記事作成日:

浮気性な人の心理や特徴は?見分け方や一途にさせる方法を解説!

浮気性の方に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか?おそらく好印象さは皆無で、トラブルを頻発する常識のない方というようなイメージが多いでしょう。ではなぜ浮気ばかりしてしまうのか、その心理や特徴、一途にさせるための方法などを今回は解説します。

浮気性とは?

まず最初に、そもそも浮気性がどんな意味合いを持っているのかについて、解説する事から始めましょう。浮気性とは読んで字のごとく、浮気をしやすい性格の人の事を指し、それも一度や二度ではなく、何度でも繰り返してしまうことを言います。

大抵常に異性の事ばかり考えており、一人の相手とずっと付き合い続けるのではなく、代わる代わる相手を変えていくのです。世間一般の常識に照らし合わせれば、到底肯定される性格ではありませんが、その裏には家庭の事情などのトラウマが関係しているケースもあります。

残念なことに、この浮気性を治すのは非常に難しいとされています。のちに心理の中で詳しく解説する通り、浮気をすることに対しての罪悪感を感じておらず、たとえ露見したとしても、次はバレないようにしようと反省の色も見られないのです。

浮気性な人の心理とは?

一般常識に当てはまれば、懲りずに何度も浮気を続ける人は、正気の沙汰をしているは思えないでしょう。実際そんな人が身近に居たとすれば、信じられないという目で見てしまうはずです。男性、女性共に、浮気性な人というのはその心理が共通しています。

浮気性の心理①悪いことだという認識がない

浮気をすること自体が悪い事だという認識が無い、というのが最も大きいです。一度浮気が発覚した時に「もうしない」「許してほしい」などと口では言いつつも、結局何度も浮気をされ続けたら、相手を信じられなくなってしまうでしょう。

一般的には浮気は決して良い顔をされるものではなく、それどころか咎められる行為になりますが、当人たちは、そもそも浮気を悪い事であるという認識がありません。浮気をした事実に対する罪悪感などよりも、快感の方が勝っているからです。

その為、仮に浮気が発覚してしまったとしても、その場では反省しているような口ぶりだけを見せて、実際には謝罪さえすれば何とかなると思っており、慌てるようなそぶりも見せません。

浮気性の心理②刺激が欲しい

2つ目は、刺激を求めているという心理です。本命の人がいるのに浮気をしてしまえば、それなりに罪悪感を感じてしまうのが一般的です。しかし、浮気性の人が一度浮気をすると、罪悪感以上に背徳感が癖になり、ずっと続けてしまうのです。

他に付き合っている相手がいるのなら、その人にバレてはいけませんので、必然的に秘密の関係になります。このバレてはいけない関係性というのが本人にとっては背徳感という形で刺激になっており、罪悪感が麻痺してしまっています。

浮気性の心理③優越感が欲しい

もう1つ、優越感を求めている節もあります。浮気性の人というのは、様々な異性と関わりを持ちます。裏を返せば、それだけ他人と接していないと気が済まない、つまりは心配性で人とのつながりを欲しがっている人であるとも言えます。

浮気をすれば、最低でも2人以上の異性との関係を持つことになります。1人だけでは飽き足らず、複数の人間と関係を持っている自分は、それだけ他の人よりも他人から必要とされているのだ、という形で優越感を満たそうとします。

特に、本命の相手がいたとして、中々会えない日々が続くと、どうしても人恋しくなって、浮気に走るというケースはありがちです。直してほしいと言われても、口では直すと言って、結局また浮気を繰り返します。

浮気性な人の特徴

以上、浮気性な人の心理について解説しましたので、なぜ浮気ばかりし続けてしまうのか、納得はできないまでも、ある程度の理解までは至ったことでしょう。続いては、浮気性の人に共通しがちないくつかの特徴を紹介します。

浮気性の特徴①似たような友達が多い

1つ目は、周りに似たような友達が多い事です。ここで言う似たような、というのは、知人も浮気性であることを指します。こうした友人が多い中では、浮気は特に問題行為ではない、当たり前の事である、といった認識になってしまい、罪悪感を感じにくくなるのです。

今までは一度も浮気をしたことが無かったのに、友人が浮気をしていて、まだ一度も浮気をしていない事に対してプレッシャーをかけられ、結果的に浮気性になってしまった、というケースすらあります。周りがやっているからと、流されやすい方は特に浮気性になりがちと言えます。

