記事作成日:

笑わない人の心理・特徴・理由を徹底解説!上手く付き合うための接し方は?

何気ない日常を過ごす中で、周囲に笑わない人や笑顔が少ない人はいませんか?面白いことがあったり、楽しい雰囲気でも笑顔を見せない人がいると気を使ってしまうこともあるでしょう。今回はそんな笑わない人の心理状態や、その人が持つ特徴、さらにどうして笑わないのかの理由を徹底解説していきます。笑わない人と上手に付き合う方法も紹介しているので、是非最後までご覧ください。

笑わない人の心理とは?

普段楽しい出来事があったり、面白い人と接していたら、他愛もない会話の中で自然な笑顔が溢れ出てくるのが普通です。しかし、中には笑うツボが異なるせいか、笑顔がなく、全く笑わない人も存在します。

しかし、なぜ、みんなが楽しいと思うところで笑わないのか、そんな笑わない人がいったいどんな心理状態となっているのか、詳しくみていきましょう。

笑わない人の心理①感情表現が苦手

笑わない人であっても、みんな同じ人間です。当然、楽しいと感じること、また、面白いと思うことは人それぞれ異なります。そのような中で、とても感情表現を苦手とする方もいます。

笑わない人は、笑う人と比べて自分の感情を周囲の人に対して表現することができず、いつもその行動を恥ずかしいと感じているのかもしれません。素の自分を見せることができずに過ごしている可能性が高いと言えるでしょう。

このように、自分の感情を表に出すことができない心理が働き、必然的に笑顔が消え、笑わない人になってしまった可能性もあります。

笑わない人の心理②楽しくないから笑えない

笑いのツボ、楽しいと感じるポイントは、人それぞれ異なる上、好む笑いのジャンルも異なります。そのため、みんなで盛り上がる場にいても、笑える内容ではないため、楽しいと感じていないから素直に笑えないという状況である可能性があります。

このような方は、楽しいと感じること、面白いと思うことについて、かなりハードルが高いのかもしれません。そのため、少しのことでは笑顔になれず、普段から笑わない人になってしまっていると言えるでしょう。

笑わない人の心理③人に合わせたくない

上手に社会生活を送り、周囲の人に合わせて協調性を持った生活をするのが一般的です。しかし、笑わない人は、わざわざ人に気を遣ってまで周囲の人に合わせることは絶対にしません。つまり、お世話で笑うということは絶対にしないのが笑わない人の心理だと言えます。

言い換えれば空気を読んだ行動を苦手としています。あるいは、その行動自体を面倒だと感じているかもしれません。このように、笑わない人は、自分中心の生活を送り、周囲の人に対して協調性を持った対応を行わないケースが目立ちます。

笑わない人の心理④クールっぽく見せたい

笑顔溢れる人はとても明るく元気な人という印象を持たれることが多いですが、それとは真逆で笑わない人は、周囲の人からクールに見られたいという心理が働き、そのように見てもらえていることに満足感を得ているようです。

つまり、常に無表情でいることでクールな印象を根付かせ、かっこよく見せたいと感じているのです。それでも実は、みんなと同じように笑いたいという心理もあり、どちらかの心理を優位に立たせているといった状況なのです。

笑わない人はどんな人?共通する特徴とは?

では、周囲に存在する笑わない人にはいったいどんな特徴があるのでしょうか?以下に、笑わない人が持つ共通して言える特徴を5つご紹介します。もしも自分に当てはまる項目があれば、自分も実は笑わない人の要素を持つ存在なのかもしれません。どのような特徴があるのかひとつずつ確認していきましょう。

笑わない人の特徴①表情がない

よく笑い、毎日笑顔が絶えないという方とは正反対の「笑わない人」は、喜怒哀楽が激しいこともなく、また、感情表現を表に出すことが少なく、あるいは何事に対してもいちいち感情を表に出すことをしない傾向です。

そのような人は、コミュニケーション能力にも欠ける一面を持ち合わせているため、笑顔になれる瞬間もなく、人に対して何らかの感情を抱くこともありません。このように、感情の起伏を繰り返すのではなく、常に毎日一定のペールで淡々と生活を送っているという特徴を持っています。

