので、自分を積極的に出してこっちを見てもらいたいと感じています。

これがあなたのみではなく、他の人にも優しい言葉をかけている場合は、女好きな面があるのか、ただ誰にでも優しい性格なのかなので、判断に迷ってしまうこともあるかもしれません。

脈ありサイン②プライベートな話題が多い

プライベートネタを持ちかけてくることが多い場合は、脈ありの可能性大です。気にかかっている人のことは何でも知っておきたいと感じるもので、いろいろ質問したくなります。共通点があったら、デートに誘うきっかけができると考えている場合もあるでしょう。

しかし、個人的なネタが多いからといっても、ただフレンドリーで分け隔てなく接したいと思っているだけの場合もあります。恋愛ネタを持ちかけてきたら、それは脈ありサインだと言えるでしょう。

例えば「恋人や好きな人はいる?」などと聞かれた場合は、自分があなたと付き合えるチャンスがあるかどうかを知ろうとしているのです。

脈ありサイン③マメに連絡してくる

マメにメールやLINEをしてくる男性は、あなたに関心を持っていると言えるでしょう。男性の場合は、LINEやメールは連絡事項がない限り送らないことが多いです。コミュニケーションを取るというよりも、連絡を取る手段として利用しているため、マメに繋がってこようとする男性は少ないのです。

こちらから送らなくても連絡をくれるのは、いつもあなたのことを気にかけている証拠で、もっと繋がっていたいという思いがあるのです。

脈ありサイン④よく視線が合う

よく視線が合うようになれば、興味を持っている相手もあなたと同様の感情がある可能性が大です。好きな人のことは何でも理解したいもので、無意識のうちに目で追ってしまっています。

もし何か困っていたり、手伝えることがあったらすぐに手を差し伸べて、男らしいところを見せつけようとするのです。視線が合った時に、ニコッと微笑みかけることで、向こう側にもあなたの心の内が伝わるでしょう。

脈ありサイン⑤自分の前で笑顔が多い

好きな人の前では自然と笑顔が溢れてくるもので、一緒にいて話をしているうちに笑顔が増えてきます。意中の相手と楽しく対話ができるのはうれしいと思うのです。

普段から笑顔しか見せない場合は気づきにくいですが、あまり笑わないミステリアスな男性がニコッと笑ったら脈ありの確率もアップします。いつもとは違うギャップにも惚れ込んでしまうのではないでしょうか。

片思いの相手が見せる脈なしサイン

脈ありサインをご紹介してきましたが、片思いの相手の行動が脈なしの場合もあるのです。片思いは辛いですが、相手がどう思っているのかはっきりとわかれば、諦める踏ん切りもつくでしょう。片思いの相手が見せる脈なしサインをご紹介します。

脈なしサイン①2人で会おうとしない

好きな相手となら2人で会えるのはうれしいと思うでしょう。もっと自分のことを見てもらうチャンスですし、相手のことをもっと知ることができるきっかけにもなります。

「今度ご飯食べに行かない?」と聞いて、「他の人も誘ってみよう」と言われたら、2人では会いたくないということになり、これを繰り返すようなら脈なしの可能性がアップします。2人で会うことが難しい場合は、恋愛に焦らないようにした方が良いかもしれません。友達関係を続けてチャンスを待ってみましょう。

脈なしサイン②会話に集中していない

自分から話しかけても、「へぇ~」「そうなんだ」「うん」などと一言でしか返ってこないなど集中していない場合は、興味を持っていない可能性が高いです。相手に対して関心を持っていたら、自ら質問をしたり、会話を広げようとする行動が見られるはずです。

気になる人のことならどんなことでも理解したいと思うものなので、会話に集中していないということは、早くその場を切り上げたいと思っているのかもしれません。

無理に話をしようとしても、気まずい雰囲気が流れてしまうだけなので、とりあえず様子を伺いながら別のネタを振ってみるなど対策を考える必要があります。

脈なしサイン③返信をくれない

LINEやメールを送っているのに、返信をくれないと悲しくなってしまうでしょう。いつも自分からばかり連絡して、そういえば彼からほとんど連絡ないなと改めて実感することもあるのです。

本当に相手のことがラブなら、何でも理解しておきたいと思うので自ら行動的になり、LINEや電話などをしてくるはずです。それがないのなら、あなたに対して何とも思っていないがために返信してくれない場合も考えられます。一方的にしつこく連絡し続けていたら、逆に嫌われてしまう場合もあるので注意しましょう。

