記事作成日:

メンズゴルフの服装はどれを選べばいい?マナーや年齢・季節別にご紹介!

広告

ゴルフ初心者の方にとって、一度は必ず迷うことになるのが着ていくユニフォームです。ゴルフをするうえではルールではなくマナーとして位置付けられており、どれを選べばよいのかは実際に体験してみなければ分からない部分もあります。そこで今回は、メンズゴルフの正しい服装について解説します。

メンズゴルフの服装にきまりはあるの?

ドレスコードという言葉を聞いたことがある方も多いかと思われます。一般的には結婚式やその他の祝い事などの席に置いて聞くものですが、実はゴルフをする上でも存在しているのです。

これはゴルフにおけるルールではなくマナーとして位置付けられていて、ゴルフ場ごとに定められたドレスコードが存在しています。これにそぐわない場合には、入場ができない可能性もあることから、十分に覚えておく必要のある点と言えます。

これらの規定は、プレー中の快適性や他のプレーヤーとの尊重を目的としています。特定のゴルフ場やトーナメントによっては異なることがありますので、事前に確認することが良いでしょう。

メンズゴルフのドレスコード

ゴルフ場でプレーするためには、正しいドレスコードを覚えておく必要があります。単に動きやすい服装というだけではマナー違反になってしまうので、基本の服装についてしっかり押さえておきましょう。

メンズゴルフの正しい服装①行き帰り

まず男性の行き帰りの服装に関してですが、ビジネスカジュアルなスーツなどを選択すれば問題はありません。袖付きのシャツにジャケット、スラックスと革靴の組み合わせであれば、よほど困る事はないでしょう。

ジーンズを使うのはジャケットもパンツもマナー上NGになりますので注意しましょう。スラックスに関してはチノパンをはじめとした、丈の長いパンツがおすすめされています。

クリートのついたゴルフシューズが一般的ですが、クリートのないスパイクレスシューズも許容されることが増えています。革靴などを履いていけば問題なく、スニーカーやサンダルは通常避けられますので、ロッカーでゴルフシューズに履き替える形となります。

メンズゴルフの正しい服装②プレー中

メンズゴルフのプレー中には、快適性、機能性、そしてゴルフコースのエチケットを考慮した服装が重要です。基本的にゴルフコースでは一般的にポロシャツが要求されます。カジュアルでありながらもまとまりのある外見を持ち、動きやすい素材が好まれます。

暖かい季節であればポロシャツが定番ですが、寒い季節にはタートルネックなども使うことになるでしょう。機能性に優れたアイテムが展開されていますので、季節に合ったものを着用するようにしましょう。

ゴルフパンツは通気性があり、ストレッチ素材で快適に動けるものが良いでしょう。一般的にはジーンズやカーゴパンツは避け、クラシックなゴルフファッションを守るよう心がけましょう。

防ぎやすい日差しから頭部を保護するため、キャップやバイザーが役立ちます。また、ゴルフ場のエチケットに従って、キャップの被り方にも注意が必要な場面もありますので事前によく確認しておくのをお勧めします。

メンズゴルフの正しい服装③靴

そして靴に関しては、行き帰りの時には革靴、プレー中にはゴルフシューズを履くという事で2足分必要になります。ゴルフプレー中は特定の動きや姿勢が要求されます。プレー用のゴルフシューズは、足をしっかりとサポートしスイングの安定性に寄与してくれます。

ゴルフ場では、芝生を保護するために特別なルールや規則が存在します。プレー用のゴルフシューズは、グリーンやフェアウェイでの使用が許可されている一方、他の場所では使用が制限されていることがあります。

行き帰り用の靴は、クラブハウスや駐車場などでの使用に適しています。総じて、メンズゴルフでは行き帰り用とプレー用の2つの靴を持つことが大切となっていて、もしゴルフシューズが無い場合は貸出を利用できる可能性もあるのでチェックしておきましょう。

メンズゴルフの服装マナー

この様に、ゴルフ場でのプレーをする為には行き帰り用とプレー用、この2つの場面に適したウェアを用意するというのが所謂ドレスコードを守ることにつながるのです。ここからは、実際のメンズゴルフの服装マナーについてです。

