記事作成日:

付き合ってはいけない3Bとは?3Bの職業の男性には要注意!

付き合う恋人に対して求める、理想の職業がある一方で、その真逆、すなわち付き合いたくない、付き合ってはいけない3Bと言われる職業があるのです。一見問題なさそうですが、なぜ要注意認定されているのでしょうか?今回は付き合ってはいけない3Bについて解説しますので、付き合う相手の参考にしてみてください。

付き合ってはいけない3Bとはどんな職業?

3Bとは何かというと「バーテンダー」「バンドマン」「美容師」という、職業名の頭文字がBになる男性の事です。これらの職に就いている男性と付き合ったとしても。幸せにはなれないという話を聞いた経験はあるでしょうか?

実際にテレビで放送されたドラマにおいても、バンドマンやバーテンダーといった3Bに該当する男性との恋愛模様を描いた内容のものがあります。これらの職業は共通して女性と接する機会が多く、常に不安が付きまとう仕事でもあるのです。

常に人と接する職業でもあるために、見た目を若々しく女性ウケするようにしているケースも少なくありませんから、遊んでいそうなイメージを持たれるのも無理のない話です。

付き合ってはいけない3B・その理由

3Bは共通して女性との接点が多い訳ですが、他の職業においても異性と接する機会があるものならいくらでも見つかります。その中で、なぜこの3Bが付き合ってはならないと認定されているのか、その理由について解説しましょう。

付き合ってはいけない3B①バーテンダーの男性の理由

まずバーテンダーと付き合ってはならないとされる理由は、職業柄夜がメインとなりますので、昼夜逆転した生活を送っている人も少なくありません。例え同棲したとしても、生活時間やリズムの違いからすれ違いが起きる可能性が高くなります。

同じ生活時間で過ごせないというのは相当なストレスになり得るものです。一緒に過ごす時間も取れなければ連絡を取り合う時間も会わないなど、一緒に暮らす事を考えると不満は尽きません。

そして、女性の客を相手にする日ももちろんあるでしょうし、当然ながらお酒を提供します。そこから親密になる確率も決して否定できませんので、付き合うとなれば不安は絶えないでしょう。

付き合ってはいけない3B②美容師の男性の理由

続いて美容師ですが、こちらはバーテンダー以上に女性と接する機会の多い職業となっています。勿論男性を相手にする日もあるでしょうが、美容院を利用する割合としてはやはり女性の方が多いものです。

そして、実際に触れたりと非常に近い位置で仕事をする訳ですから、見た目にもお洒落な格好をしたり、派手な出で立ちをしている美容院の男性は少なくありません。

接客業であるゆえに女性と接する機会もとても多く、どこから浮気に発展するか分かったものではありません。真面目な人の場合でも講習会に参加したりするので、デートの時間を取りづらかったりします。

付き合ってはいけない3B③バンドマンの男性の理由

そしてバンドマンですが、こちらは生活をする事自体に不安材料があります。他と違って正規の職業とは言いづらい部分があり、金欠気味なケースも珍しくありませんので、付き合うとなるとヒモになり、女性が負担を強いられてしまう可能性がとても高いのです。

加えて、バンドマンとなればファンが存在しており、そういった人たちをとても大切にします。女性のファンが居ればどこで親密になるか分かったものではなく、将来性が非常に不安かつ、いつも心配させられてばかりなので、後悔する確率が高いという訳です。

付き合ってはいけない3B・メリットもある?

一見問題が無さそうな職業であっても、少し考えてみれば付き合う場合にはこういったデメリットが存在しており、危険だからこそ付き合うべきではないと言われているのです。だた、絶対に後悔するわけではなく、メリットも存在しています。

バーテンダーの男性と付き合うメリット

まずバーテンダーの男性と付き合うメリットについてですが、美味しい食事ができるお店やおしゃれなお店に詳しいというのが挙げられます。職業柄お酒を使っている分、それに合う食事を探していて常にアンテナを張っているようなものです。

それゆえに、デートに行くとしたならば食事の内容はほぼ間違いなくレベルの高い、満足が出来るものになるでしょう。勿論お酒にも詳しいので、どんなお酒が自分に合うのかも教えてくれるでしょう。