片思いの女性必見!意中の人と両思いになる方法

その気持ちが片思いだということに気づいたら、付き合えたらどんなに幸せかと思うことでしょう。両想いになるには自らが行動を起こすことがポイントになります。片思いの女性は必見!意中の人と両思いになる方法をご紹介していくので、参考にしてみてください。

両思いになる方法①話した内容を覚えておく

会話をしている中で、思いを寄せている男性が喋った内容を覚えておくことがポイントです。好きなものをマスターしておくと、「あ、これ〇〇が好きなものだよね!」とさりげなくあなたに興味を持っていますということを全面に出すことができます。

また没頭している趣味などがあれば、自分も勉強することで、会話が広がってより距離を縮めることができるでしょう。

両思いになる方法②相手の好きなタイプに近づける

想いを寄せている相手と両思いになるためには、相手に想われるような魅力的な人を目指すことが大切になってきます。前もって、彼の好きなタイプをさりげなく聞き出してみてください。自分磨きをしていくのはもちろん重要なことですが、一番手っ取り早いのは相手の好きなタイプに近づくことです。

「優しい人が好き」「笑顔が素敵な人」などタイプは人それぞれです。優しい人が好きなら、一緒に過ごしている時に見せるようにしてみてください。笑顔が素敵な人の場合、自然でかわいいニコニコ顔がつくれるように自宅で練習してみましょう。

両思いになる方法③好意を少しずつ伝える

自分の気持ちを心の中にしまっておいては、相手にもラブな感情が伝わらずに何も進展しないままで終わってしまいます。両思いになるためには、好意を少しずつ伝えることが大切です。

積極的にアプローチしていくと、逆に相手のあなたに対する関心度が薄れてきてしまう可能性も考えられます。「あれ?もしかして好意を持ってくれているのかな?」と思う程度が相手を惹きつけることができてちょうど良いと言えるでしょう。

片思い中にやってはいけないNG行動

両思いになる方法をご紹介してきました。相手に嫌われないようにしたいけど、ちょっとした行動から嫌悪感を持たれて興味をもってもらえなくなる可能性もあります。片思い中にやってはいけないNG行動をご紹介します。

NG行動①ベタすぎるボディタッチはしない

意中の人にアピールするためにボディタッチを使って落とすという方もいるのではないでしょうか。適度にボディタッチをするのであれば、相手をドキドキさせることができ、効果的な場合もあります。

しかし、腰に手を回したり、肩を組んだりなど必要以上にベタベタ触るという行為は、相手に警戒心を持たれてしまうこともありますし、嫌悪感を抱くことも多くなります。

ボディタッチが多すぎると、誰にでもそういうことをする女だと思われてしまい、本命ではなく遊び相手として見られてしまうことにもなりかねません。また男性の場合はセクハラだと思われてしまうので、ベタすぎるボディタッチはしないように心がけてください。

NG行動②必要以上にこちらから連絡しない

LINEやメールの返事が来ないと悩んでいる方もいるかもしれません。たまになら「忙しくて後で返信しようと思っていて忘れていた」「ゆっくりと内容を考えてから送りたい」などさまざまな理由から返事が来ないということもあるでしょう。

しかし、既読になっているのに一向に返信がないということが頻繁にある場合は、脈なしである可能性も考えられます。なぜ返事をくれないのかとイライラすることもあるかもしれませんが、必要以上にこちらから連絡しないようにすることが大事です。

相手に振り向いてもらえない以上、今は何をしてもうまくいかないままです。返事もないのに必要以上にこちらから連絡をした場合、嫌われてしまい、ますます振り向いてもらうことはできなくなるでしょう。あなたのイメージが悪くなってしまう前に、一度距離を置いて様子を見た方が良いかもしれません。

NG行動③友人に恋愛相談しない

同性同士が集まると、恋愛話に花が咲くことも多いでしょう。何か悩みが出てきたら、同性の友人に恋愛相談をしたくなりますが、「これを言ったら傷つけてしまうかも…」と考えてしまい、友達に対して見込みがない場合でも応援してしまうことも多いです。肝心のアドバイスももらえない可能性もあるでしょう。

友人に相談するなら、共通の知り合い、気軽に話ができる異性の友達がおすすめです。相手と同性同士で理解できる部分も多いので、ためになるアドバイスをくれる可能性が高いでしょう。

片思いを卒業したいなら現状から抜け出そう

好きな気持ちがハッキリしなくて悩んでいる時は、あなたの行動や態度を思い出してみてください。相手に対する気持ちが片思いであることがわかったら、そこから先は両思いになってラブラブなカップルになりたいものです。片思いを卒業したいなら現状から抜け出しましょう!

その他の関連記事はこちらから