【ビジネスもゴルフも】ブリーフィングの人気・定番・別注バッグを徹底解剖

scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net

こだわりの機能性に泥臭さや男臭さが人気のミリタリーアイテム。モッズコート、MA-1、M-65といった定番のアイテムもファッションアイテムとして定着し、例年、必ず何かがトレンドに浮上します。

しかし、取り入れ方を一歩間違うと「ガチ」な雰囲気になってしまうのがミリタリーアイテムの難しさ。そこでおすすめなのが、コーディネートに取り入れやすいバッグです。

今回ご紹介するBRIEFING(ブリーフィング)は、「ガチ」のミルスペックながらも、ビジネスにも使える汎用性も持ったバッグブランド。このブランドのバッグなら、過酷なビジネスシーンだってサバイバルできますよ。

ブリーフィングとはどんなブランド?

www.briefing-usa.com

ブリーフィングの概要

www.briefing-usa.com

ブリーフィングは日本企画、メイドインUSAで生み出される「日本の」バッグブランドです。バリスティックナイロンやコーデュラナイロンといった高耐久の素材・パーツ使い、並びに米国の実際の軍需工場での製造といった特異性で注目されています。

耐久性の良さや使い勝手も評判で、年々、ビジネスシーンでも使用者が増えています。

▼参考:ポーターも日本の代表的なバッグブランド

scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net スーツ姿にリュックのビジネスマンが増えたとしてちょっとした記事になるほどに、ビジネス...

ブリーフィングの歴史

ginza6.tokyo

1998年に、渋谷区恵比寿に拠点を置く、株式会社セルツリミテッドが自社のオリジナル・バッグブランドとして「ブリーフィング」をスタート。当初は、ブリーフケース、トートバッグ、ウエストバッグ、ポシェットの4型のみでした。しかし、すでに日本企画、アメリカの軍需工場生産でバッグが作られていたことには目を見張ります。

その後、軍需工場生産とミルスペック仕様でその方面のマニアから注目を集めました。他方、ビジネスユースやタウンウースで使えるファッション性と実用性にも次第に注目が集まり、ファッションメディアやビジネスメディアでも取り上げられ、より幅の広いカスタマーを得ることに。

2013年には、ブリーフィングのアイテムは190型を超えるまでに成長。

2018年の今年は、ブランド20周年を迎えました。近年はゴルフ用品やコラボアイテムも充実し、さらなる活躍が期待されます。

ブリーフィングのバッグの最大の魅力

www.briefing-usa.com

やはり、特筆すべきは本格的なミル・スペックとアメリカの軍需工場生産が生み出すミリタリズム。その魅力はバリスティックやコーデュラ素材だけにとどまりません。

ブリーフィングのアイコン、ウェビングによるPALS(パルス)システムは、本物のミリタリーバッグにも使われる仕様。本来はポーチといったパーツを追加して使います。

アメリカンな縫製は、日本とは違いお世辞にもきれいとは言えません。縫製箇所で生地が波打っているのは当たり前。ですが、それも味。海外のハイブランドや日本製のバッグではまず見られない光景も、なんだか格好良く見えてしまうのがミリタリーの不思議。もちろん耐久性は折り紙付きです。

その他にも、手袋を付けたままでも開閉しやすいよう、ファスナーの引手は紐製。金属パーツは焼付け塗装を施して反射を防ぐといったこだわりようです。

ブリーフィングのアイテムラインアップ

ビジネスバッグ

BRIEFING(ブリーフィング) / C-3 LINER


予算:5万2,920円~5万3,000円(税込)

ブリーフィングを代表する定番のビジネスバッグ、C-3 ライナー。ビジネスで重宝される、ブリーフスタイル、ショルダースタイル、バックパックスタイルの3WAY仕様が人気です。

メインの収納部はラウンドファスナータイプで180度の開閉が可能。急な打ち合わせでも、資料やPCといった必要なアイテムにすばやくアクセスできます。外にも中にも大小のポケットを多数に装備。ショルダー部分やバックパックのショルダーハーネスには適切なパッドが入り、持ち手の負担を和らげる配慮も抜かりなし。

定番の名に恥じない隙のないバッグです。

評判・口コミ

作りはしっかりしています、さすがミルスペック。そう簡単には破けたり綻んだりしない作りになっています。生地も頑丈でひっかけてたぐらいではそうそう傷つかないでしょう。〔原文ママ〕
メインファスナーは15.6型のノートPCをソフトカバーに入れても楽々収納出来ます。もちろん周辺機器(バッテリーケーブル、マウス等)も問題なし。両サイドに中チャック、片側に小チャック2個あるので小物入れとしても充実。
立持ち用ハンドルもあるので満員電車などでは場所を取らずにバックパック形状のまま持てます。
サイドポケットも前面に中サイズのチャック1個と小サイズのチャックが2個うち一つに内部キーホルダーあり。間口が持ち手より前にあるので中身を取り出す際に手で持ちかえる必要が無い上にハンドル部分のスナップ留めストラップを外す必要が無い。使いやすさは抜群ですね。