また、バーテンダーと付き合っている時は、会いたくなったらすぐに会えます。勤務先を把握していれば会いに行くことができる訳ですから、相手が勤めている最中であってもデート感覚になれます。

美容師の男性と付き合うメリット

続いて美容師と付き合うメリットについては、なんと言っても美容に関して精通している点でしょう。美容師という職業自体、美意識を高く求める人の集まりなわけですから、お洒落な男性が多いのはその為です。

故に、仮に付き合った場合には髪型だけではなく、美容に関して非常に詳しいのでそこからアドバイスをもらえると考えられます。勿論ヘアスタイルのプロですから、髪形についても色々と教えてもらえます。

パーティーや結婚式など、何かと身なりを整える必要のある場面はあります。そういった時に美容師の彼氏が居れば、美容室に足を運ばずともスタイリングを任せられるでしょう。

バンドマンの男性と付き合うメリット

そしてバンドマンと付き合うメリットは、付き合っているという事自体を特別なものに感じられる点が一番大きいと言えます。ライブで演奏している姿は非常にかっこいいですし、ファンから注目されている当人が自分の彼氏であるという事実が、優越感をもたらしてくれます。

もし現在あまり売れていなかったとしても、これからに目を向ければ十分名前が知られる可能性はありますから、それこそ一番近くで応援した甲斐があるというものです。そのほか、バンドのつながりから交友関係についても広いところがあり、いろんな人と知り合えるでしょう。

付き合ってはいけない3B・近年追加されたBも

これら付き合ってはいけない3Bに加えて、最近になって新しく加えらえたBが存在しています。それが「舞台役者」であり、これを含めたものを新しく4Bとしてまとめられているのです。

舞台役者も、基本的にはバンドマンと同様に金銭的な安定が保証されている職業ではありませんから、付き合えばどんな苦労があるかは想像に難くないでしょう。ファンが居る可能性ももちろんあり、そこから仲良くならないとも言い切れません。

加えて、舞台や演劇の世界は思っている以上に特殊なものですから、普通とは少し離れた性格をしている人が居てもおかしくありません。

女性が彼氏にしたくない3Sの職業もある?

彼女になるのが推奨されておらず、もしなるとしたら相応に覚悟と忍耐を求められるのが3Bなわけですが、実は3Bだけではなく「スポーツインストラクター」「消防士」「整体師」をまとめた3Sも、彼氏にしたくない職業となっています。

消防士

まず消防士は、公的な職業ですので安定して付き合えるのではないか、と思われるかもしれません。結婚相手としても希望されやすい職業なのですが、実際は仕事柄男性が多いために女性関係で手を出す可能性が高いと言われています。

先に述べた通り、恋人にしたい、結婚する相手に選びたい仕事として選ばれている分、障害になる女性もいないとは言い切れません。いざという時には頼りがいがあるものの、女性関係については不安が常に付きまとうでしょう。

整体師

続いて、整体師です。人と接するのが当たり前の仕事であり、更に体を整えるのを生業としていますから、物腰も柔らかく親切な人が多いのですが、これを利用して異性の患者と仲良くなろうとする男性も居ないわけではないのです。

仕事であるとはいえ女性の体に触れますので、付き合っている立場からすればいつその気を起こすか分かったものではありません。予約を取る名目でLINEのやり取りもしやすいので、女遊びをしている整体師も少なくないと言われています。

スポーツインストラクター

最後に、スポーツインストラクターです。体づくりに詳しく男らしいスポーツインストラクターにあこがれを覚える女性は多いもので、ダイエットや筋トレの為に手トリ足取り教えてくれる男性に、好感を覚えない方が難しいでしょう。

人を相手にしている以上、仕方ない部分もありますが、整体師と同じように物理的に接触する職業故に不安を覚える女性は多いものです。中にはこうした環境を利用している質の悪いインストラクターも居る様なので、要注意です。

自分が幸せになれる相手をしっかり見極めよう

3Bだから、3Sだから絶対に付き合ってはならないわけではありません。しかし、どれだけ誠実な人であっても職業故に異性の不安と切っても切れない関係性の仕事がありますから、その点を十分に見極めるようにして下さい。

その他の関連記事はこちら