防水や3WAY商品も網羅!ポーターの人気ビジネスリュック全10選

scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net

スーツ姿にリュックのビジネスマンが増えたとしてちょっとした記事になるほどに、ビジネスの場面にもリュックが浸透してきました。ビジネスシーンの「カジュアル化、IT化、消費者意識」(高井 尚之 『なぜ”スーツにリュック”の人が増えたのか』 プレジデント オンライン、2018.1)など理由はいろいろあるのでしょうが、なにより「使ってみたら便利で楽」というファーストインプレッションは大きいものがあります。

とはいえ、ビジネスで使う以上、周りからも評価される素敵なアイテムを使いたいもの。

そこで、今回おすすめするのはポーターのリュック。過度に自己主張せず、それでいて使い勝手も品質も良くコスパも最強。そんな日本製ならではの贅沢なアイテムをご紹介します。

「ポーター」とは?

businessbag.eeeeweb.com

ポーターの概要

www.yoshidakaban.com

ポーターは日本を代表する鞄メーカー、吉田カバンが展開するブランド。日本国内での生産にこだわった徹底したものづくりは、世界的にも高い評価を得ています。

飽きのこないシンプルなデザインや高い機能性も相まって、大人が使う代表的なドメスティックブランドとして人気が定着しています。

MARNI(マルニ)、COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)、DIESEL(ディーゼル)、メゾン キツネ、sacai(サカイ)といったモードブランドから、adidas(アディダス)、CONVERSE(コンバース)、Gショックといったブランド、果てはPowerBook(パワーブック)、iPod(アイポッド)、VAIO(バイオ)といった電子機器アイテムまで、実に幅広いコラボレーションを行うことでも有名です。

ポーターの歴史

https://mensbag7.net/porter/

ポーターは、1935年に吉田吉蔵によって創業された吉田鞄製作所をルーツに持ちます。ポーターのブランド展開は1962年のこと。当時より、ホテルなどで客の荷物を預かるポーターを描いたデザインが用いられています。

1983年、「ミリタリーテイストのトラベルシリーズ」をコンセプトに掲げたTANKER(タンカー)シリーズを発表。発売当初の売れ行きは芳しくなかったものの、次第にポーターブランドの中核を担う商品へ成長。

1990年代後半より、タンカーシリーズからアパレルブランドとのコラボレーションシリーズを多数発表。

2007年、ポーターのマグナム・モデルとトレック・モデルがグッドデザイン賞を受賞。2009年、PORTER GIRLラインを発表。

ポーターの定番アイテムラインナップ

www.facebook.com

財布、コインケース

www.pinterest.jp

定番のタンカーシリーズ、迷彩のWonder(ワンダー)シリーズ、皮革を用いたCURRENT(カレント)シリーズなどから、各タイプの財布が販売されています。

▼ポーターの財布を徹底コンプリート

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556492931/ 日本製の良質なバッグとして圧倒的な知名度と人...

キーケース

www.amazon.co.jp

キーケースも同じく、定番のタンカーシリーズ、迷彩で人気のWonder(ワンダー)シリーズのほか、コラボラインのJOE PORTER(ジョー ポーター)からスヌーピー×PORTERモデルが販売されています。

▼コラボアイテムも魅力!ポーターのキーケース特集

http://www.beams.co.jp/blog/byd/1176/ さまざまな素材の中から自分にあったキーケースを探したい。機...

バッグ

www.amazon.co.jp

バッグも定番のタンカーシリーズや、SMOKY(スモーキー)といった特徴的な素材を用いたシリーズをはじめ、様々なタイプのバッグが販売されています。ショルダー、ビジネスバッグ、クラッチバッグ、スーツケース、ボストンバッグ、トートなど、おおよそ基本的なバッグの全てが網羅されています。

▼ナイロン製バッグの代表格ポーターのバッグ

www.pinterest.jp ここ数年の流行で、メンズアイテムとしてもすっかり定着した感のあるクラッチバッグ。それでも、まだまだオシャレ上...

ポーターのビジネスリュックの特徴とこだわり

www.yoshidakaban.com

大手ブランドがことごとく人件費の安い海外に製造を丸投げする昨今、日本でのデザイン、日本での製造、それも熟練の職人による手作りという並々ならぬこだわりが特徴のポーター。

リュックもそのすべてが国内生産。しっかりとした確かな作りは、毎日の通勤でハードに使ってもびくともしません。

もちろん、万が一壊れても修理可能。パーツを10年以上保管しており、修理専門部署が丁寧に対応してくれます。

ポーターの人気の定番ビジネスリュック

タンカー デイパック

PORTER (ポーター) / TANKER DAYPACK


予算:1万5,120円~1万8,900円(税込)

米軍のフライトジャケットの生地をイメージソースとして開発された、人気のタンカーシリーズ。カジュアルな印象の強い同シリーズですが、ブラックやシルバーグレーのカラーを選べば、ビジネスシーンにも不思議と溶け込みます。ナイロンツイルやナイロンタフタのメイン素材はとても軽量。過酷な通勤にも大いに活躍します。

ショルダーバッグ等では肩が凝っていたので、なんとしてでもリュックで通勤したかったのに、女性のビジネス用リュックは種類も少なく微妙…。
それに内勤の仕事をしているので、モノをそんなに入れるわけでもないので大きいリュックは不要でした。
そしてこれを買ったら、ちょうどいい!
オンオフ使えるデザインで休みの日も使ってます。
他のバッグの出番がなくなりました。

引用:www.amazon.co.jp

ポーターのビジネスリュックの魅力

www.facebook.com

なんと言っても、その魅力は種類の豊富さ。例えば、現在も人気のタンカーシリーズからは4種類ものリュックが販売されています。

スタイル、素材、カラー、使いみちなどから使用者にとっての最適の1個を選択できる。そんな選択肢の広さが大変心強いブランドです。

ポーターのビジネスリュックの口コミ・評価

www.facebook.com

日本生産にこだわった堅実なものづくりが魅力のポーター。リュックにもその丁寧なものづくりが表れていることを伺えるレビューが投稿されています。

やっと理想のリュックにたどり着けたという感じです。
日本製と言うことで仕事も細かく、何より頑丈そうな仕上がりです。

引用:www.amazon.co.jp

しっかりとした作りで大変満足しています。
……[略]……
デザインも思ったより良かったです。

引用:www.amazon.co.jp

そんな安心なつくりのポーターのリュックだからこそ、「永く愛用できそうだ」との期待の声が投稿されています。

この製品は、おしゃれで高級感(実際に価格は高いです。)があり、街中での自転車使用時にぴったりと思い購入しました。
……[略]……
本体材質は、厚手の丈夫な生地が使われており、型崩れせしません。「PORTER」と書かれているグリーンタグが、いいアクセントになっています。
外国製が幅を利かすバッグ業界ですが、持つことに意義を見出せる日本製、Made in Japanは、やはり品質が優れています。末永く使えそうな愛着が持てるトートリュックです

引用:www.amazon.co.jp