笑わない人の特徴②警戒心が強い

120%素敵な笑顔を見せる方とうって変わって、笑わない人は、共に仕事をする仲間や、あらゆる人に対して、また、初対面の人に対して強い警戒心を抱いています。

しかしこれだけ警戒心が強い笑わない人でも、何度も顔を合わせ、顔見知りになってくると、長い年月をかけながら接していくことで少しずつ笑顔を見せてくれるようになると言われています。

とは言え、そこまでに至るには相当時間がかかってしまうでしょう。最初は笑わない人でも、少し慣れてくるとほんのわずかでも笑顔を見せてくれることがあります。そこまで達すれば、お互いを信頼し合えた証拠でもあり、気持ちが打ち解けたということが分かります。

笑わない人の特徴③単独行動しやすい

集団生活を送る中で特に目立つ存在の「笑わない人」は、典型的な協調性のなさから、単独で過ごすことに快適性を実感しています。つまり、集団でいるよりも、一人単独でいる方が断然気持ちが楽だと感じているのです。

このように笑わない人は、単独行動を取りやすく、あまり協調性を持ちたくないという心理が働いていると言えます。

笑わない人の特徴④負けず嫌い

「何をするにも人に負けたくない」という思いを持つのも、笑わない人が持つ特徴だと言われています。笑う人と比較しても自分の感情表現が乏しい傾向にあることで、あまり存在感を感じられることがありません。

その分、負けず嫌いであるという一面で目立つ部分を見せることがあります。周囲の人からすると、「そこだけは譲れない人だ」など思われることが多いでしょう。

笑わない人の特徴⑤マイペース

人と自分のペースを合わせようとしない、マイペースな性格の持ち主であることも笑わない人の特徴です。そのため、あまり大勢の人が集まるような場所に姿を見せることはありません。あえて人が集まらず、穏やかに過ごせるような場所を好みます。

さらに、人との関わりを望んでいない分とても寡黙な存在です。このように、一人孤独に過ごすことを好み、マイペースに行動するタイプの人が笑わらない人だと言えます。

笑わない人が笑えない理由とは?

ここで疑問に思うことは、笑わない人は「笑わない」のではなく、「笑えない」のかもしれません。では、なぜ笑えないのか、その心理状態が気になります。ここでは、笑わない人が笑えなくなってしまう理由やその原因を確認していきましょう。

笑えない理由①笑顔にコンプレックスがある

本当はお腹の底から大笑いしたいと思っていても、笑わない人は、これまで自分の過去に様々なトラウマを抱えていることも考えられます。その中でも、そもそも自分の笑顔に対して何らかのコンプレックスを感じていることがあります。

自分の顔、形、パーツを嫌いだと感じている分、自然と笑顔が薄れてしまうようです。自分の笑顔を好まず、鏡を見ることもしません。笑わない人と接する時、このような自分の笑顔に対してコンプレックスを感じている人は意外と多いということを理解しておくと良いでしょう。

笑えない理由②笑えないほど忙しい

常に毎日仕事に追われていて、自分の笑顔を忘れ去っているという人はたくさんいます。いつも多忙すぎるあまり笑っている暇もありません。これは心の余裕のなさが原因だと考えられます。

もちろん、忙しいあまり、人と関わることもありません。いつもイライラした気持ちを持って過ごすことを余技なくされているのです。その結果、笑わない人になってしまったと言えるでしょう。

笑えない理由③笑い方を忘れている

自分の性格は本当は明るくポジティブで、周囲の人と協調性を保ちながら過ごせるはずなのに、なぜか自分をミステリアスな人物像として見てもらいたいと感じている「笑わない人」も多く存在します。これは、とてもかっこいい自分に見られたいという心理が働いているからです。

そんなクールでミステリアスな独特な雰囲気を放つまま長年過ごしていると、顔の表情筋も衰え、自分の表情を作ることができず、無表情になってしまいます。そして、すでに笑い方も分からなくなってしまっている可能性もあります。

笑えない理由④病気

笑わない人の中には「場面緘黙症」と言われる笑えない病気である可能性もあります。周囲の人からすると、大人になっても人見知りであるという程度に見られるようですが、少し意味あいが異なり、人と話をすることができない病があるということについて理解が必要です。

笑わない人が周りに与える印象とは?

