記事作成日:

「人生詰んだ」の意味は?そう思う瞬間や対処法を解説!

「自分の人生は詰んだ」そう思った経験はありませんか?人によってそれほどに絶望的な状況に陥ったと感じるかどうかは異なっていますし、具体的にどういった状況でそう思うのかあいまいな方も居るでしょう。今回は、人生詰んだと思う瞬間、仮に陥った場合の対処法をご紹介します。

「人生詰んだ」ってどういう意味?

そもそも人生詰んだというのは、自分の人生の未来に対しての選択肢が無くなり、これ以上良い方向には進まないという絶望的な状況を指します。将棋を知っている方なら分るでしょうが、詰みというのはどんな手を使っても負けが確定している状況です。

これを人生にあてはめている訳ですから、現状ですでに非常に厳しい状態になっているのを実感していて、取れる選択肢も無いか、選んだとしても今と同じかそれ以上に厳しい未来しか想像できないのです。

全くの選択肢がゼロの場合には「人生終わった」と言われますが、こちらの場合にはわずかに選択肢が残っており、それでも十中八九悪い方向にしか進まないと予測される場合は、詰んだと言うのです。

「人生詰んだ」と感じる瞬間とは

終わったとは言わないまでも、詰んだと思うまでに追い詰められるのは、相当に厳しい経験をしたからだとイメージできるでしょう。続いては、人生詰んだと思う具体的な状況について解説します。

人生詰んだと感じる瞬間①多額の借金を背負った時

まずは、多額の借金を背負ってしまった時が挙げられます。数十万程度ならばまだ何とかできる範囲に収まりますが、この場合で言う多額というのは、1億円を超える様な膨大が過ぎる額の借金になります。

これほどの借金を抱えてしまえば、普通の人間には手に負えません。こういった場合、自己破産をするのが対策の1つにはなるものの、一度破産してからはまともに社会で働いたりしにくくなるのが現実です。

社会的な信用を失ってしまっている訳ですし、そこから返済をしていくとしても額が大きすぎて何時完済するのかの目途も立ちません。これでは、詰んだと感じても致し方ないでしょう。

人生詰んだと感じる瞬間②転職を失敗した時

続いては、転職に失敗してしまった時が挙げられます。これまでとは全く違った場所で新しい気持ちで仕事に取り組もうと思っていたのに、いざ働いてみると思い描いていたものとは全然違ったりといったケースがあります。

または、すぐに見つかるだろうと思っていたのに全然見つけられず、一向に仕事に就けないという時も自分に対する大きな失望を感じるでしょう。もしそのまま職なしの状態になってしまった場合、増々詰みを覚えることになります。

人生詰んだと感じる瞬間③大きな病気を患った時

大きな病気に罹った場合にも、人生の展望が見えなくなってしまうでしょう。大きな病気とはすなわち、がんなどをはじめとする人間の命を奪うか奪わないかという危険なものであり、誰が罹患するか分かったものではありません。

という事は、自分もその可能性があるのです。どんな理由で罹ったにしても、往々にして完治の難しい大きな病気を患っていれば、希望を持てないのも無理はありません。健康が失われている訳ですから、やりたい事も出来ず自由を失ってしまっています。

人生詰んだと感じる瞬間④離婚や失恋

離婚や失恋なども、人間の心に大きな影を落とします。恋愛の場合には、特に付き合っている相手への依存が大きい場合には期待がある分失恋した時の喪失感が大きいとされていて、生きがいを無くしたかのように心を病みます。

離婚というのも、人生において大きな変化を及ぼす要因です。結婚ならまだプラスな要素でしたが離婚となると大抵はマイナスな変化ですし、長年一緒に生活をしてきたパートナーから別れを告げられた場合、失恋以上の喪失感を味わうと予想されます。

人生詰んだと感じる瞬間⑤不倫がバレた時

既婚者であれば、自分が望んでいない限りは離婚というリスクは避けたいものです。しかし、不倫が発覚するという完全な自業自得によって生み出された不利な状況に陥った場合にも、自分の人生が積んだと感じます。

例え自分が離婚をしたくなくても、不利な状況故に簡単に離婚の流れになりかねません。また、慰謝料の請求や不倫発覚の仕事への影響などが考えられますので、不倫が発覚して初めて失ったものの大きさに気づくのです。

「人生詰んだ」と思った時の対処法

この様に、大きなトラブルなどによって人生が積んでしまったと思う事があります。ですが、ケースによってはまだまだ立ち直り、やり直しが効く時もありますので、もし詰んだと思ったのならば以下の対処法を試してみましょう。