引用:www.amazon.co.jp

 

デイリーユースバッグ

BRIEFING(ブリーフィング) / ATTACK PACK


予算:4万円~4万1,040円(税込)

タウンユースを目的にデザインされたバックパック、アタック パック。

海外ブランドのタウンユースバッグは日本人には大きすぎて取り回しに困ってしまうこともままありますが、こちらは街中用にさらにコンパクトな設計を採用。女性の方でも使っていただけるリアルなサイズ感に仕上げました。

とはいえ、収納力に関しては一切の妥協はなし。メインの収納部も十分な容量を確保しつつ、アウトポケットはより多めに設定。収納量とアクセスのしやすさでも他のバッグを圧倒します。

評判・口コミ

マンダリナダックのコルボ(小)を2年近く使い、すごく気に入っていたのですが、少し容量が足りず、大きい方への乗り換えも検討しましたが、こちらにしました。
質感もいまいちだったので。

通勤、オフ、一泊出張、つまり毎日使っています。
サイズ、容量はベストです。
財布、メガネケース、モバイル系の小物入れ、新書、名刺入れ、WALKMANを外とメインスペースの中のポケットに分散させて入れていますが、結構入ります。
メインには、パソコン、仕事の資料、本を1〜2冊入れています。
もちろんもっと入りますので、本をいっぱい買い込んでも大丈夫です。
デザイン、質感も満足しています。

引用:www.amazon.co.jp

ゴルフグッズ

BRIEFING(ブリーフィング) / CR-3


予算:6万8,000円~7万3,440円(税込)

近年ブリーフィングが力を入れているゴルフ用品からは、人気のキャディバッグ、シーアール3をご紹介。
こちらのキャディバッグは口径サイズ9.5、重さ5.9kg。

アマチュアの主流は9型で約3kg程。対してプロの主流は9型でも重量5kg以上。この重さの違いは、ポリウレタンや合成皮革による重量増によるもの。

口径サイズや素材では十分にプロスペック。加えて、保冷効果のあるポケット、ボール専用のポケットを装備するなど機能面も抜かりなし。これなら、そのデザインも相まってラウンドでも注目されること間違いなし。

評判・口コミ

ブリーフィング・新型キャディバッグの登場。
サイズは9・5口型でたっぷり。
重厚な雰囲気で高級感がありながら実際に手に持ってみると非常に軽量。
保冷ポケット、開口部の大きなボール入れ等、収納多数。
いつものブリーフィングらしい無骨さもありながら、きめ細やかな配慮が散りばめられています。
一目見て【良いもの感】満載。
高い実用性がありながら所有欲も十分に満たす、私が知る限り現時点で最高峰のキャディバッグです。

引用:www.amazon.co.jp

スーツケース(キャリーケース)

BRIEFING(ブリーフィング) / H-22


予算:3万9,000円~4万2,120円(税込)

ブリーフィングが手がけた初のハードケース(スーツケース/キャリーケース)、H-22。

メイン素材には、航空機や鉄道車両、自動車にも使われるポリカーボネートを使用。軽量かつ高耐久。加えて、耐燃性、難燃性も備えており、貴重品を持ち運ぶびはこの上ない素材です。鍵には、アメリカ運輸保安局認可の基準を満たしたTSAロックを採用。アメリカの空港でもそのまま預けることができます。

公式にはバッグの容量の目安は1泊。となると対象は国内旅行。軽量でセキュリティレベルも高いアイテムは、国内では鬼に金棒です。

評判・口コミ

とてもコンパクトですが、二泊三日の出張には十分なサイズです。

引用:www.amazon.co.jp

ブリーフィングがビジネスマンに強く支持される理由

www.briefing-usa.com

理由はこれ。ブリーフィングのアイテムは「使いやすい」。

元来、ミリタリーのアイテムは、とことん「無駄なく能率を上げろ」という合理性を追求した代物。結果、余計なものを削ぎ落とし、機能性と耐久性を最大限に引き出したアイテムが生まれます。

これはミルスペックを追求したブリーフィングのバッグにも言えること。丈夫で使い勝手がいいアイテムは、ビジネスマンも選ばない理由はありません。

ブリーフィングの口コミ・評価

www.facebook.com

ブリーフィングのバッグの肝、その「丈夫な作り」と「機能性」を評価する声が届いています。

駅まで自転車通勤ではバックパック、急な外勤ではブリーフケース、出張時は一泊程度の着替えとPCが入る、等々、万能で且つ堅牢で、TUMIとカブラナイ。。。ここが重要(笑)。。。鞄をずっと探していました。やっと希望通りのバッグに出会えた気がします。お値段はTUMIの同タイプより少しお高めですが、がっつりビジネスしてない感じなのに丈夫な作りで、値段負けしてないと思います。……[略]……長い付き合いのバッグになりそうです。

