記事作成日:

モテないデブスの特徴は?婚活成功までのステップを解説!

最近よく聞く、デブスとはどんな意味かご存知ですか?ここでは、デブスの言葉の意味や特徴、よくあるデブスエピソードなど幅広くご紹介していきます。また、デブスを脱却し婚活を成功させたい女性のために、婚活成功へのステップアップについても触れていますので、デブスな自分を変えたい!と考えている女性はぜひ参考にしてみてください。

デブスの意味とは

最近「デブス」という言葉を聞く機会が多くなったと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。デブスという言葉は、「デブ」と「ブス」という2つ言葉を繋げて1つの言葉にしています。

見た目を表す言葉にはなりますが、安易に太っていて容姿が整っていない方を指すのではありません。見た目以外にも性格ブスも含まれるのです。

モテないデブスの特徴【見た目】

モテないデブスと呼ばれる人には、見た目の特徴があります。自分がデブスの特徴に当てはまっていないか、周囲に当てはまっている女性はいないか確認してみてください。

特徴①服装

モテないデブスの服装は、太っている体系を隠すためにわざとダボダボした洋服を着ていることがあります。ボディラインを気にするあまり、ダボダボの洋服を着ることによりかえって身体が大きく見えてしまっているのです。

ボディラインが気になる場合は、安易にボディラインを隠すダボついてる洋服を着るのではなくバランスを考えてコーディネートする必要があります。他にも、ダボダボの服を好む女性の一方で、太っているにも関わらずボディラインが強調されてしまう服を好む方もいます。

痩せている方でさえ躊躇してしまうほどの短いスカートや身体のラインが出るワンピース、胸元が空いた露出度の高い洋服などを着用される方もおられます。周りの人が目のやり場に困るような洋服を選ぶ方も、デブスと言えるでしょう。

特徴②髪型

髪の毛の手入れをしておらず、清潔感のない方はデブスに該当します。長期にわたり美容院に行かずに髪を伸ばしっぱなしにしている場合や、ヘアケアをせずに乾燥しパサついてしまっている場合は清潔感がないようみ見えてしまうのです。

他にも、周囲によく見られたいと思う気持ちが強いあまり、本人に似合っていない派手な髪型をしている場合もデブスと認定されてしまうでしょう。

特徴③メイク

自分はデブスだから「どうせ」と考えてしまうため、メイクをしない女性もおられます。化粧をしている、していないが問題なのではなく、その気持ちが問題なのです。

メイクは自身が気になる欠点をカバーするためにするものですが、「どうせ」と考えるあまり、綺麗に見られたい、美しく見られたいと思う気持ちがなくなってしまっていることが何よりもデブスの特徴でしょう。

モテないデブスの特徴【性格】

ここからは、モテないデブスの見た目ではなく、内面部分の性格の特徴を紹介していきます。見た目が整っていても、内面が整っていないという場合にもデブスになってしまうでしょう。

特徴①卑屈になりがち

「どうせ私なんか…」と口癖になっている女性は、デブスでしょう。言葉には言霊があります。自分を否定してばかりでは、自分の発した言葉で自己暗示にかかってしまい、自身をどんどん暗くしてしまいます。自ら発する言葉で卑屈になり、一層デブスになってしまうのです。

特徴②理想が高い

モテないデブスは、現実での恋愛経験があまりないため男性の理想が高くなってしまいがちです。ドラマや映画、マンガなどの男性に憧れを抱き、現実ではあまりいない王子様のような男性を求めてしまうようです。そのため自身のことはさておき、良い男がいない、わたしに似合う男がいないなどの愚痴を多く言います。

特徴③他人の目が気になる

デブスは見た目を気にしていなかったり、「どうせ」と見た目を良くする努力をしていないので周囲からどう思われているか気にしていないように見受けられますが、そんなことはありません。

不思議なことに、性格が卑屈であったり美しくなる努力をしていないことでモテていないのに、自身の気になる部分が執拗に気になってしまうことがあります。そのため、モテない理由には他に原因があるにも関わらず、足が太いからモテないなど自身の気になる箇所を部分的に囚われてしまう傾向があります。

特徴④ネガティブ思考

自身の見た目が良くないあまり、自身のことをデブスだと認め悲観的になってしまう方が多いようです。過去に見た目のことで、からかわれたりするなどしてトラウマも抱えている方も少なからずいらっしゃいます。そういったトラウマからも努力をしても何も変わらないと、ネガティブ思考になってしまうのです。