対処法①新たなスキルを身につける

まず、新しいスキルを身に着ける所から始めてみましょう。特に転職や仕事などで失敗を経験し、これ以上は無理だと感じた時であっても、新しいスキルを身につければそれに関するチャンスが見つかる可能性も生まれてくるというものです。

また、もし興味のある仕事が先に見つかっているのであれば、そこに就くために必要な能力やスキルは何なのかを逆算し、先に手を打つというのも有効です。どんなスキルであっても、必ず自分の身になってくれるでしょう。

対処法②環境を変えてみる

続いて、置かれている環境を変えてみるというものです。人生が詰んだと思っているような状況では、自分の今いる環境ではほぼ八方ふさがりで、どこにも突破口が無いように思えてしまいます。であれば、一度大きく環境を変えてみるのが手になります。

今自分が置かれている環境から飛び出し、離れた視点から見た時、思いのほか解決の糸口は見つかったりするものです。環境を別の場所に移すというのは中々勇気が居るかもしれませんが、現状を変えたいならやってみる価値はあります。

対処法③状況を受け入れる

詰んでいる自分の状況を受け入れるのも対処法になります。詰んだと自分が感じるほどの状況になってしまっているのは紛れもない事実ですから、それ自体は現実なのだと一度受け入れるのも強さです。

しかし、受け入れるのであって決して諦めてしまうのとは違います。自分が置かれている状況を客観的に把握し、なぜそうなったのかを論理的に考えてみましょう。原因が判明すれば、そこからの反省や今後の対策もおのずと見えてくるはずです。

対処法④過去に同じ逆境に対処した人から学ぶ

詰んだと思うような悩ましい状況においては、視野が狭くなってとても周りの人に意識を向けにくくなっています。しかし、自分と同じような境遇を体験した人が近くに居ないとも限りません。

自分と似たような辛い状況から逆転した人がもし居るのなら、どんな風に対処したのかを学んでみるのをお勧めします。そこからヒントが得られる可能性は十分にありますし、特に年代が近い人の経験ならばより気力も戻ってくるというものです。

対処法⑤プライドを捨てる

根本的に解決したいのなら、プライドを捨てるのも対処法になります。自分の人生を立て直すうえで、余計なプライドは邪魔にしかなりません。詰んだと思う状況は確かに大変でしょうが、プライドによって取れる選択肢を狭めている可能性もあります。

例えば、正社員でなかったとしても、お金を稼いで生きていく方法はいくつもあります。プライドを取り払うのは自分の生きる選択肢を増やすためのコツとも言い換えられますので、様々な可能性を模索してみてください。

「人生詰んだ」と感じた時に見てほしいおすすめ映画

心が大きく落ち込んでいる状況では、映画などに勇気をもらう事もあります。詰んだと思っている時こそ、気持ちを立て直すための方法として映画を見るのは立派な方法ですから、最後にお勧めの映画をいくつかご紹介しましょう。

おすすめ映画①ソウルフル・ワールド

まずは「ソウルフル・ワールド」です。魂(ソウル)の世界という生まれる前にどんな人間となるかを決める世界が舞台のディズニーアニメであり、音楽教師がマスコットのようなソウルの存在する世界で、自分がやりたい事が分からないソウルと出会っていく物語です。

「自分のやりたい事が決まっていない、分からない」という状況は、人生が積んでいる現状においてとても親近感が湧くかもしれません。共同監督のケンプ・パワーズ氏による言葉も、勇気をもらえるものとなっています。

おすすめ映画②ロッキー

ボクシング界の勝負を題材にした「ロッキー」です。スポ根の元祖とも言える映画であり、勝ち目のない状況で諦めずに圧倒的な強者に挑むという構図から、熱い気持ちを思い出させてくれるところがあるでしょう。

おすすめ映画③ザ・プロム

2020年公開の映画「ザ・プロム」もお勧めです。元人気舞台俳優の二人と、プロム参加を望む女子高生同士のカップルの舞台をテーマにした奮闘劇です。同性愛や歌などを通して、自分の人生は自分が主役であると訴えてくれます。

「人生詰んだ」と思っても必ず対処法は見つかる

「人生が詰んだ」と思っていても、実際にはまだまだ取れる対処法があるかもしれません。諦めた時こそ本当の「詰み」ですし、人生が終わらない限り何度でもやり直せますから、手を尽くすのを諦めないでください。

その他の関連記事はこちら