とても社交的で誰とでも明るく笑顔で接することができる人からすると、笑わない人の心理がよく分からないことも多いでしょう。そのような笑わない人は、周囲にいる人や職場の仲間に対してどのような影響を与えるのでしょうか?ここからは、笑わない人が周囲からどんな印象に映っているのか詳しくみていきましょう。

印象①冷静沈着

歓喜に満ち溢れる、怒りっぽい、哀しみ、楽しさを表現する喜怒哀楽の感情表現が見られない人は、あまり人との関わりを持たない傾向にあります。さらに1人で行動することも多く、あまり周囲の状況に流されることがないという人格の持ち主が多いです。

それは人から見るととても野心のある人に見られることもあるようですが、中には冷静沈着な独創的な雰囲気を持つ人に見られることも少なくありません。時に淡々と仕事を進めていく姿勢は、とても好印象に思われることもあるので、シチュエーションによっては良いイメージに定着しています。

印象②近寄りにくい

数人で会話を楽しんでいても、常に無表情なのが笑わない人の特徴です。楽しい席が一変してしまう存在だとも言えるでしょう。

そのような表情が硬い笑わない人は、時に冷酷な人に見られる、あるいは近寄りにくい人だと感じられることもあり、あまり良い印象を持たれないこともあります。そのため、あえて笑わない人と接することを避け、人が寄ってこないことが多いかもしれません。

印象③たまに見せる笑顔に惹かれる

笑わない人が、時にふっと笑顔を見せる場面があると、その人のことを良く知る人たちからすると、驚く場面かもしれません。しかし、そんなたまに見せる笑顔がとても新鮮で、驚きとともにその笑顔に思わず惹かれてしまうこともあります。

このギャップによって笑わない人に対しての印象がガラリと変わり、もっと相手のことを知りたいと感じることもあるでしょう。思わぬところで恋愛関係に発展することもあるかもしれません。

笑わない人との上手な接し方

最後は、日常生活の中で周囲にいる笑わない人に対して、どのように接するべきか迷う方も多いのではないでしょうか?ここからは、笑わない人に対して、どう接していくのが良いか、上手な接し方をご紹介します。自分の生活環境の中にもしも笑わない人がいる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

上手な接し方①笑わせようとしない

世の中、笑う人もいれば、笑わない人もいるでしょう。それをそれぞれの個性であると捉えてみてください。さらに、もともと笑わない人に対して、何か面白おかしいことをして笑わせようとする必要はありません。これは、笑わない人にはそれなりに様々な理由があるからです。

笑わない人はそれなりにきちんと自分を理解しているのです。だからこそ、笑わないことに対してその人を責めるようなことも行うべきではありません。

上手な接し方②自分から話しかけてみる

あまり積極的に人と関わろうとしない笑わない人であっても、やはりみんな同じ人間です。もしかすると、笑わない人は自分から人に話しかけることを苦手としているかもしれません。もしもそのような警戒心が強く、話しかけることができないような素振りが見られたら、ぜひ、自分から話しかけてみてください。

意外とよく話をする人かもしれません。あるいは、日を追うごとに少しずつ会話することができるようになり、上手に付き合えるようになるでしょう。ぜひチャレンジしてみてください。

上手な接し方③気にせず過ごす

笑顔がなく、笑わない人が自分と関わりのある仕事をしていたら、どう付き合えば良いか分からなくなる方も多いでしょう。しかし、そんな時、笑わない人のことを深く考えることは避けるようにしましょう。これは、笑わない人には様々な心理が働いているからです。

深く掘り下げて考えすぎると、逆に付き合い辛くなり、仕事にも支障が出るかもしれません。そのようなことを避けるためにも、笑わない人が自分と距離感の近いところにいたとしても、気にせず普段通りに過ごしましょう。それがとても良い付き合い方であると言えます。

笑わない人を理解して上手に付き合おう

笑わない人がどんな心理状態であるか、また、その人が持つ特徴、さらになぜ笑わないのかその理由を徹底解説するとともに、笑わない人と上手に付き合う方法をご紹介しました。笑う人にとって笑わない人の心理はとても理解しがたいものだと感じている方も多いでしょう。

しかし、この記事でご紹介したことをひとつずつ確認すると、笑わない人の心理を理解することができ、その人と上手に接することができるようになります。もしも周囲の人に笑わない人がいても、その人の心理を理解し、上手に付き合っていきましょう。

その他の関連記事はこちらから