浮気性の特徴②外見にこだわる

実は浮気性の人は、外見にこだわっており、所謂おしゃれに気を遣っています。なぜ外見へのこだわりを持っているのかというと、複数の女性をとの付き合いがあり、女性の目を意識しているからであり、おしゃれに手を抜くことが無いのです。

加えて、いつ出会いがあっても良いように備えているからでもあります。イベントなどで顔が好みの子がいるかもしれないし、意気投合できるかもしれないからと、常に身だしなみに気を付けています。また、女性の好みに関してもしっかりと把握していますので、質が悪いです。

浮気性の特徴③ボディタッチが多い

ボディタッチが多めの人は、浮気性の可能性が高いです。勿論全員が該当するわけではなく、単に距離感が他の人と比べて近いだけという方もいますが、軽めのボディタッチが多かったり、体のコミュニケーションを好む様な人は、後述する性欲の強さからそうした行動に出ている傾向があります。

浮気性の特徴④金銭的に余裕がある

一度浮気が発覚しても懲りずに繰り返す浮気性の人が、なぜ繰り返すのかについては、心理の中で罪悪感が薄い等の原因は判明しています。そしてそれらに加えて、浮気をするだけの時間的、金銭的な余裕があることも少なからず関係しています。

人付き合いには、それなりに金銭が必要になります。特に恋人との付き合いの場合には、一緒に遊んだり、いろんなところに出掛けたりしますから、余計に時間とお金が必要になります。1人だけでも相応に金銭が必要ですが、複数の相手と関係を持っているのは、それだけの金銭的余裕を持っているからでもあるのです。

そもそも、お金に余裕があると、浮気心が無かったとしても異性にモテてしまいます。たとえ外見が優れていなかったとしても、お金があるという事実それだけでモテてしまうのが現実です。

浮気性の特徴⑤性欲旺盛

やはりというべきか、浮気性な人は、須らく性欲が強いです。当人の性欲が強いか、または既にパートナーがいるけれど、自分の欲求が満たされない場合には、それを解消するためにほかの異性に手を出します。

目安としては、男性の場合だと思春期から30代ごろにかけて、女性の場合には20代半ばごろからが、性欲が強いとされています。今付き合っている相手は大事に想っていても、体の愛称がいまいちだったり、自分の欲が解消されないと、解決のために浮気に走ってしまいます

こうした性欲の強さは、先に挙げた特徴であるボディタッチの多さ、スキンシップの頻度などからある程度推察できます。付き合っている間柄でもないのに体を求めてくる相手は、特に注意しなければなりません。

浮気性の特徴⑥寂しがりや

やはりというべきか、寂しがりな面も持ち合わせています。すでに付き合っているのに他の複数の異性と関係を持とうとするのも、体の関係を求めてくるのも、根本的にはこの寂しがりな性格が影響している可能性が高いです。

付き合っている相手がいるけれど、中々連絡が取れない、予定が合わずに会えていない、または喧嘩をしてしまっていて距離を置いている際には、この際誰でも良いから構ってほしい、そばにいてほしいという気持ちになってしまっています。

こうした浮気性の人は、誰かと一緒にいることで寂しさを埋め合わせたり、安心感を得ています。その為、たとえ本命の相手に発覚して別れることになったとしても、次の相手は既にいますので落ち込んだり罪悪感に苛まれることがありません。

浮気性の特徴⑦飽きっぽい

もう1つ、飽きっぽいのも特徴として挙げられます。付き合い始めのころは相手にのめり込むように興味を持っていたのにもかかわらず、それなりの期間付き合っていると刺激が足りなくなり、すぐに次の相手を探し求めています

こういった人は、自分でも飽きっぽい性格であることを自覚はしているけれど、自分を飽きさせてしまう相手にも悪いところはあるという考えになっているため、直そうとしたり、自制したりといった事には至らないのです。

実は見分ける方法もあり、特に女性の場合には、身に着けている持ち物から判別できます。もしもバッグや携帯のストラップといった持ち物が頻繁に変わっていたり、新しいものばかりだった場合には、飽きっぽい、または好奇心旺盛な可能性が高いです。