服装のマナー①シャツの着方

まずシャツの着方に関するものですが、多くのゴルフクラブでは入場からプレーして退場するまでシャツはインするのがマナーとされています。シャツの裾をズボンにインすることが一般的なのは、外側に出すよりもきちんとした印象があるからです。

ゴルフシャツはあまりにもゆるすぎず、またきつすぎない程度のサイズが良いでしょう。動きやすさとともに見た目からもマナーを守っているという印象が持たれますので安心です。

メンズゴルフシャツは通常、袖が短いデザインです。ただし、一部のクラブや大会では長袖のシャツも許容されている場合があります。その為プロのゴルフを見ているとシャツインしていないのも見られますが、丈が短い場合には例外となるもようです。

服装のマナー②クラブハウス内

クラブハウス内での服装に関しては、一般的にはフォーマルな雰囲気が求められます。特定のドレスコードが設けられていることも珍しくないので、訪れる前にクラブハウスの規定やウェブサイトで確認しましょう。

男性の場合は、基本的にはジャケット・ポロシャツなどの襟付きのシャツ、パンツについてはチノパンやスラックス、靴はローファーや革靴といったビジネスカジュアルスタイルがスタンダードとなっています。

夏場になればジャケットを必須としていないゴルフ場も珍しくなく、靴についてもスニーカーを許容しているところもあります。こうした例に入らない限りラフな格好は控えるようにしましょう。

ゴルフの服装メンズおすすめコーデ【年代別】

ゴルフ用のウェア自体も色々と展開されていますが、流行っている物からシンプルでどこでも使えるデザインのものまで多くあります。そんな中で、年代別でおすすめの服装コーディネート例をご紹介していきます。

20代メンズゴルフコーデ

まず20代からですが、トレンドのデザインやアイテムを選択してみるのも良い年代であるといえます。ロゴが大きく入ったデザインなども、若い20代であればそのまま着てもそこまで違和感が出る事はないと思われます。

ウェアを扱っているブランドやメーカーからも、遊び心を感じられるようなアイテムや小物が多く展開されています。専用のウェアでなくともよいので、少なくともNGにならない範囲で選んでみましょう。

ただ、スタイリッシュなコーディネートからは外れないようにしましょう。柄×無地などの無難なスタイルからだんだんと選択肢を広げていったりすると間違いが無いのでおすすめできます。

30代メンズゴルフコーデ

続いて30代のゴルフウェアコーデについてです。会社の上司や先輩、同僚、友人関係といったように様々な相手と交流することになるでしょうが、例えば会社の上司や取引先などを相手にする場合はフォーマルさ重視です。

相手に失礼になることのないように、基本を外さない落ち着いたスタイルを選択するのが推奨されています。ネイビーやブラックなどを基調として白やグレーのトップスを合わせると特にマッチします。

対して友人などと行くカジュアルなシーンであれば、リラックスしたファッションスタイルを選ぶことができます。デニム素材やカモフラージュ柄のアイテムなどを取り入れてみても良いでしょう。

40代メンズゴルフコーデ

40代になってくると、さすがに20代などのような主張したスタイルや挑戦的なデザインを選択するのは難しくなってきます。華美なデザインを選ぶのは控えて、年齢相応に落ち着いたコーディネートを選択するのがおすすめできます。

同じブランドから出ているアイテムで合わせていくと、元が同じである分すぐにフィットさせられて統一感のあるスタイリッシュなコーディネートに仕上げられますので、迷ったら参考にしてみてください。

体型が変化してくる年代でもあるのでゆったりとしたウェアを選びがちでもありますが、あまりサイズが大きいと「おじさんコーデ」と呼ばれるものになりかねないので注意してください。

50代メンズゴルフコーデ

シニア層の入り口とも言える50代になってくると、やはり年相応のものを選択するのが非常に大切になってきます。この点は40代とも同じなのですが、ドレスコードをより意識することになるでしょう。

これまでにご紹介してきたようなコーディネートの基本スタイルを押さえておけば、決して似合わないなどと言ったような事にはならないかと思われます。サイズ感も40代同様重要なので、ジャストサイズを選びたいところです。

機能性などにも注目してみましょう。体力の面で苦労することが多くなってきますから、夏なら吸湿速乾機能UVカット機能、冬場なら保温機能のあるウェアなどもおすすめです。