特徴⑤努力が苦手

デブスは努力ができないため、デブスなのです。例えばダイエットを試みるも、たった1週間で「どうせ私は痩せられない」とすぐに諦めてしまいます。1週間で痩せることができれば、デブスにはなっていません。そう簡単に自身を変えられるわけがないのです。

目標に向かって努力をすることができれば、見た目が変わることはもちろん内面的にも変わることができデブスを卒業できるでしょう。

デブスのあるあるエピソード

 

デブスの中には、自身がデブスと自覚しているタイプと全く自覚がないタイプに分かれます。ここでは、無自覚なタイプのあるあるエピソードを紹介していきます。

エピソード①自分は可愛いと思い込む

デブスだと自覚がなく、自分は可愛い、自分はモテると思っている女性がいます。そういったタイプは周囲の方が優しく、女性を傷つけないように優しくしてくれているだけにも関わらず、優しくしてもらったことで、自分は可愛いと思い込んでしまっているのです。

エピソード②自分をぽっちゃり体型と言う

ぽっちゃりの域を越えている体系をしているいも関わらず、デブではなく「ぽっちゃり」だと思い込んでいる女性がいます。

思い込んでいるだけであれば良いのですが、ぽっちゃり女子やマシュマロボディで男ウケが良いと周囲にも伝えていることもあります。自分の体系について把握ができておらず、痛い発言をしてしまうのも無自覚なタイプのデブスの特徴です。

エピソード③隣にいるだけで威圧感

デブスとだという自覚がないということ、そもそもの身体も大きいことから周囲にいる方からは、威圧感がすごいと思われがちです。見た目、態度ともに大きくなってしまうため、周囲からそう思われてしまうのでしょう。

エピソード④聞きたくない恋愛話をする

自覚のないデブスは勘違いをしていることが多く、合コンや友達との飲み会などで誰にも聞かれていないのに、自身の恋愛の話をすることがあります。需要のない恋愛話は聞いている方も疲れてしまいますし、反応にも困ります。空気が読めない点もデブスと言えるでしょう。

モテないデブスの婚活成功までのステップ

ここからは、自分がデブスだと自覚し脱却したいと考えている方に婚活成功までのステップをお教えします。自信を見つめ直すことで、デブスを卒業することができるはずです。

ステップ①自分の良いところを見つける

人には必ずしも良い点というのがあります。デブスだと思うあまり、自身の悪いところばかり見てしまい「自分はダメだ」と思ってしまいます。悪いところばかり見るのではなく、自分の良いところを見つけるようにしましょう。

良いところを見つけ、自身を認めることで自分のことが好きになり、卑屈な感情やネガティブな感情は自然と消えていくはずです。

ステップ②身なりをきちんとする

身なりを整え清潔感を出すだけで、デブスから脱却できる場合があります。例えば、バランスの良い体系に合った洋服を着用する、しわのない綺麗な洋服を着る、ヘアケアをしっかり行うなどがあげられます。たったこれだけのことを意識するだけで、周囲がデブスに持つイメージはガラリと変わるでしょう。

外に出かける前に、清潔感はあるか、汚れやしわのない洋服か、色の組み合わせはおかしくないかなど確認することをおすすめします。

ステップ③自分磨きをする

見た目も中身もデブスではなくなるために、自分磨きをするのが良いでしょう。中でも、ダイエットが最も自分磨きに適しているでしょう。脂肪吸引やエステなどで見た目を変えることができますが、それだけに頼っていては中身は何も変わりません。

有酸素運動や筋トレ、規則正しい基本的な生活習慣を身に着け心身ともに改善していくと、自分磨きに繋がります。

ステップ④デブな自分を受け入れる

現実の自分を受け入れることが大切です。自分のことを嫌いだと思っている女性を誰が好きになってくれるでしょうか。自分のことをきちんと受け入れ、好きになりましょう。そうすると、自然に笑顔が増えていき魅力的な女性になれます。

ステップ⑤チャーミングを意識する

チャーミングな部分は誰しもが持っています。チャーミングな部分というのは、人を引き付ける力があります。そのため、自分のチャーミングポイントを理解し、意識して行動することで、周囲により魅力的にうつすことができるはずです。魅力的な部分はさらに伸ばしていけると良いでしょう。

デブスを改善して婚活を成功させよう

デブスは自身の意識を少し変えるだけで脱却することができます。デブスにならないためには、心身ともに自分磨くを怠らないことが大切です。デブスから抜け出せることで、周囲からの見方も変わりより一層楽しめることでしょう。

その他の関連記事はこちらから