浮気性な人の見分け方

浮気性の人の特徴についても解説しました。こうして特徴を知ると、一見よさそうな人でも浮気に走ってしまわないか心配で、疑わしくなってしまうかもしれません。そこで、浮気性かどうかを見分ける見分け方をレクチャーします。

浮気性の見分け方①家をチェックする

まず、相手が一人暮らしであるのなら、家の中をチェックしてみましょう。もしも他に相手がいる場合、それが疑われる点がいくつかあります。確認するべきは、排水溝の髪の毛やゴミ箱の中身、部屋の散らかり具合などです。

排水溝に明らかに本人のものではない長い髪が混じっている、ゴミ箱の中に見慣れない化粧品、それも男性の家の場合には女性ものの化粧品のゴミが入っている、いつも散らかりがちなのに妙にきれいにまとまっているなどが見られた場合には、浮気を疑うべきです。

浮気性の見分け方②スマホを常に手放さない

次に、常にスマホを手放さずに操作し続けているかどうかです。昨今はスマホ依存症という言葉も叫ばれて久しく、日ごろからスマホばかり見ている人というのは、あまり珍しく感じないかもしれません。

ですが、それでもお風呂場までスマホを持っていくなど、肌身離さずスマホを持ち歩く場合には、付き合っている相手に覗き見られたくない関係を持っているからかもしれません。浮気の兆候としても、代表的なものに数えられています。

浮気性の見分け方③過去に浮気経験がある

これは最も怪しいでしょうが、過去に浮気の経験があるのが分かっている場合には要注意です。詳細に過去の相手を知らずとも、なぜ別れたのかの理由を知ることが重要です。もしはっきり答えなかった場合には言いにくい理由だった可能性が高く、そうなると浮気を疑っても良いでしょう。

浮気性の見分け方④恋人が途切れない

常に付き合っている相手が居て途切れない場合も怪しいです。先週相手と別れたばかりだというのに、今週になってもう次の相手が居るという場合には、最初の相手と付き合っている時から浮気をしていたと考えてまず間違いないでしょう。

浮気性の見分け方⑤顔に共通点がある

共通する顔の特徴として、常に口元がポカンと空いている、目尻が下がっていて穏やかな印象を与える目をしているなどがあります。これらは該当すれば必ず浮気をする訳ではありませんので、あくまでも共通しがちな参考の1つとして捉えてください。

浮気性な人を一途に更生させる方法

浮気性の人の心理や特徴、そして共通点まで分かりました。冒頭で解説した通り、残念ながら浮気性を完全に治すのは難しいと言われています。しかしそれでも、何とか更生させる方法も無いわけではありませんので、最後にいくつかご紹介します。

恋人のことを認めてあげる

まず、相手の事を認めてあげる事です。浮気をされているのにそれを認めるなど癪に思われるかもしれませんが、原因が寂しいだとか、承認欲求などだった場合には、単にやめてほしいといったところで響かないでしょう。

そこで、尊敬できる点はしっかり尊敬し、愛を伝えることで、自分はあなたを大切に思っているという事を伝えるのです。この方が相手の欲を満たせますからよほど効果的ですし、完全にとはいかないまでも、多少収まるでしょう。

アメとムチを使い分ける

2つ目は、アメとムチを使い分ける事です。恋人や夫婦の間では、間柄だけで通じるルールを設けることは珍しくありませんが、対策にする場合、お互いが許容できる範囲内で、やってはいけないことを定めます。

定める場合、禁止して破ったら罰則を科す、というマイナスなやり方ではなく、○○を守ったら褒美に何かをする、というようにプラスのルールを設けるようにしましょう。浮気自体がやってはいけない事で、それに強い制限を設けると、浮気性の人はよりやりたくなってしまうからです。

共通の趣味を持つ

最後に、相手と共通の趣味を持つのも対策になります。浮気には相応の時間と金銭的な余裕が必要なのは紹介した通りですから、それらを別の没頭できる趣味という形にして興味を向けさせれば、浮気をする時間と余裕を無くせます。

恋人が浮気性なら上手に対応しよう

浮気性の恋人というのは、こちら側にとっては悲しいものでしょう。しかし、心理を把握し、効果的な対策を取ることで、改善の可能性も十分に見込めます。自分が無理をしない範囲内で、上手に対応してください。

その他の関連記事はこちらから