引用:review.rakuten.co.jp

そして、一度その魅力にハマると抜け出せくなってしまうよう。2個、3個と買い足している方々の口コミが届いています。

いままでは、ポーター派でしたが、最近ブリーフィングの良さがわかってきました。
現在2個持ってます。

引用:review.rakuten.co.jp

ブリーフィングのバッグは3個目です。安定のクオリティーです。サイズもちょうど良く、スマホ財布タオル等出かける時の必需品を入れておくのにピッタリです。リュックだと大きくて…という時には便利に使えそうです。

引用:review.rakuten.co.jp

 

【タイプ別】ブリーフィングの人気バッグおすすめ10選

ブリーフィングの定番ビジネスバッグ

BRIEFING(ブリーフィング) / NEO B4 LINER


予算:4万499円~4万9,000円(税込)

ブリーフィングの定番ブリーフケース、B4 ライナーをアップデートして誕生したのが、こちらのネオ B4ライナー。

B4のサイズ、アシンメトリースタイル、ポケットの位置など全体的なデザインは踏襲しつつも、細かな部分を見直しました。毎日の持ち運びを少しでも楽にするために本体を軽量化。出張の際には、スーツケースに乗せて運びやすうよう、スーツケースのハンドルを通すスリーブをバッグの背面に増設。

ビジネスユーザーにはとことん使いやすいブリーフケース、おすすめです。

評判・口コミ

半年使いました。
スーツでの仕事用に容量の大きなものを求めて購入。水筒、飲み物、パソコンと収納は◎。一度一泊の出張で使いましたが十分に対応できます。
結果的に私服での仕事になってしまったが、寧ろ私服でストラップ短く持ってビジネス街を歩くと、アーバンな雰囲気になってとても良いです。
色ですが、ミッドナイトも魅力的でしたが、若くなってしまうのでと黒にして良かったです。

アダルトなら黒、若さやカジュアル感ならミッドナイトといった所でしょうか。

ちなみに、おそらくTUMIで私服は難易度高そうなのでこちらで正解でした。

引用:www.amazon.co.jp

ブリーフィングの便利な3WAYバッグ

BRIEFING(ブリーフィング) / TR-3 S MW


予算:3万9,000円~4万2,120円(税込)

出張にも人気なのが、こちらのTR スリー S MW。ブリーフスタイル、ショルダースタイル、バックパックスタイルとシーンで使い分けられる3WAY仕様です。

先ほどご紹介した定番のC-3 LINERより縦横は小さいものの、マチを広めにとってあるために厚みのある衣類も収納しやすく、1泊2日程度の出張にはこれひとつでOKです。

短めの持ち手やショルダーは、邪魔にならずに取り回しも楽。15インチまでのノートPCやタブレットを収納できるスペースや、キャリーケースのハンドルを通す面ファスナーベルトも装備しています。

評判・口コミ

使いやすい。収納も十分でtumiから買い替えたが、軽くなって楽です。これから使い倒します。

引用;www.amazon.co.jp

ブリーフィングのビジネスシーンで活躍するバックパック

BRIEFING(ブリーフィング) / AT PACK


予算:2万4,840円前後(税込)

「より身近でラフに」というテーマで製作されたQLシリーズのバックパック、AT パック。

都会での使用にマッチするように、ブリーフィング定番の1050デニール バリスティックナイロンではなく、500デニール コーデュラナイロンを使用。このコーデュラナイロンは軽量でしなやか。発色も良く、ブラック以外のグレイやコヨーテカラーも大変に美しい仕上がりです。ビジネスに限らず、オフのスタイリングでも使っていただけます。

A4サイズも難なく収納できる縦横サイズに、広めのマチと収納力もなかなかです。

評判・口コミ

ビジネスリュックにありがちな、予め大量に用意された内ポケットなどがあまり好きではなく、こちらを購入。
こちらはシンプルな二室のみの構造。外側の小さめの荷室も十分なマチがあり、財布やスマホなどの小物も取り出しやすく、日々の電車通勤でも非常に助かっています。

細かいところですが、私個人は片方の肩で背負う際は左肩で背負う為、一般的な3wayリュックですと、使いにくいんですよね。。。
日本のメーカーの殆どの3wayリュックが、右肩で背負った時に使いやすいようになっており、左肩に背負った状態だと、荷物の取り出しがしにくいんですよね。
その点、こういったカジュアル寄りのリュックですと、どちらの肩で背負っても荷物の取り出し易さは変わらないので助かります。

こちらは比較的カジュアル寄りな作りですが、ブリーフィングというブランドイメージとシンプルなデザインのおかげで、ジャケパンみたいなことスタイルでは十分ビジネスでも使えると思います。〔原文ママ〕

引用:www.amazon.co.jp