記事作成日:

イケオジとは?魅力的なイケオジの特徴や落とし方を徹底解説!

昨今使われている「イケオジ」という言葉をご存じでしょうか?意味そのものはイメージできても、具体的にどんな人を指すのかは曖昧になってしまっている方も少なくないでしょう。今回は、そんなイケオジはどんな男性を表しているのか、特徴や落とし方などについて解説します。

イケオジとは?

容姿が優れている男性の事をイケメン、と表すのは誰もが知っているところですが、その対象は大抵若い人に限られます。そんな中、イケオジという言葉も出てきているのはご存じでしょうか?

イケオジの意味や由来

イケオジというのは「イケてるオジさん」を略した言葉となっています。元をたどってみればインターネットから生まれた言葉であるとされていて、単純に歳を重ねているだけのおじさんではなく、見た目も人生経験も豊富なことを感じさせる雰囲気を持っているおじさんを指します。

昨今では「オジ専」という言葉が生まれており、これはある程度年齢を経ている渋い男性に魅力を感じる女性が使うものです。そしてその対象は往々にしてイケオジとなるなど、異性からの人気も高いのが分かります。

イケオジと呼ばれる年代

イケオジは現実の男性にも使われるのはもちろんですが、イメージを形にしやすいアニメなどでも、ある程度年齢を重ねているおじさんキャラクターなどにも少なからず存在しています。

おじさんと呼ばれるのがいつからなのかが明確に分からないように、イケオジと呼ばれる年代についても、これと言って決まった定義があるものではありません。ただ一般的な捉え方では、40代から60代辺りの男性を指す事が多く、いわゆるミドルエイジと呼ばれる年代が当てはまります。

魅力的なイケオジ芸能人

イケオジの定義や年代などについて簡単に解説しましたが、言葉よりも実際の人物を思い浮かべる方がより早く理解できるでしょう。以下に芸能界で活躍する、魅力的なイケオジ芸能人をご紹介します。

イケオジ俳優①竹野内豊

まずは、竹野内豊さんになります。日本の俳優であり、身長179㎝の高身長、1971年生まれ51歳(※2022年7月現在)で、まさにイケオジと呼ばれる年代としてジャストミートな世代となっています。

アサヒビールのCMの他、最近では映画「シン・ウルトラマン」で政府の男などを演じるなど活躍されています。髭をたくわえているイメージが強いですが、それでも男らしさやワイルドさを強く醸し出せるのは竹野内さんだからこそなのでしょう。

イケオジ俳優②仲村トオル

続いては、仲村トオルさんです。こちらも竹野内さんと同じく日本を代表すり俳優であり、数多くのドラマに出演されています。1965年生まれの57歳(※2022年7月現在)で、50代のイケメン俳優ランキングでは2位にランクインするなど高い人気を集めています。

誰もが感じる渋さのある顔立ちにとスーツが似合う出で立ちから、イケオジ好きの方にとってもたまらないようで、大人の魅力と俳優としての雰囲気のある演技から、多くの方に支持されています。

イケオジ俳優②トム・クルーズ

世界に目を向けてみれば、世界的な俳優であるトム・クルーズさんも間違いなくイケオジです。1962年生まれの60歳(※2022年7月現在)で、日本国内においても非常に知名度の高いアメリカ出身俳優となります。

ミッションインポッシブルをはじめとして、最近ではトップガンの最新作にも出演されています。単に顔立ちが優れているだけにとどまらず、先述の作品でアクロバティックなアクションシーンや戦闘機を実際に操るといったプロ精神も魅力なのでしょう。

イケオジの特徴とは?

この様に、有名な俳優の中でも多くのイケオジが現在も活躍されていますが、単にイケオジと言ってもどんな人が当てはまるのかは曖昧なところがあるでしょう。続いては、内面や外見から見るイケオジの特徴を「行動・内面・外見」に分けてご紹介します。

イケオジの特徴①行動

まず、行動の面で考えてみると、例えば包容力が挙げられます。包容力と言えば女性の魅力として挙げられがちですが、男性の場合には見返りのない優しさが特に該当します。経験豊富であるからこそ、人に自然体で優しく接することができるのです。