ゴルフの服装メンズおすすめコーデ【季節別】

季節によっても、ゴルフに着ていくコーディネートは変化していくものです。当然ながら自然の中で行うスポーツですので、快適にプレイするためには季節別でどんな服を選択すればよいのかも頭に入れておきましょう。

春のメンズゴルフコーデ

まず春のコーディネートに関してですが、冬明けで暖かくなってくるころという事で以外にもプレイをしていると汗をかいたり日差しが強い日もありますから、体温調節がしやすいコーデが推奨されています。

ポロシャツにハーフパンツやロングパンツといった、定番の組み合わせであればまず外す事はないと思われます。加えてコンプレッションウェアなどもプラスするとUV対策にもなりますのでおすすめできます。

夏のメンズゴルフコーデ

夏になってくると当然ながら一年で一番暑い季節となりますから、半袖ポロシャツにハーフパンツが基本となっていて、ここから大きく崩したりするようなことはまずないと考えられます。

近年の日本の夏は非常に暑くなりますから、吸汗速乾性インナーなどをはじめとしてコーディネートを組んでみましょう。日射病予防の観点から帽子も必須ですし、サングラスなども組み合わせて夏らしいコーデで組んでいきましょう。

秋のメンズゴルフコーデ

日中の気温と朝晩の冷え込みによる温度差が大きくなってくる秋は、温度調節がしやすいアウターを用意しておくのが一番大切です。半袖のポロシャツに長袖のニットなどを組み合わせて、長袖のコーデでまとめるのがスタンダードです。

他にも、ウインドブレーカーなどの軽めに羽織ることができるコーディネートなどもゴルフをするうえであれば問題なく選択できるでしょう。よりお洒落重視であれば、ベストなどは細かく調整ができるので選択肢に入ってきます。

冬のメンズゴルフコーデ

最も気温が落ち込む冬場のコーデとしては、とにかく暖かさを優先したものをチョイスするようにしてください。プレイをしている最中であれば、体が温まってきてよほど寒くない日であれば多少汗ばむ事もあるでしょう。

基本は温かさを優先しながらも、脱ぎ気がしやすいアイテムがあると一番便利でしょう。長袖の機能性インナーなどを着込んでおいても良いですし、貼るカイロなどのアイテムを活用するのも手段になります。

ゴルフ場で役に立つおすすめアイテム

ゴルフ場に行くうえでのコーデを様々ご紹介してきましたが、プレイしていくうちに「これがあると便利」というものもだんだんと出てくるものです。そこで、最後にゴルフで役立つおすすめアイテムをご紹介していきましょう。

まず、カートバッグが挙げられます。タオルやスコアカード、スマホといったように小物類を入れて広いゴルフ場を持ち歩く時に便利なコンパクトバッグです。

おすすめはアディダスのゴルフバッグです。内側には500mlボトルを入れられる保冷ポケットを装備しており、メッシュポケットも付いて小物の収納にも便利なバッグとして展開されています。

ボールケース・ポーチなどもあると便利なアイテムの1つです。名前の通りボールを収納しておくためのケースであり、基本的にプレイヤーが腰などに取り付けておいてすぐに取り出せるような使い方をします。

特に初心者の方にとっては必須と言ってもいいアイテムとなっており、思うようにボールが飛ばなかったりすることが多いためスムーズにラウンドを進めるためにも持っておくと安心できるでしょう。

合成皮革のマグネット開閉式ボールケースとなっており、フラップ部分にティー挿しと、背面にはカラビナとスナップ式ベルトループ付きで2WAY装着ができるボールケースです。カラーもいくつか展開されているので自分の好きな色を選択できるでしょう。

ゴルフの服装やマナーを知って楽しくプレイしよう

ゴルフウェアを季節やシーンに合ったものを選択することは、快適さ、機能性、そしてゴルフラウンド全体の楽しみにまで影響を与えるという事で、適したウェアを用意してもらいたいところです。

今回何度も解説したように、ゴルフコースやクラブハウスのドレスコードにも配慮する必要があるケースも珍しくありませんので、ぜひ本記事を見返してみてください。

その他の関連記事はこちらから