仕事に目を向けてみても、自信を持って取り組んでいる面が見られます。年齢的に大抵管理職などの役職に就いており、人の上に立って部下を持ち、責任のある立場に立っていますが、だからこそ示しが付くように周りから信頼される動きをしています。

また、自分ではなく他人の話に耳を傾けるというのも特徴の1つです。人間はどうしても自分の話をしたがりますが、精神的に余裕があるからこそ、人の話を聞く側に徹する、いわゆる聞き上手になれて、これが周りの人から慕われる理由にもなっています。

イケオジの特徴②外見

人に第一印象を植え付ける外見においてもイケオジは優れており、例えばスーツ姿は非常に似合います。自分の体格にジャストフィットし、見た目も映えるように気を配っているので、仕事のできるミドルガイという印象を受けるのです。

高級なブランドを着ていても、それが鼻につくような印象にはなりません。若い男性が着るとどうしても服に着られているような雰囲気になりがちですが、本人の雰囲気とマッチするのかそういったマイナスな雰囲気も感じさせません。

また、程よく筋肉質な体格をしている事も挙げられます。年を経るにつれてどうしても体がたるんでしまう中、バランスの取れた食事や適度な筋トレを継続するなど、陰の努力によって異性が振り返るようなスタイルを維持しています。

イケオジの特徴③内面

そして大切な内面についてですが、誰に対しても笑顔で接してくれます。基本的に分け隔てなく誰とも一定の態度で応対するので、困っている人が居れば助けてくれ、成し遂げた人に対しては笑顔で賛辞を送ってくれます。

女性の扱いについても、エスコートやレディーファーストを年齢に関係なく行います。イケメンと称されるのは決して外見だけではなく、こういった内面的な部分を象徴しているからかもしれません。

イケオジの落とし方

気になっている人がイケオジであった場合、大人の男性相手にどういったアプローチをすれば気を惹くことが出来るのか悩ましいところもあります。最後に、イケオジの落とし方について解説しましょう。

イケオジの落とし方①積極的に行動する

まず、積極的に自分からアプローチを仕掛けるように意識しましょう。もし相手が自分と同年代の男性であれば、同年代故の駆け引きというものがありますから、女性側がそこまで積極性を見せる必要はないでしょう。

むしろその場合には男性の方が積極的になりますが、相手がイケオジとなれば話は別です。既に自分以上に人生を経験している以上、恋愛に関しても同じでしょうし、且つイケオジとされている以上はそれ相応にモテてきたはずです。

しかしモテるからといって、気を引いてしまってもいけないのです。ダメ元でも当たって砕けろの精神でも良いので、とにかく自分からアプローチしてみれば、少なくとも印象に残せるのは間違いありません。

イケオジの落とし方②恋愛対象の年齢の確認する

自分がイケオジの恋愛対象の年齢に入っているかどうか、その確認も必要です。誰であっても恋愛対象外の年齢やタイプの人からアプローチをされたとしても、その気になるのは非常に難しい話です。

同じ理屈で、イケオジにも恋愛観や対象というものは持ち合わせている筈ですし、若い女性となると年齢が離れていて自分の子供のようにしか感じられない、というケースもあり得ます。

もし結婚歴があって子供が居る場合には、特に恋愛対象として見られない可能性が高くなります。それとなく、若い相手との恋愛に前向きかどうかを確認しましょう。

イケオジの落とし方③年の差を気にさせない

そして、イケオジに歳の差を気にさせないような接し方も大切です。先に述べた通り年齢差があるために子供のような目でしか見られないとして、イケオジが自分と絶対に恋愛をしてくれるとは限りません。

もし恋愛対象として問題が無かったとしても、優しさ故に「自分のような年上と一緒に居て問題ないのか」という不安が付きまといます。安心させるためにも、自分の立ち振る舞いなどに気を配ってみましょう。

また「頼りになる」「同年代よりも安心する」のように、自分がしっかり好意を持っているのが伝わるようにストレートに年上好きをアピールするのも手段の1つです。

若い人にはない魅力がイケオジにはある!

魅力的なイケオジの特徴と落とし方をご紹介しました。人生経験が豊富であるがゆえの精神的な余裕と、そこからくる周りの人たちに対しての優しい接し方や雰囲気は、若い男性には無いものです。周囲にいるイケオジに注目し、気になる方がいれば積極的にアピールしてみましょう!

その他の関連記事はこちらから